2017.06.14

遠距離恋愛を実らせ結婚する秘訣は?連絡頻度、会う頻度、ルール…

Loading
news_2855

就職や転勤など、やむを得ない事情で遠距離恋愛をしているカップルは数多くいます。近くにいるのとは違い、なかなか会えない遠距離恋愛。その寂しさから別れてしまったり、逆に絆が深まったりと恋模様は様々です。

こちらもおすすめ>>あなたは遠距離恋愛に向くタイプ?心理学でわかる遠恋の“向き不向き”傾向

遠恋を経て結婚するにはどうすればいい?経験者にリサーチしました。

遠距離恋愛から結婚へ!

まずは、実際に結婚へたどり着いたカップルのエピソードをご紹介します。

◎連絡頻度や会う頻度は?

「お互い、休みが土日祝日だったので、暗黙の了解で月1回どこかの週末に会う約束をしていました。月に何度も行き来すると交通費がバカにならないので」(27歳/金融営業)

「連絡はおはよう・おやすみ程度。たまに電話して会えない寂しさを埋めていました。彼が連絡不精なので、5日以上話さないこともあったけど、信用してるので気にしないようにしていました」(29歳/事務職)

上記のふたりの共通点は、無理をしてしょっちゅう会いに行ったり、連絡を密に取り合ったりしていないこと。

後者は、最初はなかなか連絡が取れないことを不満に思ってケンカしたこともあったそうです。でも、遠恋の期間が長くなると、だんだん彼のルーティンが読めてきて、いちいち怒る気力や時間がもったいなくなり、彼を全力で信じると決めたのだとか。

結婚に至らずお別れ…

次は、反対に結婚はしなかったカップルのエピソードをお届けします。

◎就職で遠距離になった

「大学卒業の時、私は地元にそのまま就職、彼は東京に着任したので遠距離が確定しました。新生活が始まることへの不安や離れ離れになる寂しさから、ふたりの関係がギスギスしてしまったんです。きちんと話し合って、それぞれ別の場所で心機一転、頑張ろうってことになりました」(25歳/美容部員)

社会人になるのは誰だって怖いもの。お互い同じ状況なのに支え合えないなんて残念すぎる…。でも、ここで別れてしまったということは、結婚のハードルを越えるのも難しい相手だったのかも!?

◎そこまで好きではなかった

「付き合い始めて半年も経たないうちに彼の転勤が決まりました。まだ付き合いが浅いからついて行く気はなくて、この先の関係もどうなるのかな…と考えた時に、もっと近くに良い人がいるのでは?と思ったんです。わざわざ会いに行くのも、会いに来てもらうのも億劫になり、別れ話を切り出しました」(28歳/受付事務)

相手のことが大好きなら、どれだけ距離があっても気持ちは変わらないけれど、彼女の場合は違ったようです。会いに行く労力もお金も惜しむことがないくらいの気持ちがないと、遠距離恋愛は長く続かないのでしょう。

◎転勤先に呼ばれなかった

「ある日彼に転勤が決まったと言われました。彼との付き合いは学生時代からと長いし、わざわざ呼び出して転勤の話をされたので、もしやと思ったんです。でも、待てど暮らせど“一緒に来てほしい”の一言はなく…。結婚を意識していたこともあり、彼の男らしくない一面にガッカリして別れました」(29歳/金融営業)

バリバリ働いていた彼女は仕事も好きだけど、彼からおいでと言われたら、ためらうことなくイエスと返事したと言っていました。ただ彼の想いが違うことがわかって、今までの付き合いはなんだったのかと幻滅したそう。

長年付き合ってきて、お互いにいい年だったら、どうしたって転勤のタイミングでの結婚を期待してしまいますよね…。

遠距離恋愛を乗り越えるには

今まさに遠距離恋愛をしている人や、これから遠愛の可能性があるみなさんのために、結婚に向けて「離れているからこそできる心構え」や「できること」をご紹介しましょう。

【心構え】

◎信頼し合える関係を築く

遠距離はなかなか会えないし、忙しいと連絡することすらままならない場合もありますよね。そんな時、彼が浮気しているのではないかと不安に思うこともあるでしょう。
でも、証拠も無しにいろいろ妄想しても、彼との関係が悪くなるだけ。結婚を願っているなら、彼を信じることで相手の心をつかみ、強固な信頼関係を築いてください。

◎ルールを決めすぎない

連絡や会う頻度など、ルールを決めすぎると、お付き合いを続けるのが息苦しくなってしまうことも。遠距離恋愛で、彼とのつながりはLINEや電話での連絡のみだと、ついそこに固執しがちですが、それは絶対NG。
とはいえ、生存確認を兼ねて、おはよう・おやすみの挨拶はするなど、ある程度の決まりはあってもいいでしょう。あとは、お互いに職場などの人間関係や生活スタイルがあるので、堅苦しい規則は作らないほうがいいかも。

【遠距離だからできること】

◎会えない時間を充実させる

頻繁に会えない遠距離恋愛は、逆に言えば自分の時間がたっぷりあるということ。彼と会わない間は、友達や家族と楽しい時間を過ごしたり、趣味などに時間を費やしたりできるのです。

友達から新しい情報を仕入れる、趣味で内面を磨くなどして魅力が増せば、彼の気持ちはますます離れなくなるはず。自分時間の充実を楽しむのも、遠距離恋愛を上手に続けていくコツです。その先には結婚の二文字も控えていますよ。

◎彼のおうちで疑似結婚生活

遠距離恋愛の場合、彼の家に泊まることも多いでしょう。その際、手料理を振る舞ったり、掃除を手伝ったり、疑似結婚生活をするのも◎。結婚を意識させるのはもちろん、結婚後の生活も想像しやすくなります。

脱いだ服をどうするのか、使った食器はすぐに片づけるか、掃除はどこまでしたい派かなど、同じ生活空間にいなければわからない部分も見えてくるかも。

会いに行くたびに新しい発見をし、将来を一緒に過ごせる相手かどうかを見極められるのも、遠恋の醍醐味のひとつと言えそうです。

終わりに

遠距離恋愛になったからすぐに結婚!となるケースは、お互いに信頼し合えているか、将来が想像できているかで変わってきます。いいタイミングではあるものの、すぐには踏み切れないのが現実かもしれません。

筆者も遠距離から結婚に至ったクチですが、結婚までの道のりは長かった…。でも地道に努力を重ね、彼との関係を築いて結婚できました。
遠距離ならではの、結婚に近づく方法もあるので、自分たちらしいペースでじっくり進めてみてはいかがでしょうか。

ライタープロフィール

sa_ko
気が付けば結婚するまで男が途切れた記憶がほとんどない、隠れ肉食女子。社会人生活ではおじさんをコロコロと転がし、世渡り上手な過去を持つアラサーです。
今は娘一筋で、だんなをコロコロ転がし、優雅に子育てを楽しんでいる関西女子。女子力アップが今の私のモットー。過去の恋愛経験をもとに、恋に悩める女性のための情報を配信します!


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集