2013.04.08

男にとって高いハードル=結婚【恋占ニュース】

Loading
news_280

「婚活」という言葉が世に出たのは2007年。それほど昔でもないけれど、今ではすっかり当たり前の用語になりましたよね。浸透しやすかったのは、就活(就職活動)との連想が容易だったこともあるでしょうけれど、実際に「結婚したいけどできない」と感じている人がたくさんいたからかもしれません。

内閣府の調査(2010年度)によると、未婚の20代~30代男性の16.7%が「結婚したくない」と答えています。ただし恋人がいない男子(交際経験なしを含む)だけの回答に絞ると21.9%になるんですよね。つまりシングル男子のおよそ5人にひとりは結婚願望がないということです。

身近な未婚男性に聞いてみると、一番の理由は「ひとりの時間のほうが大事」というものでした。IT企業に勤める彼女持ちの吉岡さん(仮名:27歳)は、週に3日は終電で帰るほど忙しく、休日はもっぱら趣味に費やしているそうです。

「平日は帰宅したらすぐに寝るだけ。だからこそオフの日って重要なんですよ。デートもしますけど、月に1~2回かな。それよりフットサルのほうが優先です。普段走り込んだりもできないから、あんまり間を空けると勘が鈍っちゃうし。結婚? まだ何も考えてませんね。彼女はしたがってるみたいだけど、ちゃんと結婚の話をしたことはないですし」

忙しいだけに収入のほうは安定している吉岡さんだけど、どうも結婚は現実的なものではないようです。
こうしたプライベート優先派がいる一方で、「結婚は怖い」という男子たちもいます。その典型が、地元の企業で働く田上さん(仮名:31歳)。

「田舎なんで誰と誰が付き合っているという情報は筒抜けなんだよね。挨拶もしたことないのに向こうの親がおれの顔を知ってたりね。狭い町だから、職場にも彼女の遠縁の人なんかがいたりして。こんな状況で結婚なんかできるかって話ですよ。それに付き合い始めから彼女が結婚、結婚ってうるさいのも嫌だし」

これは田上さんの置かれている環境がそもそも悪いような気もするけれど、結婚を押しつけられているようで前向きになれないのもわかる気がします。

相手の親に許可を得るのは面倒だし、自分の時間やお金もなくなってしまう。そんなふうに考えると、いくら女子が積極的でもかえってプレッシャーを感じるだけでしょう。

そもそも、自分のことが好きで結婚したいと思ってくれるのならいいけれど、たまたま20代後半に付き合い始めた彼女が「どうしても29歳までに結婚したい」って願望を持つ子だったりとかしたら、おれじゃなくてもいいわけでしょ? と、やりきれない気持ちになる気がします。

長く付き合ったんだから責任取って結婚しろって空気を出されるのも重いし。最初から「結婚したら絶対専業主婦になりたい」と宣言する女子も、つい、働かないでグータラしたいだけなんじゃ? って疑いの目を向けてしまいます。

男子って強がっているけれど、それだけにいつも様々なプレッシャーと戦っているんです。ちゃんと稼がなくちゃとか、弱いところを見せないようにしようとか。そこに「孤独が嫌だから」「周りがみんな結婚していくから」といった女子の都合での「結婚したい」という重荷が乗っかると、あっけなくつぶれてしまうのかもしれません。

そんな状態から結婚を見上げると、果てしもなく高いハードルに見えるのではないでしょうか。

(文=総合占術研究家 橘のえる)

  

わたしがこんなに結婚したいのはなぜですか?(占いサイト:池袋の母へ)

 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 柴田淳の恋愛コラム
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 鈴木蘭々の開運旅行術
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • 占いコレクション
  • タロット占い特集