「顔はいいけど…」イケメンと付き合うと○週間で飽きる理由【恋占ニュース】

Loading
news_1336

「イケメンの定義」は人それぞれですが、顔面偏差値の高い男性を「嫌い」という女性はあまりいないんじゃないでしょうか。

何かトラウマがあるとか、その美しさに競争心をかきたてられて恋愛どころじゃないとか、こちら側に事情がある場合を除き、女性の多くは同スペックの男性のうち、よりキレイな男性を選ぶのではないかと思います。

確かに、見た目って肝心ですよね。
一目惚れという現象もありますし、第一印象が運命を左右すると言っても過言ではないでしょう。
しかし、イケメンには賞味期限があるってこと、ご存知ですか?

イケメンの有効期間は7週間

アメリカの心理学者パーク氏は、初対面の男女に7週間に渡って週2回面会させる、という実験を行いました。
その結果、初めのうちは相手の「見た目」を評価していた被験者たちが、7週間後には「性格要因」の評価のほうを重視するようになっていたことがわかりました。

つまり、どんなイケメンも7週間でフツーの男と同じになってしまう、ということ。
男性は視覚からの情報を優先するけれど、相手の内面や能力など現実的な面を優先させる女性にとって、外面の評価なんて一時的なもの。
長くお付き合いすることを考えたら、本来は顔なんてどっちでもいいものなのかもしれません。

第一印象の罠

とはいえ、恋が始まる段階では、イケメンにアドバンテージがあるのは事実。
第一印象で「素敵!タイプ!」と思えたら、どんな人かはよく知らなくても顔を見るたび・側に行くたびにドキドキしちゃいますよね。

これは心理学ではハロー効果といって、「目立ちやすい特徴に、他の部分の評価まで引っ張られてしまう」というもの。
つまり、「イケメン→内面もかっこいいに違いない」という思い込みのことで、特に日本人はこのハロー効果に左右されやすいのだとか。
それゆえか「付き合ってみたらガッカリ」なんてこともままあるようです。

イケメンとの恋はつまらない説

全てのイケメンに当てはまるわけではないのですが、見た目のいい男性には女性のほうから近寄ってくるので、イケメンの多くが「パートナーを得るのに苦労した経験が少ない」と言われています。

要は選び放題なので、好みのタイプ・かつ自分にとって都合のいい女性に巡り会えるまで“とっかえひっかえ”が可能であり、自分の内面を磨く努力が不足しがち、という指摘をする人もいるくらいです。

その結果、女性を喜ばせる言動がワンパターン・独りよがりになりがちなのかも。
そこへ来て、前述の7週間が過ぎたあたりで慣れが生じて来ると「顔はいいけど、なんか面白くない」などの不満が出てくる…という悲しき図式ができあがってしまうのでしょう。

中身の薄い恋なら、飽きて当然。そしてモヤモヤしたまま関係を続けるうちに、他のイケメンがよく見えるようになる…という連鎖が続くのかもしれません。

○○なイケメンを探せ!

何度も申し上げるようですが、恋人の外見は美しいに越したことはありません。
でも、長い目で見るとそれってたいした問題じゃないみたいです。特に結婚を意識している場合は。一緒に生活するうえでは、顔の良さなんてオマケみたいなもん、と多くの既婚者が語っています。

イケメンばかり狙って玉砕続きの人は、あえて「いい人だけど、見た目があんまりね〜」という人に注目してみてはいかがでしょうか。

顔なんてどうせ7週間で慣れちゃうんですから、内面がイケてる人を見極めたほうが効率的だし、何より自身の女っぷりも上がるってもんです。

あとは、よく見るとイケメンだけど、そのことに気づいていない人を探して磨いてみるとか。
イケてる男性に育てあげ、周りが「かっこいい」と騒ぎ出した頃に結婚!なんて、なかなか気持ちよさそうだと思いませんか?

(文=石村佐和子)

本格姓名判断でわかる 隠された裏恋愛気質【無料占い】


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集