2017.10.20

“シンデレラデー”は恋愛の引き寄せ日!?話題の占星術師Keikoの『月星座ダイアリー』実践レポ

Loading
keiko

“月星座”ってご存知ですか?“月星座”とはその人の本質を表す星座で、自分の内面や裏側の部分の傾向などを示してくれるものです。

みなさんが「私は○○座」と言うときの“星座”は、自分が生まれたときに太陽がどの星座のほうに見えていたかを示す“太陽星座”ですが、“月星座”は同じ瞬間に月が位置していた星座。この“月星座”を知ると「本当の自分」の性格や感情がわかります。

月の動きをベースに生きると…

一般的なカレンダーは「太陽暦」と言って、太陽の動きをベースに作られていますが、実は人間以外の、地球上のほとんどの生き物は、月のサイクルに沿って暮らしています。

新月・満月のエネルギーを利用した開運、引き寄せの総称「ルナロジー」の創始者Keikoさんによると、「月の満ち欠けに沿って生きることは、宇宙のリズムで生きること」
月のサイクルと女性の生理周期がほぼ一致することからもわかるように、私たちの身体は月の動きと深く結びついているため、月の動きをベースにしたほうが本能にマッチするのだそうです。

本能に合った生き方をすれば、身も心も安定して幸せを感じる余裕ができるし、チャンスやキケンを察知する能力も磨かれる…。その結果、ツキをコントロールできるようになり、運気が徐々に上向きになっていくとか。

そんな不思議なパワーを持つ月をベースに、Keikoさんが『月星座ダイアリー』をご監修!しかも、2018年版のダイアリーが絶賛発売中!ということで、「乙女座の月」を迎えた9月20日から1ヶ月間、『月星座ダイアリー』を使ってみることにしました。いったいどんな「引き寄せ」効果を感じられるのでしょうか?

1ヶ月の予定をチェック

まずは9月20日以降のマンスリーカレンダーに予定を書き入れていきます。
“新月からの2週間”と“満月からの2週間”とで色分けしてあるのが面白い!前半は「始めること」、後半は「手放すこと」を意識するといいのだそう。

9月20日~10月5日はブルー、満月の10月6日~10月19日はグレーになっています☆

この期間のメインイベントは香港旅行。8月は忙しかったので、9月末に遅めの夏休みを取って行く予定!
ちなみに「AC・ST」「SC」「CD」などの文字は、ウィークリーカレンダーに書かれている「マジカル7days」を表しています。

私の「マジカル7days」は?

上記の「マジカル7days」というのは、Keikoさんオリジナルのメソッドによる「自分だけのベストタイミング」。
生年月日から「月・太陽・水星・金星・火星・木星・土星」のサイン(星座)を割り出し、その日の月星座と重なる日を有効利用するというものです。

毎日、タイムスケジュールの上に「その日の月星座」のマークが書かれているので、自分の7惑星のサインと一致するものを見つけて丸をつけていきます。

【マジカル7days】
月に重なる日:リセットデー=[RS]
太陽に重なる日:アピールデー=[AP]
水星に重なる日:コミュニケーションデー=[CM]
金星に重なる日:シンデレラデー=[CD]
火星に重なる日:アクションデー=[AC]
木星に重なる日:サクセスデー=[SC]
土星に重なる日:ストイックデー=[ST]

筆者の場合、火星星座と土星星座は“天秤座”なので、9月20日~22日は「アクションデー」「ストイックデー」に当てはまりました。

自分にとってのチャンス日をチェックするのって、楽しくてなんだかやる気が出ちゃう!
これは実際にやってみないとイメージが湧きづらいと思うので、ぜひ、みなさんにも試してほしいですね。

「マジカル7days」を見つけるのと同時に1週間の予定も書き込んでいきます。このダイアリーには、月ごとの特徴や過ごし方のアドバイス、テーマも書かれているのですが、「乙女座の月」のテーマは以下の3つ。

【乙女座の月のテーマ】
[テーマ1] 健康診断を受ける
[テーマ2] スキルアップの勉強をする
[テーマ3] 隠れたパーツのお手入れをする

ちょうど9月21日に健康診断を受ける予定だったので、[テーマ1]はバッチリ!スキルアップやお手入れも頑張ろうと気合が入ります。

1週目…まじめにチャレンジ

【9月20日】
ダイアリーの帯の裏に「新月の夜は表を上に、満月の夜は裏を上にして窓辺に置いておきましょう」と書かれていたので、それを守って20日の夜はしっかり表を上にしておきました。

【9月21日】
「ストイックデー」はファスティングに向いているらしいのですが、この日は午後15時から健康診断だったため、はからずも朝食・昼食を抜いて水分ばかり摂ることに。

【9月22日】
仕事帰りに食事会に行ったところ、なんと新しい出会いが!これって「アクションデー」として完璧なんじゃ…!?

【9月23日】
「乙女座の月」はスキルアップに適しているので、昼間はみっちり習い事(語学の勉強)を。

【9月24日】
元同僚とBBQ。なぜか女子がみんな大遅刻してきたので、イケてるおじさまたちを独り占めのハーレム状態に。

それぞれ「この日はこういう日なんだな」と思うと、やるべきか迷っていたことを試してみたくなったり、ちょっと疲れていても友人の誘いに乗る気になったり。
日常がほんの少し非日常に変わったようで、わくわくしながら過ごしました。

2週目…週の後半は心身をリセット

25~27日は特にチャンス日ではなかった&28日から香港に行くので忙しく、月をあまり意識しないうちにバタバタと過ぎてしまいました。この週のNG行為である「暴飲暴食」や「夜更かし」もしていたような…。

その分、週の後半はしっかりリフレッシュして心と身体をリセット。昼間はいっぱい歩いて汗をかき、夜は火鍋を食べてデトックスしたり、

100万ドルの夜景を眺めながらカクテルを楽しんだり♪

たっぷり元気をチャージしたので、これからしばらくは「神経質になりすぎる」「些細なことにくよくよする」といったNG行為をしないで済みそうです。

3週目…お疲れ気味で中だるみ?

