不倫の恋に深夜のラーメン~悪い習慣を終わらせたいのなら、今年最後の満月にお願い!【恋占ニュース】

Loading
news_507

今日は満月ですね。しかも今回は2013年最後の満月!
満月は、物事を始める時期である新月から上弦の月を経て、高まりつつあったエネルギーが最高潮に至る時。何かを成し遂げるパワーが最大限に発揮され、努力が実ると言われています。

同時に満月とは、地球を真ん中にして月と太陽が一直線に並んでいる状態です。この時、地球は月の引力と太陽の引力に両方向から引っ張られていることになります。そのため地球上の生物は緊張感が高まるそうです。

緊張状態は感情に影響を与えるので、満月の日には思いがけないほど感情があふれ出てくる場合も。いつもは言えないことも満月が後押ししてくれるので、大胆なアプローチをすることができるとか。ただし、冷静な判断が必要な場面では注意が必要です。

ここで、神秘研究家・小泉茉莉花さんのモバイルサイト「愛と運命の月占術」内で公開している「月のおまじない」をご紹介します。

――――――――――
【小泉茉莉花さんが伝授!満月のおまじない】

[1] おしまいにしたい~満月から新月
何かを終わらせたい時は欠けていく月に願いをかけると叶うそうです。ただし、人間関係など相手がある願い事の場合は、相手の不幸を望むと自分のもとに返ってくるので注意しましょう。

[2] 神託を聞くには~満月
満月の晩にムーンストーン(パワーストーンの一種。和名は月長石)を口に含むと、神託(神のお告げ)が聞こえてくるそうです。
――――――――――

ムーンストーンを口に含んで神託を聞いた、という人はちょっと身近にはいなかったのですが、欠けていく月に「おしまいにしたい」と願った人はいたので、その体験談をお届けします。

■不倫の恋を終わらせた
「欠けていく月に願うと物事を終わらせられると聞いて、やめたいと思いつつ、6年ずっと続いていた不倫をやめられますように、と願いました。満月から始めて新月まで、毎日のように心の中で願い、新月になると一旦ストップし、満月になるとまた願う、ということを繰り返していたら、三回目の新月の後、彼に別れを切り出すことができました。
彼は引き止めましたが、私の決心が固いと知り、最後は『幸せになれよ!』と言ってくれました。」(34歳 営業)

■ダイエットのために夜食をやめた
「残業が多く、口さびしくてついお菓子をつまんだり、仕事帰りにラーメンを食べたりしていたら、2年で8キロ増!ダイエットしたいと思うものの、ストレスがたまると、つい甘いものを食べてしまう…という日々が続いていました。
そんな時、仕事帰りに見る月が、日ごとに欠けてほっそりしていくのに気づき、あの月みたいにスリムになりたいなと思い、改めてダイエットを決意。夜食をやめられますように!と願うと同時に毎日、DVDを見ながらヨガをやるようになったら、1ヶ月で2キロ落ちました。これからも頑張ろうと思います。」(27歳 メーカー)

「求めよさらば与えられん」という聖句ではありませんが、頑張れば願いは叶うものなんですね。
どちらの女性も強く願うとともに、月の力に頼るだけでなく、幸せになるために自分を向上させようとしたところがよかったのかも!?

ちなみに、満月の日はコミュニケーションが深まりやすくなると言われ、ニューヨークでは満月は「サクセスムーン」と呼ばれています。表現力がUPし、想いを上手に伝えられるようにそうなので、気になる彼に告白するのにいいかもしれませんね。

(文=Kawauso)


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集