不倫から結婚に発展…幸せになれるケースとなれないケースを検証

Loading
news_2919

既婚男性に恋をしたとき、頭に浮かぶ「不倫」の二文字。不倫はドロ沼化するイメージが強いし、「いけないこと」だと思っている人は少なくないでしょう。

こちらもおすすめ>>不倫の恋の終わらせ方って?現役ホステスが後腐れなく別れる方法を伝授

にも関わらず、不倫に手を出す人が後を絶たないから不思議。中には不倫相手と結婚する女性もいますよね。
後ろめたさがつきまとう恋から結婚に発展するのはなぜ…?

きっかけは?トラブルはないの?「不倫からの結婚」について考えていきます。

不倫から結婚に発展する理由

・配偶者との関係が破たんしている
・のめりこみ過ぎて勢いで
・妊娠してしまった

不倫から結婚に発展する理由としてまず挙げられるのは、既婚者側がパートナーと不仲であることです。
夫婦関係が冷めきっていると、既婚男性は気持ちが外に向いて不倫にのめりこんでしまいがち。家庭で得られない愛を注いでもらえることが、不倫から結婚に発展する原因となるようです。

また、不倫にのめりこみ過ぎて、勢いで結婚を決断するケースも。他には不倫相手の妊娠といったやむを得ない理由も挙げられます。

不倫から結婚する男性って?

では、不倫相手と結婚する男性はどんな人物なのでしょう?
単純に妻との相性が悪い男性の場合は、不倫相手との結婚後に気持ちが満たされて落ち着くことが多いようです。不倫から始まった関係ではあるものの、最初の結婚に問題があっただけなので、幸せな結婚生活を期待できます。

一方、ちょっとした遊び心から不倫をし、結婚に発展する男性は、再婚直後のテンションが落ち着くやいなや、日常に嫌気がさすことも。
「勢いで結婚してしまった」と後悔して、再び不倫を繰り返す可能性が高くなります。略奪結婚を考える場合は、男性がどちらのタイプなのか見極めることが大切です。

気になる!慰謝料・養育費…

次は、不倫から結婚に発展する場合に想定される、トラブルについて見ていきましょう。

◎慰謝料払った?

前妻と離婚するときに、きちんと慰謝料を払ったかどうかを確認しておきましょう。あいまいな口約束で済ませていると、後々請求されてトラブルに巻き込まれる可能性があります。

◎子どもの養育費はどうした?

子どもの養育費についても、はっきりさせたいところ。結婚後に「毎月一定額の不明な出費がある」と、不審な気持ちを抱えなくて済むように、養育費の有無を明確にしましょう。

◎第三者に相談した?

相談を受けた第三者が不倫自体を良く思っていない場合、不倫から結婚に発展することによって友人関係に亀裂が入ることも。

◎プロに相談した際の相場は?

不倫問題に関するトラブルをプロに相談するなら、法律事務所を利用するといいでしょう。相談だけなら無料の所もあり、相談後に依頼することを決めた段階で費用が発生します。依頼したときにかかるのは、着手金・報酬金・実費。トータルで見ると相場は70~100万円のようです。

失敗談・苦労エピソード

不倫関係から、晴れて夫婦になったのに、想像よりもいばらの道だった!という実体験エピソードをご紹介します。

・「夫とは不倫から結婚に発展しました。結婚するまでは前妻との関係を清算し、私と幸せになれるよう尽くしてくれていたのに…最近夫がまた不倫して、繰り返すんだなと悲しくなりました」(29歳/主婦)

・「不倫中はお互いを求める気持ちが強く、気分が盛り上がっていました。でもいざ結婚したら、気持ちが冷めて夫婦関係も冷え切っています」(31歳/IT企業勤務)

幸せを勝ち取ったと思っていても、「失敗だった」と後悔するパターンも。他にも、両親から絶縁されたり、職場や友人からの信頼を失ったり…様々な失敗例があります。

不倫から結婚した芸能人

日々、報道される芸能人の不倫騒動。すったもんだの末に結婚したと言われる有名人も数多くいます。例えば…

・榎本加奈子さん
夫は元プロ野球選手の佐々木主浩さん。前妻との離婚前に妊娠し、出産後に結婚。

・永作博美さん
交際当初に家庭を持っていた映像作家の内藤まろさんと、不倫を経て結婚。

・篠原涼子さん
20年結婚生活が続いた前妻と離婚した市村正親さんと、2005年に結婚。

日本中を魅了したステキな女優さんたちだから、既婚男性がメロメロになったのも仕方ない…?
どうぞ末永くお幸せに。

不倫の世界は身近に広がっている

映画化もした『昼顔』、『あなたのことはそれほど』、『奪い愛、冬』など、不倫をテーマとしたドラマはたくさんありますよね。
あのヒロインたちが、ふとしたことから禁断の愛にのめり込んだように、不倫の世界が意外と身近に広がっていることも。

ちょっとしたきっかけで不倫に足を踏み入れて、気づけば結婚まで…。
できればそんなことはないほうがいいけれど、妄想するのは自由なので、頭の中ではいくらでも楽しんでいただいて結構です。

そして、もし現実に体験することがあったら…ご紹介した情報を参考にしてみてくださいね。

ライタープロフィール

メロン
一児の母として、育児、家事、仕事に奮闘中のママライター。
独身時代のほろ苦い恋愛経験や、結婚生活の経験を活かして、ハッピーな毎日を送るためのヒントが得られるような記事を配信していきます。


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集