10月2日~4日はチャンス日ではなかったため、いつも通りの日々。でも旅行疲れでちょっぴりぼんやりしていました。

5~6日は、女性としての魅力を発揮できる「シンデレラデー」なので、デートか合コンにでも行きたいところでしたが、そういうキラキラした予定は特になく。こんなのでいいのかな?と思いつつ過ごすことに。

そもそもこの使い方でいいの?

ところで10月6日は満月。新月に『月星座ダイアリー』を使い始めて2週間経過しました。自分なりに楽しみつつ書き込んできましたが、この使い方でいいのかしら?というのが不安…。

そこでKeikoさんにメールで使い方を聞いてみました。すると以下の回答が!

◎正しい使い方はありますか?

“月星座ダイアリーの使い方はまったくの自由。「正しい使い方」「正しい書き方」というものはありません。一人一人のライフスタイルに合わせ、好きなように使っていただいて結構です。”

◎効果的な書き方は?

“まず、その日、印象に残った出来事や自分の感情をメモすること。
これを1年間続けていくと、月が何座にある日にどういうことが起こりやすいかという自分なりの傾向が見えてくる――つまり、月星座との相性がわかってくるので計画が立てやすくなります。

それと、その日の月星座にふさわしいことをしたらメモしておくといいですね。

たとえば、 月が天秤座にある日なら「お嬢様風のワンピースを購入。今週末のデート用?」
月が蠍座にある日は「お昼休み、5分間瞑想。午後の仕事がはかどっていいカンジ 」
というように。

これは、月星座とのつながりを確認する作業。
続けるうちに、月との絆がどんどん強まり、気づいたときは強運体質になってますよ。”

「その日の月星座にふさわしいことをメモしておく」この発想はありませんでした。強運体質に近づけるなら、ぜひ試してみなくちゃ!

◎ダイアリーに書かれていることを守れない場合はどうすればいいですか?

“『月星座ダイアリー』に書かれていることの中で「義務」は何ひとつありません。
書かれていることが実行できなかったから運が下がるなどということも、もちろんありません。
「できたらラッキー」くらいの気持ちでゆる~く楽しんでいただければ十分です。”

この3つ目の質問については、「乙女座の月」らしいことができなかったり、チャンス日にふさわしい予定がなかったりすると罪悪感を覚えていたため、「できたらラッキー」でOKという言葉にものすごくほっとしました。

Keikoさんはこうも書いていました。

“「シンデレラデーなのにキラキラした予定がない」と書かれていましたが、予定がないことに焦点を当てる必要はありません。

「こんな予定があったらいいな」というものを勝手に書き込んでしまいましょう。 時間差はあっても、いずれ現実になりますので。”

ムリに予定を入れるのはツラいけれど、「こんな予定があったらいいな」なら気負いなく書けそうです。
一気に解決策が見つかって一安心。そのうえ、願望を書いておくと「いずれは現実」になるなんてステキすぎ!

Keikoさんからのメッセージ

…こんな感じで新月から満月まで過ごしてみましたが、今のところ、強運体質になりつつあるのか…は正直、不明です。

でも、だいぶ書き慣れてきたし、最近、毎日楽しい気がするし、Keikoさんにアドバイスもいただいたので、次の新月まで2週間続けてみたいと思います。その模様は次回のレポートでお知らせしますね。

最後にKeikoさんから、みなさんへのメッセージをお届けします。

“私自身、「新月=ひとつきのスタート」と意識し始めてから、あらゆる物事がスムーズにいくようになったので、新月始まりの手帳がずっと欲しいと思っていました。

でも、世界中探しても見つからなかったので(私が探したかぎり)、ならば自分で作るしかないなと。

・強運になりたい人
・運、チャンス、ツキが欲しい人
・自分らしい生き方ができていない人
・スランプを脱出したい人
・思い通りの人生を生きたい人
・肩に力が入りすぎている人
・努力しないと成功できないと思っている人

上記のような方々に、シャカリキになって頑張るより「月のリズムに合わせて生きること」が開運の近道だということを知っていただきたいですね。”

頑張っているのに空回りしていたり、もっと幸せになりたいと願っていたり…いろいろ心当たりのある方も多いのでは?

「それ私のことだ」と思った方は、ぜひ『月星座ダイアリー2018』を手に取ってみましょう。
自分の月星座を知らなくても大丈夫。気軽にスタートすれば、Keikoさんと同じように持って生まれた運が花開き、「なんかいい感じ♪」と笑顔で過ごせる日が今よりもっともっと多くなるはずです。


宇宙に愛され、月を味方につける「新月始まり」の開運手帳。使うだけでみるみるシンクロ体質に!

『月星座ダイアリー2018 自分の「引き寄せ力」を育てたいあなたへ Keiko的Lunalogy』(マガジンハウス)

Keiko
ルナロジー創始者、実業家

けいこ/「占星術は天空のエネルギーを読み取るスキル」との理念から開運情報を発信。メルマガ読者は6万人を超える。


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 柴田淳の恋愛コラム
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 鈴木蘭々の開運旅行術
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • 占いコレクション
  • タロット占い特集