2013.06.09

軽いお誘いvs重いお誘い【恋占ニュース】

Loading
news_313

アルファベットの順番から、「Hの後に愛(I)がある」なんていいますよね。
ゼクシィnetが20~30代女子に行った「エッチからお付き合いが始まった経験はある?」というアンケートでは、「ある」と回答した人が34%もあったそうです。3人にひとりは、身体の関係からスタートしたことがあるということになりますから、なかなか積極的と言えるでしょう。

ところがイギリスの避妊具メーカー・デュレックス社が行った調査では、世界26カ国の中で、日本は「世界で一番セックスレスな国」という、なんだか寂しい結果が出ています。

女子は勢いがあるようなのに、この有様とは。やはり男子が草食化してきているということなのでしょうか。

そんな風潮の中でも、セックスレスならぬセックスフルな男子もいます。

「そりゃ自分から行くこともあれば、女の子の方から迫ってくることもありますよ。」

そう言うのは、42歳で花の独身生活を送っている花山さん(仮名)。サーフィンとスノボを愛するシブメンで、しかも結婚願望がまるでなく、恋愛すらも面倒だという飲食店オーナーです。つまり、つまみ食い専門という、羨ましいというか、女子の敵というか…。

「上目遣いでじっと目を見つめてくるとか、さりげなくタッチしてくるようになるとか、そういう慎ましいアプローチならいいんだけどね。細かく趣味や仕事なんかを褒めてくるというのもいいな。そうなると、こっちもその気になってくるから、話が早くなるよ。」

百戦錬磨の花山さんですが、女子の方からアプローチをかけられても、さりげなくお断りすることもあるそうです。

「恋人がいるかどうか聞かれたりすると、ちょっと迷うね。ほら、そういう子は恋愛を求めているわけだし。こっちはまだその子のことを好きとまでは言えないから。若い頃は、その場の勢いで受け入れていたけれど、さすがにこの歳になると、重たそうなのは避けていますよ。」

とりあえずはエッチしたいだけだから、面倒なことはイヤだってことですね。うん、花山さん、かなり最低の部類(笑)。でも、これってシンプルな欲望をストレートに表しているのかもしれません。オトコはケダモノ、子孫をまき散らすオスの本能に忠実とも言えるのかも。

「軽い」ことよりも「重い」ことの方が、男子にとっては引いてしまうポイントになるのでしょうか?

花山さんのお話を、23歳の伊藤くん(会社員:彼女いない歴23年)に聞かせてみると、

「真剣に恋愛を求められる方がいいじゃないですか! それより、軽薄なオンナの方が俺はイヤですよ!」

…と、なんとも激しい剣幕でまくしたてられました。真面目なのはいいけど、そんな重たい考えだからこそ、伊藤くんは「彼女いるの?」と聞かれないのでは…。

「え、じゃあ、伊藤くんは、可愛い女の子が積極的に迫ってきたら、ズバっと断るの?」
「…いや…たぶん、断れないです。」

って、やっぱりどんな男子も、基本的には女子のお誘いには弱いのね?

(文=総合占術研究家 橘のえる)

  

私からの夜のお誘い。ひかれない?(占いサイト:魔性の宿曜へ)

 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 柴田淳の恋愛コラム
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 鈴木蘭々の開運旅行術
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • 占いコレクション
  • タロット占い特集