2013.06.16

自分の居場所、ありますか?【恋占ニュース】 

Loading
news_320

「職場に敵がいて、攻撃される。」
「部下(上司)とのコミュニケーションの取り方がわからない。」
「職場の居心地が悪い。」

こんなふうに感じている人は少なくないようで、私の周りでも似たような悩みをよく耳にします。
みなさんは「職場の居心地が悪い」と感じたり、「自分の居る場所がない」と思ったりすること、ありますか?

では、どうしたら周りとのコミュニケーションを上手にとり、心地の良い“居場所”を得ることができるのでしょうか。
仕事がうまくいかないとプライベートもうまくいかない…、という方も必見! “自分の居場所”を作る5つの方法をご紹介します。

■戦わない
よくスポーツ選手などが「一番の敵は自分自身!」と言いますよね。職場でも同じ。相手を攻撃する前に、まずは自分の胸に手を当てて、冷静に。

・「不当な仕打ちと思うような出来事でも『こんなの許せない! 仕返ししてやる!』って思うのはたいてい自分の問題。多少カチンとくることがあっても、私の少ない人生経験のせいかもしれないと、自身を成長させるいい機会だと思うようにしています。」(Tさん・31歳)

■拒まない
苦手だと思うものを受け入れる柔軟さも、働く女性にとっては必要なのではないでしょうか。

・「来るもの拒まずのスタンスでいます。『この仕事は向いていない』とか『この人とは合わない』を決めつけずに、自分に与えられたものとして付き合います。人が与えてくれるものって、意外と深い意味があったりするんですよ。」(Mさん・30歳)

■バリアを張らない
誰に対してもオープンでしなやかな態度でいると、周りだけでなく自分の居心地も良くなるはずです。

・「自分自身のことですらわからないことが多いのに、他人なんてもっとわからない。『あの人って、あぁだから…』って決めつけないようにしています。するとたまに、意外な一面を見つけたりしておもしろいですよ。」(Nさん・28歳)

■知ったかぶりをしない
自分の経験はあくまでもケーススタディのひとつ。それぐらいのスタンスでいたほうがちょうどよいかもしれません。

・「人には人それぞれ個性があるので、自分の知識や経験、意見を押し付けたとしても、相手の役に立つとは思えません。フォローはしても、個性を尊重してある程度は相手を信じ、頼るところは頼ります。」(Iさん・33歳)

■第三者にはこぼさない
他人はもちろん、いくら気軽に発言できるからといってFacebookやTwitterなどSNSでの発言も考えもの。できることなら、思ったことは正々堂々と本人に直接話すほうが、相手はもちろん、自分のためにもなるはずです。

・「某SNSに、名前は伏せてあったものの、タイミング的に明らかに自分のことだとわかる愚痴とか悪口が書かれているのを発見。不満があるなら直接言ってくれればいいのに…。悲しくなったと同時に、人間性を疑ってしまいました。」(Aさん・29歳)

“自分らしさ”に固執するあまり、気付かないうちに“自分”という敵を作ってしまう…。それは、働く女性が陥りやすいコミュニケーションの落とし穴なのかもしれません。
当たり前ですが、友人も恋人も家族も、そして職場の同僚も、自分とは別の人間。だから“思い通り”にはならないと知ることが人間関係の基本です。人間関係も時にはメンテナンスが必要! 改めて自分を見つめなおしてみてはいかが?

(文=もにょり)

  

素敵な人間関係を築くコツ(占いサイト:太宰府の母ちゃんへ)

 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • 今月の占い byサツキメイ
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 柴田淳の恋愛コラム
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 鈴木蘭々の開運旅行術
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • 占いコレクション
  • タロット占い特集