2017.03.31

付き合うならどっち?「女子力ゼロの美女」VS「女子力MAXのブス」

Loading
news_2661

4月スタートの、桐谷美玲さん主演のドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)は、女性のリアルな気持ちを描いた同名コミックが原作。

こちらもおすすめ>>ペラ生地にドン引き!男性がNG判定するアラサー女性のデート服

女子力が限りなくゼロに近い「女子モドキ」3人組が、本物の「女子」になるべく美の研究をする、というお話です。

見た目さえ変わればモテるのか?

リケジョである3人は、終業後に夜な夜な“つけまつげ”“柄パン”“太眉”などを試すのですが、なぜか毎回笑える展開に…。

さておき、中身もヴィジュアルも女子力ゼロの「女子モドキ」は、そりゃモテないでしょ…って感じですよね。でも、内面はそのままでも、見た目が「女子」になれば男性ウケは良くなる!?

というかむしろ、美女なのに内面が男前だったりしたら、ギャップ萌えしちゃう人もいるかもしれません。
そこで今回は2種類の女性をテーマとし、30~40代の男性への「ギャップ」にまつわるアンケートを実施しました!

男性にとっては究極の選択

今回アンケートのテーマとなった女性は以下の2パターン。

【1】見た目〇 女子力×

「女子力ゼロ!私生活もグズグズ!でも、すっごい美人!」の見た目重視タイプ。
『人は見た目が100パーセント』の主人公・城之内純は、メイクやファッションに全く興味を持てないのに、よく見れば美女というタイプの女性です。
著名人で言えば、汚部屋で知られる春香クリスティーンさんや、3日に1回しか頭を洗わないという中村アンさん。彼女たちも、見た目と中身にかなりギャップのあるタイプと言えますよね。

【2】女子力〇 見た目×

「料理・洗濯・掃除は完璧で女子力MAX!でも、すっごいブサイク!」の中身重視タイプ。
手芸の腕前がプロ級と話題を集めたお笑い芸人の光浦靖子さんは、まさしくこのタイプですね。
同じくお笑い芸人のニッチェ・江上敬子さんは料理上手で、料理ブログの読者は2万人を越えるほどの人気だとか。こちらも見た目とのギャップにびっくり。

【男性の本心1】付き合うならどっち?

恋愛の相手としては「女子力ゼロ!私生活もグズグズ!でも、すっごい美人!」タイプが優勢。差はわずかですが、女性の外見を自分のステータスと捉えている男性も少なくないようです。

・「飲み会で出会った女の子が超美人!と話題になったんです。でも、実際付き合ってみると衝撃の連続でした。クチャクチャ音を立ててごはんを食べたり、カバンの中にゴミを入れっぱなしだったりと女子力は皆無…。それでも見た目は本当にキレイだったので、連れて歩く分には自慢の彼女でした」(30代 広告代理店勤務)

・「同じ職場の女性と付き合うことに。彼女は目鼻立ちの整った正統派の美人でした。ある日彼女の家に行ったのですが、初めて彼氏を招き入れるにも関わらず、ベッドの上はグチャグチャ。キッチンにも食べ残しが置いてあり、ゾッとしたのを覚えています。かなりの衝撃を受けましたが、外見のかわいさに負けてそのまましばらく付き合いました」(30代 営業職)

【男性の本心2】結婚するならどっち?

一方、結婚となると「料理・洗濯・掃除は完璧で女子力MAX!でも、すっごいブサイク!」タイプが圧倒的多数に。結婚と恋愛は、男性にとっても別物なんですね。
「結婚」という観点で見れば、必ずしも見た目が100パーセント重要とは言えないようです。

・「美人は3日で飽きるって言いますよね。家族になるなら顔なんて関係ありません」(40代 SE)

・「どれだけ美人でも、家事ができない人との結婚はムリ。古い考えかもしれないけど、自分が頑張って稼ぐので、女性には家を守ってもらいたい」(30代 美容師)

・「奥さんと一緒に過ごす時間って相当長いですよね。だから、顔が良くても性格や考え方が合わなかったら、やっていけないと思います」(40代 薬剤師)

中身は見た目を凌駕する!

何歳になっても「美人じゃないとイヤ!」なんて男性も、もちろんいます。
でも、そんな人ばかりではありません。むしろ大半の男性は、一生のパートナーには内面が美しい人を選ぶもの。
見た目に自信がないからと言って自分磨きを怠ったら、幸せな未来はいつまで経っても手に入らないでしょう。

内面の美しさは外側ににじみ出ると言います。
女性本来の美しさに着目することが、本当の美人に近づく一歩。
『人は見た目が100パーセント』に登場する女性たちのように、自分の在り方に悩みながらも自分磨きに奮闘することで、幸せを引き寄せられるのかもしれません。

ライタープロフィール

SYKSN
アラサー、1児の母。
人生最大のモテキに、お食事会(コンパ)で旦那をゲット。
しかし出産を機に旦那への恋心は冷め、ドラマや映画で胸をキュンキュンさせて女性ホルモンを活性化させる日々を送っております。
座右の銘は「生きてるだけでまるもうけ」。
お笑いをこよなく愛する、アラサー関西人です。
これまで見聞きしてきたおもしろ恋愛エピソードなどを活かして、ちょっと笑えるコラムをお届けします。


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集