クリスマスイブにまさかの同棲解消!悲惨すぎて笑えるエピソード8連発

Loading
news_2411

子どもの頃は無条件に楽しかったクリスマス。でも大人になってからは、イブは恋人と過ごさなければ負け組!みたいな風潮にイライラさせられっぱなし…という人もいるかもしれませんね。

こちらもおすすめ>>デートより楽しい!家で、ホテルで…お一人様クリスマスを満喫するコツ

街もレストランもカップルだらけだから、今日は家に引きこもって早く寝ちゃおう。そんなふうに思っているみなさんのため、ちょっぴり切なくて笑えるクリスマスの体験談を集めてみました。これを読んで少しでもストレスを解消できたらいいのですが…。

クリスマスといえばサンタクロース

クリスマスには、子どもたちをはじめサンタクロースを待つ人がたくさんいます。サンタな恋人にまつわるエピソードをご紹介しましょう。

◎「元カレは毎年クリスマスにサンタのバイトをするからといって、一度も一緒に過ごしたことがありませんでした。子どもたちに夢を与えるのが好きなんだなぁと微笑ましく思っていたら、実はどこの誰だか知らない女のために毎年サンタになっていたことが判明!付き合ってた時間を返してほしいです…」(30代)

自分の彼氏は素晴らしい人だと思っていたときほど、ショックは大きいですよね。サンタクロースの名を利用して浮気するなんて…。

◎「私の彼はぽっちゃり。本当は細マッチョが好みですが、長年付き合ってて居心地がいいのです。そんな彼が仕事でサンタの格好をしたら、誰よりも似合い、子どもたちにも大人気。そのときだけはほっこりしましたが、残りの364日は正直“ダサイな…”と思っています。友達に彼氏の写真を見せると、みんな“優しそう”としか言わないから、誰かに盗られる心配はなさそうですが…」(30代)

モテすぎて浮気するイケメンより、優しいぽちゃ男のほうが200倍“いい男”だと思います。それにサンタクロースのような彼なら、きっとあなたを幸せにしてくれるはず!

自分史上、最悪のクリスマス

クリスマスはどうしてもいろいろなことを意識してしまう時期。だからこそ生まれた悲しいエピソードをご紹介しましょう。

◎「同棲してた元カレとクリスマス直前に破局。イブの夜に私と一緒にいるのが耐えられなかったのか、彼は24日の昼間に荷物を運び出し、去って行きました。ひとりぼっちのクリスマスイブ。やたら部屋が広く感じて切なかったです」(30代)

別れたら、一緒にはいられないのがクリスマス。元カレの別れるという気持ちの本気度がひしひしと伝わってきますね。それにしても、これはツラい…。

◎「結婚を意識していた彼を追い、上京して3ヶ月経った頃のこと。クリスマス3日前の自分の誕生日に、プロポーズを期待していました。いよいよ訪れた当日、彼が言ったのは“ごめん。他に好きな子ができた”。終わった恋の傷を癒しにひとり旅に出たものの、クリスマスなのでやっとのことで予約したビジネスホテルはボロボロ、街はカップルだらけで、何重にも打ちのめされました」(30代)

クリスマスにひとりで出かけると、数え切れないほどのカップルが目に飛び込んでくるもの。想像以上に強いダメージを受ける、ということをお忘れなく…。

◎「遠距離恋愛中、クリスマスの日にサプライズで元カレの住む東京へ!家に着くと彼の姿はなく、結局朝まで帰ってきませんでした。仕事だと言い訳してたけど、真相は不明です。夜の2時まで部屋の前で待ってたせいで、その後高熱に見舞われ、年末年始は布団の中で過ごすハメに…」(30代)

これまた、とんでもないダメージを受けそうな体験だなぁと。彼が自分を大事にしてくれる人か、見極めてからクリスマスを迎えたいところですね。

◎「12月中旬、彼に買い物に誘われ、アクセサリーを見に行きました。てっきり私へのプレゼントだと思い、クリスマスデートを楽しみにしていた私。でも、当日は何のプレゼントもなく、レストランで食事をしたのみ。あれ?と思ってたら、私が選んだピアスは別の女の子にあげていたことがわかりました。ありえない!」(20代)

その状況で自分へのプレゼントじゃないなんて…。「下見」は要注意です!

クリスマスにデートはできても…

クリスマスに恋人とデートができるならいいわねと思っているあなたも、これを読んだらひとりのほうがマシと思うかもしれません。

◎「仕事が忙しく、付き合って5年の彼をほったからす形になっていたある冬。彼に“話し合おう”と言われ、やっとのことで時間が取れたので会いに行ったら、スーツ姿の彼が鬼の形相で“何その格好?”と一言。その日がクリスマスイブだったことに気づかず、私は普段着のままプレゼントも持たずに行ってしまったのです。そんな私に彼は激怒し、ケンカになってそのまま破局。彼は“お前のせいだ。バ~カ!”と言い捨てて去っていきました」(30代)

そんな捨てゼリフを聞いたら、自分が悪いと思っても冷めてしまいますね。クリスマスは相手の本性が見える日でもあるようです。

◎「クリスマスに、春に挙式する予定のホテルの宿泊予約をし、結婚式の打ち合わせも入れていました。その打ち合わせで彼と意見が食い違い、思いのほか揉めて5時間もの長丁場に…。ぐったり疲れた彼に“もう結婚したくない”と言われてしまいました。グレードのいいお部屋を予約していたのに、喧嘩状態のままクリスマスは過ぎ、ディナーの味も覚えていません」(20代)

本来なら最高に幸せな時期のはずなのに、つらいクリスマスでしたね…。その後、ふたりがどうなったのかが気になります。

終わりに

そういえば、クリスマスイブにはカップル入店禁止の飲食店もあるそうです。理由はスタッフの精神的なダメージが強いからとのこと。その気持ち、なんかわかるわ。

クリスマスなんてなければいいのに!というみなさん、リア充たちのつらいエピソードはいかがでしたか?多少は気がまぎれた、と思っていただけたなら幸いです。

とりあえず今日、明日が過ぎればクリスマスは終わります。来年のクリスマスまでには、きっといいことがあるはず!そう信じて強く生きていきましょうね。

ライタープロフィール

sacchi
異色の経歴をもち、現在は一児の母とピアノ講師、ハンドメイド作家をかけもちするライター。音楽、美しいものや可愛いもの、綺麗な景色などが特に好きで、何にでも好奇心旺盛なアラサー女子です。人やものとのさまざまな出会いの中で、さらに人間を磨いて日々精力的に活動中。


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 柴田淳の恋愛コラム
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 鈴木蘭々の開運旅行術
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • 占いコレクション
  • タロット占い特集