2015.03.29

貧乳は感度が良い?男はみんな巨乳好き?性人類学者が回答!【恋占ニュース】

Loading
news_1218

よく「胸が小さいほうが感度がいい」と言いますが、それって本当なんでしょうか?
生まれてこのかた、巨乳になったことがない人間としてはなんとなくうれしいことだけど、他の女性と比べるわけにもいかないので、どうなんだろう?とずっともやもやしていました。

≪巨乳と貧乳、どちらが感度良好≫

セクシャルヘルスケアブランド「エルシーラブコスメティック」が運営している『ラブリサーチ』のアンケート調査によると、

================
Q. 「バストが小さいと感度がいい」についてどう思いますか?

・本当だと思う(46名)
・嘘だと思う(63名)
================

「嘘だと思う」人のほうが上回る結果に。それぞれの理由は…

◆「本当だと思う」人のコメント

・「実際私は小さいほうで、胸を触られると気持良すぎてすぐ声が出ます。乳首に触られなくてもイクんじゃないかと思うくらい(笑)」

・「小さかった時は感度がよかった。今は普通サイズだけど感じる時、感じない時がある」

・「自分は大きいのですが、不感症。胸が小さいとそこを女の子は気にするから、結果的にそれが感度につながると思う」

――胸のサイズって成長することもあるんですね!要は太ったのかもしれないけど。
いずれにせよ、貧乳と普通サイズ両方を経験した女性が「前のほうが感度が良かった」と言うってことは、この俗説、正しいのかも!?

◆「嘘だと思う」人のコメント

・「私はD70かE65の、どちらかと言うと大きいと言われるサイズです。が、感度はかなり高いと彼氏に好評ですよ♪服の上からでもすぐ反応するくらい(笑)サイズなんか、関係ないです」

・「最初は全然感じなかったけどだんだん感じるようになってきた。大きさじゃなく慣れだと思う」

・「自分は小さくて感じにくいけど、巨乳の友達は感度がいいらしい。結局のところ、経験値とか相手の愛撫の仕方とか、こちらの想像力のような気がする」

――大きくても感度がいい人、小さくても感じにくい人もいるんですね。だとすると、みんなが言うようにやっぱり慣れや経験値の問題なんでしょうか?

中には「小さいほうが感度が良いと言うのは、貧乳好きの妄想に過ぎないから」とバッサリ切る人も。うーん、真実はどっちだろう…?

≪感度の良し悪しは生まれつき?≫

モバイルサイト『大人の関係』を監修している性人類学者のキム・ミョンガン先生によると、

「胸が小さいと感度が良いなどというのは、全くの嘘。育った環境や慣れ、生まれつきなどが影響するだけで大きさは関係ありません」

なーんだ、そうなんですね…。慣れはともかく、育った環境や生まれつきと言われてしまうと、もう何もできない気も。
とりあえず“習うより慣れろ”的に頑張るしかない?

ちなみにキム先生、男はみんな巨乳好きか?という問題については、こう述べていましたよ。

「感じ方は人それぞれで、巨乳こそが女性のシンボルだと思う男性もいれば、全く逆の感想を抱いている男性もいます。それぞれを好む男性たちに理由を聞いてみれば、各自違った感想を述べてくれるはずです。
例えば大きな胸は母性を連想させるから好きだ、と言う方もいれば、当然、逆にそれを感じて、実際に相手をするのは未成熟な胸のほうが好ましいという方もいます」

「胸の大きさにはこだわらない」「むしろ小さいほうが好み」と言う男性って、ある意味カッコつけてるのかと思っていましたが、そうではなく本気で言ってたんですね。

…ということで、感度については実践あるのみ!
胸の大きさに関しては、ウジャウジャ言われたくないなら、大きい人は巨乳好きの男性、小さい人は貧乳好きの男性を選ぶしかなさそうです。

もちろん、恋愛って体の相性だけでできるわけじゃないから、その分何かを我慢しなくちゃいけなくなるかもしれないけど…。

(文=編集J)

より刺激的で満足度の高いエッチを大人のあなたにおすすめ!エッチやカラダに関する情報が詰まった大人の恋の必読モバイルサイトはこちら!

モバイルサイト

大人の関係

★おすすめメニュー★
・彼がたまらなくなるあなたの魅力の秘密
・彼が本能で望む女性
・彼を頂点へ導くテクニック

監修者紹介
キム・ミョンガン

1950年、神戸生まれ。75年から89年まで京都精華大学にて文化人類学と韓国語の講義を担当しながら、研究を重ねた。90年以降は在野で「性人類学」の研究を行い、独自の分野を開拓する。『週刊ビッグコミックスピリッツ』『ポパイ』などで愛と性に関する問題について執筆活動を開始。若者を中心に圧倒的な支持を集める。生物学、動物行動学、文化人類学、社会学と、あらゆる分野に分け入り、性という人類最大の秘密を解き明かす手法には定評がある。元和光大非常勤講師である一方、99年、性人類学者として教育・指導を行う相談所[せい]を設立。所長として男女年齢問わず、様々な悩みの相談に応じている。単なる結合としてではなく、心のつながりも重視。夫婦、パートナー(男女のみならず、ゲイ、レズビアンも)の在り方全般についてアドバイスを行っている。また大人だけではなく、児童・生徒の性教育にも熱心に取り組んでいる。


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • 今月の占い byサツキメイ
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 柴田淳の恋愛コラム
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 鈴木蘭々の開運旅行術
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • 占いコレクション
  • タロット占い特集