飲んで&塗って美肌効果は最強!冬太り予防も~酒粕の底力【恋占ニュース】

Loading
news_992

日に日に寒さが増してきている今日この頃。
温かい飲み物を手にしているだけで、ほっこりとした気分になりますね。

カフェラテやミルクティーはもちろんですが、この時期恋しくなってくるのが甘酒。おしるこや葛湯と並ぶ、冬ならではの楽しみのひとつと言えるでしょう。
ぽってりと重たいテクスチャで、お腹の底から温まって、幸せな気持ちにさせてくれます。

侮れない酒粕のパワー

今回はその中でも、甘酒の原材料『酒粕』の美容効果に注目してみました。
酒蔵で働く杜氏の手が白く美しいことは有名ですが、その美しさの素が凝縮されているのが、日本酒の搾りかすである酒粕。
多少クセのある食材ではありますが、そこには驚くべきパワーが!
食べて良し、塗って良し、ダイエットにも効くという優秀素材を余すところなく使って、冬場のキレイを手に入れましょう!

美肌効果は折り紙付き!

酒粕の中には、日本酒を作る際に使う麹由来の美肌成分がたっぷり!その効能は、日本酒以上だとも言われています。
美白化粧水などに配合されているコウジ酸やリノール酸、アルブチン、抗酸化力の高いフェルラ酸や、肌の再生を助けるビタミンB郡などが豊富に含まれていて、酒粕パックにはかなりの即効性を感じられるんだとか。

また、多量のアミノ酸を含んでいることから、保湿効果も抜群。ただ水分や油分を補うだけではなく、加齢によって失われる肌そのものの保水力を助けてくれるそうです。
アンチエイジングにも強力な味方になってくれそうですね。

腸内環境を整え、内側からキレイに

腸内環境を整えることは、健康だけでなく美肌・美髪・脳の活性にも大切なことだと言われていますよね。
酒粕には消化を助ける酵母や食物繊維が豊富に含まれているので、腸をきれいに保つ効果が期待できます。
また、レジスタントプロテインというタンパク質の一種には、コレステロールや脂肪分を吸着して排出する効果があることも確認されていますから、ダイエット効果も期待できそうですよ。

内からも外からも!酒粕で冬も快調

さて、冬の美容にいいとこだらけの酒粕ですが、使い方も簡単。
お湯でゆるめて肌に塗ったり、お風呂に入れたり。食べるときも、そのまま炙って食べるも良し、普段の料理にちょっと加えても良し、と、口に入れればいいだけ!という簡単さ。
そのうえ、1kg500円~というお手頃価格ですから、使わない手はないですよね。

お肌に直接つけて

☆ 酒粕パックの作り方

≪材料≫
・酒粕…100g程度
・ハチミツ…適量(なくても可)
・お湯…適量

≪作り方≫
[1] 酒粕をフードプロセッサーやすり鉢などでつぶしてなめらかにする。

[2] ハチミツを加える。

手順はこれだけ!肌に乗せて15分程度おき、その後洗い流し、普段通りのスキンケアを。
ひじやかかとなどには、上からラップをかぶせるとツルツルに!

美白・保湿効果が高いと有名な酒粕パックは、洗い流した直後に「透明感が出た!」「肌がモチモチ!」と、即効性を感じる人も多くいるようです。

そんなにいいものなら、全身に浴びてしまいたい!ということで、酒粕風呂もおすすめ!

☆ 酒粕風呂で全身ケア

≪材料≫
・酒粕…300g
・布袋

≪作り方≫
布袋に酒粕を入れ、湯船に入れて成分をしっかりと絞り出すつもりでモミモミ。

これだけでOK。粕漬けになった気分で、ゆっくり浸かってください。

酒粕風呂はお肌にいいだけじゃなく、湯冷めしにくいという効果もあるので、冷え性の改善にも一役買ってくれそうです。

そのまま食べても意外とおいしい

酒粕を調理する…って、考えるとちょっと難しそう、手間がかかりそう?って思いますが、意外とシンプルな手順で食べられます。

・ お味噌汁や鍋料理に入れる
・ オーブントースターで焼いてそのまま
・ 酒粕とお酒・砂糖を練り合わせて、粕漬けのベースに

酒屋さんで手に入る大吟醸の酒粕なんかは、そのまま舐めるのが一番おいしいそうですよ!
筆者のおすすめは、クリームシチューに酒粕をひとかけ入れること。酒粕が入っているとはわかりにくいうえ、味に深みとコクが出て、おいしさ倍増です。

甘酒にして飲む

一番簡単で飲みやすいのが、やっぱり甘酒にしちゃうこと。
お湯でゆるめて砂糖を入れるのが定番ですが、美容のためにはもう一工夫を。

・ 白砂糖じゃなく黒砂糖!

精製された上白糖は、体を冷やしやすい、肌トラブルの原因になる、などと言われています。ミネラルが豊富な黒砂糖や、てん菜糖なら、その点も安心です。
ただし、ダイエット目的なら入れ過ぎにはご注意を。

・ ショウガをプラスして冷え対策

甘酒にショウガを入れるのが好き、という人も多いと思います。ショウガにも血行促進作用がありますから、この組み合わせは最強。ぜひとも忘れずに入れてくださいね。

・豆乳や牛乳でまろやかに

甘酒が苦手、飲みにくいという人は、温めた豆乳や牛乳でゆるめると、まろやかになって飲みやすくなります。ぜひお試しあれ!


酒粕が手に入りやすいこの季節だからこそできるお手軽美容法で、おいしく楽しく、冷えも乾燥も寄せ付けないピカピカボディを手に入れてみてはいかがでしょうか?

(文=石村佐和子)

天麗美人占い あなたの美人タイプ 【無料占い】


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集