略奪愛には因果応報がつきもの!? 盗ったら盗られたリアルエピソード

Loading
news_2712

相変わらず、芸能人の不倫のニュースが世の中を騒がせていますね。男性から仕掛けるイメージがあるかもしれませんが、現実には相手にパートナーがいるとわかっていながら、あえて手を出す女性も多いそうです。

こちらもおすすめ>>男はなぜ不倫するのか?現役ホステスが教える、既婚男性の本音

それは略奪以外の何でもない行為。略奪愛を実行した女性は、その彼と幸せに過ごすことができる?「因果応報」ということはないのでしょうか?

略奪愛を好む女性が存在する?

一般的な恋愛とは、お互いにパートナーや好きな人がいない“完全フリー”の状態から始めるもの。しかし、相手がフリーだと恋心に火がつかないという女性も少なからず存在するようです。

彼女たちに共通することは「自分の存在を認めてほしい」という“承認欲求”。ある種の恋愛依存症とも言えるでしょう。

リアル略奪愛ストーリー

ここで、一般の女性が体験した略奪愛のエピソードをご紹介します。

◎略奪した結果、一文無しに…

飲み会で出会った男性と意気投合したM子さん(40代)は、その場で連絡先を交換したとのこと。

「顔がもろに好みのタイプだった上、自営業でお金持ちの彼。何度かデートを重ねるうちに妻子持ちだとわかったのですが、男女の関係になる頃には大好きになっていて、気持ちを止められませんでした。
そのうち彼の子どもを妊娠し、籍を入れないまま出産することに。彼は責任を取ると言って、奥さんと子どもを捨て私のもとにやってきました。
“略奪成功!”と喜んだのも束の間、実は彼の財源は元奥さんのものだったことが判明。奥さんの実家が経営している会社で副社長として働いていたため、離婚をきっかけに一文無しになってしまったのです。
出産後、共働きしていますが、それでもゼロからの出発はかなり大変でした」

略奪愛を成功させたものの、結局苦難の日々を迎えてしまったとは。人のパートナーを盗ったら、自分にツケが回ってくるという「因果応報」の好例と言えるかもしれません。

◎結婚したのに元カノに奪われて…

好きな人に恋人がいると知りながら、どうにか振り向かせようと近づいたA子さん(30代)。

「2人で飲みに行ったとき、酔ったふりをして彼の家に泊まり、体の関係を持ちました。そこから恋人未満というかセフレみたいな状態に。
最初はそれでもいいと思ってたんだけど、彼が本命彼女ともうすぐ結婚するって噂を聞いて、なんとかしなきゃと。で、計算妊娠して結婚までこぎつけました。
でも彼、結婚した後も元カノと続いてたんです。そのことに気づいてはいるけど、離婚を言い出されるのが怖いので知らないふりをしています」

妻の地位は手に入れても、彼の心まではつかめなかったんですね。残念ですが、これは自業自得のような気も…。お子さんに影響が出ないことを願っています。

芸能人も…盗ったら盗られる!?

略奪したら痛い目に遭うのは有名人も同じ。結構ひどいしっぺ返しを食らっている人もいるようです。

◎離婚ホヤホヤ、小倉優子も略奪愛

先日、離婚を発表したタレントの小倉優子さん。元夫は芸能人のスタイリングも担当しているカリスマ美容師の菊池勲さんです。彼が小倉さんの事務所の後輩と浮気したことをきっかけに離婚に至りました。
2人目の子を妊娠中に夫の浮気が発覚したこともあり、完全に被害者として報道された小倉さん。しかし彼女の結婚も略奪愛からのスタートだったそうです。

当時、恋人がいたと言われる菊池さんとの出会いは仲間内の食事会。アプローチしたのは菊池さんのほうでしたが、小倉さんも菊池さんを気にいっていたとのこと。
そして、彼女がいると知りながら、得意の手料理で菊池さんの胃袋をガッチリつかみ、みごとゴールインに持ち込んだとか。

でも、根本的に遊び人だった菊池さんは結婚後も浮気に走り…。小倉さんにとっては、後輩タレントに夫を寝取られるという、最悪のツケが回ってくる状況となったのです。
順風満帆なママタレ生活を送っているかのように見えた彼女も、因果応報の法則には勝てなかったんですね。

◎女優・南果歩も因果応報?

世界的スターの渡辺謙さんと女優の南果歩さん。おしどり夫婦として世の女性たちから憧れの目を向けられていましたよね。それなのに最近、渡辺さんに不倫疑惑が…。

強い絆で結ばれているイメージのある2人ですが、実はこの夫婦も略奪愛からのスタートだったそう。
渡辺さんは2005年に一般女性とドロ沼離婚を果たしました。その頃には今の妻である南さんと知り合っていて、結果的に略奪婚のような形に。

自分自身も略奪の過去があるため、南さんは渡辺さんを責めることができない、との報道も出ています。こちらも文字通り、因果応報という結果になったようです。

略奪愛で楽しめるのは一瞬だけ

略奪愛を成功させたカップルが全て不幸せな結末を迎えるとは限りません。でも、少なからず略奪をしたツケは回ってくるもの。

自分たちだけでなく、周りの人たちもハッピーになれるような恋愛こそが、正道の恋と言えるのではないでしょうか。

できればみなさんが、後ろめたい「秘密の恋愛」ではなく「誰からも祝福される恋愛」を楽しめますように!

ライタープロフィール

SYKSN
アラサー、1児の母。
人生最大のモテキに、お食事会(コンパ)で旦那をゲット。
しかし出産を機に旦那への恋心は冷め、ドラマや映画で胸をキュンキュンさせて女性ホルモンを活性化させる日々を送っております。
座右の銘は「生きてるだけでまるもうけ」。
お笑いをこよなく愛する、アラサー関西人です。
これまで見聞きしてきたおもしろ恋愛エピソードなどを活かして、ちょっと笑えるコラムをお届けします。


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集