2015.03.02

ひな祭りは性教育の日!?ハマグリに秘められた大人すぎる意味【恋占ニュース】

Loading
news_1169

3月3日は桃の節句、女の子のお祭りですね♪
この華やかな行事が近づくと、いくつになっても心が弾むような気がします。

そんなひな祭りは古来、女の子への性教育の機会でもあった、という衝撃の説を以前ご紹介したことがありました

≪ひな祭りは性教育の日!?≫

そもそも「ひな」という言葉自体が“女性自身”の隠語だったとも言われていますし、お膳に欠かせない菱餅は女性器を、白酒は男性のアレを模しているとする説もある、ということ。ですから、もうこの行事自体がエロ、いや性教育の題材の宝庫!ってことになります。

本来は女の子の幸せを願うはずである「桃の節句」に、性の話題を持ち込むなんて!とお思いになる人もいるかもしれませんが…。
しかし、本当に女性が幸せになるには正しい性知識が必要不可欠なのでは?

…といった大義名分を振りかざし、ひな祭りをエロ目線、いえ大人の視点で見てみたいと思います。
正しい性知識か否かはともかくとして、見方によっちゃ面白いことになりそうです。

≪“貝”はやっぱりエロいのか≫

ひな祭りのお膳にはハマグリのお吸い物が不可欠。ハマグリは上下の対になる貝殻としか合わせられないことから、夫婦和合を意味するとされ、女の子が将来唯一無二の伴侶を得て幸せになりますように!と願うひな祭りには欠かせない食材です。

そのハマグリが持つもうひとつの意味合いは「貞節・純潔」。2枚の殻をぴったりと堅く閉じた姿が、うら若い少女の未熟な女性器を表すとされ、乙女の純潔が守られますようにとの願いがこめられているのだそう。

地方によってはシジミや赤貝が供されることもあるようですね。
実はこれ、シジミ→ハマグリ→赤貝という流れがあって、女性器の成長を表しているという説も…。
いずれにしても、露骨な話ですよね!

また、ハマグリを使うのは、平安時代の女児の遊び「貝合わせ」(ぴったりと合う対の貝殻を探す、神経衰弱のようなゲーム)にちなんでいるとも言われています。
が、大人の「貝合わせ」と言えば、ちょっと特殊な性技の名前。こっちを先に連想した人もいるんじゃないでしょうか?

もともと、貝はその形状から女性器にたとえられることが多いもの。日本では、一枚貝のアワビや子安貝がその代表として有名ですよね。
ちなみにフランスでは、ムール貝がこれに当たるのだとか。どこの国でも考えることはひとつ、という良い例でありましょう。

また、ムール貝の仲間である「イガイ」は、アワビやムール貝よりも女性器により近い姿…というか「そのもの!?」ってくらい酷似しているのだそう。しかも海藻を挟み込んでいることが多く、その姿がヘアまで再現しちゃっているらしいです。

ちなみにこの貝、みそ汁やブイヤベースなどにすると良い出汁が出ておいしい、とのことです。食べる勇気がなかなか出ませんが。

≪ひな人形で妄想…宮中の性教育≫

ひな祭りの主役は、やっぱりひな人形。
お内裏様とおひな様は当然夫婦として並べられ、永遠の愛を表しているわけですが、問題はそこから下の壇の人々です。
彼らには様々な設定がなされていることをご存知でしょうか?

たとえば三人官女。
時代によってその顔は変わるので一概には言えないのですが、真ん中の官女には眉がなかったり、お歯黒を塗っていたりすることにお気づきですか。

平安の世、宮仕えの女官の中でも、既婚者は眉をそり落としお歯黒をすることになっていたそう。おそらく、この人が姫君の侍従のリーダー、つまりバリキャリのお局様です。

このお局は姫の身の回りの世話だけではなく、家庭教師として女性に必要な教養を教えていたとのこと。
もちろん、ウブな姫君に性教育を施すことだってあったことでしょう。夜な夜な殿方の喜ばせ方や褥(しとね)での振る舞い方を、体験談を織り交ぜながら語り聞かせていたかもしれません。

その下に控える五人囃子は、子ども音楽隊ではなく貴族の子息たち。いいとこのボンボンがコネ入社したようなものですが(平安時代はそれが普通)、うまくやれば大出世できるとあって、その胸の内には野心が燃えたぎっています。

さらにその下、右大臣・左大臣はお内裏様のお付き人。常に貴人に付き従い、時には恋の橋渡しをすることもあったとか。

当然、夜の実地教育のための女官の手配や、殿の好みの女性を集めるなどのマネジメント業務も行っていたことでしょう。
また、明治時代に入るまでの日本は同性愛・特に少年との性愛がごく普通に行われていたと言われていますから、有力な大臣と立身出世を狙う五人囃子による愛憎劇場が毎夜繰り広げられ…今で言うBLってところ?なんて下衆な想像もできてしまいますね。

ということで、雑学と妄想のひな祭り、いかがでしたでしょうか?
紅白梅が香る春の宴で、ちょっとした話の種になれば幸いです。

(文=石村佐和子)

雛人形のお内裏様は誰?恋人ができない理由がわかる!【無料診断】


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集