飲み会は出会いの宝庫!お酒の力を利用して、気になる人に急接近する方法【恋占ニュース】

Loading
news_529

新年会や挨拶回りなど、人と集まる機会がなにかと増えるこの時期。仕事でもプライベートでも飲み会が続いて疲れがたまりやすい時期なのではないでしょうか。

でも、食べ過ぎ飲み過ぎに注意しつつも、万全の体勢で臨みたいものですよね。なぜなら、こういう集まりだって立派な恋のチャンスになり得るのですから……!

◆年末年始は出会いの宝庫

日本でも飲みの席は絆を深めるのに効果的な場ですが、韓国では、いわゆる仕事の上での“飲みニケーション”(古い?)が日本以上に重要視されていて、良好な人間関係を築くためにはお酒を酌み交わすことが、とても大事だと考えられています。

そういえばお酒に弱い韓国人の友人は
「普段から、同じ部署の上司や同僚ともよく飲みに行くんだけど。接待でも、もちろんお酒をすすめられることが多いから大変なときもあるよ」
なんて嘆いていたっけ。

特に年末年始は本当に大変なのだそうです。なぜなら、現在の職場はもちろん、歴代の勤務先、学生時代の同級生、趣味のサークルなど、あらゆるつながりの友人とひと通り会うのが常識だから。

でも、そこにチャンスが!集まりには自分の知り合いを連れてくる人もよくいるため、年末年始は出会いも増えるというわけです。
ここで、実際に出会いがあったという人たちのエピソードをご紹介します。

◆お酒の弱さを逆手に取る

・「韓国ではいつも“爆弾酒”というお酒を飲みます。焼酎をビールで割ったものなのですが、度数が高くて酔いが回りやすい!会社の飲み会で珍しくつぶれてしまった私を親切に介抱してくれた同期が今の彼です」(33歳・金融)

・「私も彼もあまりお酒が強くなくて、そのおかげで意気投合。韓国は酒豪ばかりだから(笑)、逆に目立って話すきっかけができたんです」(31歳・IT)

普段一緒に働いているだけではわからないことも、お酒の席では見えてくるものですよね。相手の人となりを知ることができるのも飲み会の魅力!

◆プライベートな話をする

・「飲み会を経て社内に恋人ができる子は多いですね。私の周りにも、実家が近いことがわかって、地元トークで盛り上がったことから付き合い始めたというカップルがいますよ」(25歳・アパレル)

・「音楽の話で意気投合して、今の彼と付き合うことになりました。友達でも同じ映画やスポーツが好きで、仲良くなって、という人は結構いるみたい」(28歳・接客業)

◆同窓会では作戦を立てたもの勝ち

・「年末年始には学生時代の友人たちと集まるのが恒例なのですが、毎年必ずその中からカップルが誕生しています。同じ学校の人は育った環境もわりと似てるし、お互いの性格や趣味もある程度わかってるから、やっぱり話しやすいなと思います。」(26歳・販売)

・「昨年の話ですが、中学・高校・大学の同級生との飲み会が3日間立て続けにあったんです。それぞれの飲み会でNo.1のイケメン男子を見極め、接近して連絡先を交換。今でも全員と連絡をとっています」(30歳・モデル)

やはり同窓会は強し!再会した彼がかっこよくなっていたらときめいちゃいますよね。昔から知っている相手という安心感もあるから、恋愛に発展しやすいのも納得です。

ちなみに、飲みの席だけではなく、韓国では基本的に食事を一人で済ませることはありません。日本では“おひとりさま”が定着していますが、向こうでは完全に寂しい人扱いされてしまいます。

だからみんな、会社の昼食も上司や同僚と食べに行くんですよ。お昼時になると連れ立って歩いている会社員をよく見かけます。仕事で顔を合わせるだけでなく、食卓を同じくすることで、必然的に親密度も増していくのでしょうね。
そこにお酒が入れば、さらに親睦を深められるわけで。

韓国の飲み会事情、いかがでしたか?韓国独自の文化はもちろん、日本との共通点もあってなかなか興味深いですよね。みなさんもお酒をうまーく利用して、素敵な彼をゲットしてみてはいかがでしょうか。

(文=mayu110)

【プロフィール】
人間観察とショッピングが大好きな韓国通ライター。日本と韓国を股にかけ、ミーハーな視点で人々の恋愛事情を探ります。


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集