当てはまったらキケン!“恋愛中二病”男子の7つのチェック項目

Loading
news_2625

ロクデナシだとわかっているのに惹かれてしまうとか、今度の彼氏こそマトモ!と思ったらやっぱりゲス男だった…という女性は多いもの。

こちらもおすすめ>>その男、あなたを不幸にするかも…「付き合う前に捨てるべき男」の見抜き方

ダメ男には様々なタイプがいますが、中でも今っぽいのは「恋愛中二病」「かまってちゃん」「メンヘラ」。
冷静に考えるとなぜこの人を?って感じだけど、恋は盲目と言うのか、なぜか惹かれちゃうみたいなんですよね。

今回は、そんな危険な香りのする男性の見分け方や対処法を考察していきます!

付き合う前のチェック項目

いいな、と思う男性がいても、以下の要件に引っかかったら再考の余地あり。20~30代女性の意見をもとに、チェックポイントを挙げてみました。

◎いろいろと極端

こだわりが強すぎる、或いはなさすぎる人はちょっと危険。潔癖なくらい部屋がきれい、持ち物にこだわる。逆に汚部屋、ファッションに一切興味がなく、シワだらけのシャツでも平気。
これも常識の範疇なら個性とも言えますが、あまりにもひどかったり、他人にもその価値観を押し付けてきたりする男性は要注意!
こういう人は考え方も両極端な傾向があるので、会話にならないことがままあります。

◎心に闇を抱えてる風

何かを言いかけてやめる、一人になりたがる、何でもやたら深刻に考える…こんな男性は要注意。実際にシリアスな性格の場合もありますが、中には「暗い過去のせいで心に闇を抱えている」という設定で自分を演じている人もいるんですって。
恋愛における中二病ってところでしょうか。一般的には、年齢を重ねるにつれて徐々にその傾向は減少していくものですが、中にはいくつになっても大人になりきれない人もいるようです。

◎話が長い、LINEが長文

話が女子並みに長く、しかもオチがない。超長文のLINEを送りつけてくる、もしくは細切れにして連投。
まあ、女子っぽいところがあるのかな、と思えば許せるけど、実際にこのテの男性と付き合うと疲れます。
テンポ良く会話できないだけでなく、決して聞き上手とは言えず、自己主張の強いかまってちゃんの可能性も。

◎過去の自慢話がすごい

学生時代は○○の大会で県のベスト8の常連だった、有名大学を出ている、モテモテだった…など、昔の自慢ばかり繰り返す男性。その当時頑張っていたことは褒めたいけれど、今はどうなのよ?って感じ。
現在の自分に満足していないため、親密になるほど卑屈な態度が出がちで、結果めんどくさいタイプです。
別パターンで、過去の不幸自慢や苦労話で同情を誘う、という手口を使う男性もいるのでご注意を。過去はどうあれ、今を楽しんでいる人なら一緒にいて楽しいですけどね。

付き合い始めのチェック項目

お次はステキに思えた彼が、親密になった頃からチラホラ見せる本性をチェックしましょう。
でも、だって、そんなはずは…とグズグズしていると後で泣きを見るかも!?

◎束縛がすごい

それまでは「ありのままの君が好き」「自由にしていいんだよ」と寛容なところを見せていた男性が、付き合い始めた途端に手のひらを返す、なんて話はよく聞くもの。
ちょっとくらいならかわいいのですが、他の男性を何気なく見ただけで大騒ぎってなことになると大変。事前にその兆候が見られたら徐々に距離を置くなり、何としてでも自分が主導権を握るなり対策を講じたほうが良さそうです。

◎嫉妬もすごい

他の人と話しただけで、仕事のメールが来ただけで、不機嫌になっちゃう彼も要注意です。周りの男性のみならず、自分の恋人が仕事で成功したり注目の的になったりすると、「お前はいいよな」「どうせ俺なんて」と彼女にまで嫉妬する人も!これは疲れます。
距離を置くのが一番ですが、救ってあげたいのなら、ことあるごとに「あなたはステキ」「あなたなら大丈夫」「すごいね」を連呼するしかありません。

◎自虐がすごい

基本的に自信がないせいか、親しくなるほどに「どうせ俺なんて」という自虐的なセリフが増えてきます。「お前なしじゃダメ」「こんな男でごめんね」と頻繁に言われているうちに同情心を煽られて「私が側にいてあげなくちゃ」などと思いがちになりますが、こういう人は過去の女にも同じことを言っているので大丈夫です。
また、すぐ「別れよう」と口にするのも、自分を追い込んだところを見せてかまってほしいだけだったりします。「わかった、じゃあね!」と即答し、いざ別れるとなると粘着するなど、めんどくさいことにもなりかねないので、早い時点で諦めさせるのも大事です。

男は彼だけじゃない!

こうした男性にうっかり心惹かれると、どうあがいても苦しい恋になってしまいます。あれ?と思ったら友達に相談するなど、二人の関係を常に客観的に見ることも大切ですよ!

この恋を逃したら次はないかも…と不安になることもありますが、ブルゾンちえみさんも「地球上の男の数は35億」と言っているじゃありませんか。
それに、恋はいくつになってもできますから心配無用です!危険な男からはさっさと逃げて、いい恋をつかみましょうね。

ライタープロフィール

石村佐和子
エディター・Webディレクターを経て、結婚、出産後、フリーライターに。微妙に偏った恋愛経験を持つ、アラフォー二児の母。好きなことはモノ作り、工場見学、カフェ巡り。将来は陶芸などしながら優雅に暮らしたいと目論んでいます。


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集