「食べるエステ」マスカットの手作りワインで、今すぐ彼を虜に!【恋占ニュース】

Loading
news_914

彼にもっともっと愛されたいなら、触れたくなるような美肌を作るため、素肌磨きをするのが先決。メイクを頑張るのも大事ですが、基礎がしっかりしていないと、彼が至近距離に来たときに「見ないで」っていう気分になってしまうかもしれません。

エステに通うとお金がかかるし、有名ブランドの基礎化粧品にも手が出せない…なんて悩んでいるなら、体の中からキレイになれる「食べるエステ」を取り入れてみましょう!

「食べるエステ」マスカットの魅力

この時期おすすめなのは、旬の「ぶどう」。特にマスカットには美容成分がたっぷり含まれていて、血行を促進させる、肌の酸化を防いで肌に弾力や潤い・透明感を与えてくれるなど、女性にうれしい効果をもたらしてくれます。
マスカットを原料とした各種の化粧品が販売されていることからも、その作用がイメージできるのでは?

ちなみにマスカットの旬は、一般的には9月頃までと言われていますが、地域・種類によっては10月下旬まで出荷されています。

ぶどうは好意や信頼を表すフルーツ

ぶどうの花言葉は「好意」「信頼」「思いやり」「親切」など。ぶどうを食べると彼との仲が親密になる、という説もあります。
ぶどう科のフルーツには、月ごとの花言葉もあるので、2人の関係性やあなたの願いにぴったりのものを選んで食べると、より絆を深められるかもしれませんね。

月ごとのぶどうの花言葉

・1月・・・ネオマスカット
『月の女神の甘い吐息』

・2月・・・甲斐路
『時に気まぐれな春の囁き』

・3月・・・ピオーネ
『尖っていないでまあるくまるく』

・4月・・・デラウエア
『家族で集う幸せ 』

・5月・・・ロザリオ・ビアンコ
『あなたといると心地よい緊張感』

・6月・・・巨峰
『ほっとする、私の居場所』

・7月・・・キング・デラ
『大人になっても、あなたはあなた』

・8月・・・藤稔(ふじみのり)
『背伸びしてみる、遠い未来』

・9月・・・赤嶺(せきれい)
『まばゆいほどの憧れ』

・10月・・・マスカット・ベーリーA
『抱きしめると君はワインの香り』

・11月・・・バラディー
『そっとふれたあなたの手のぬくもり 』

・12月・・・甲州
『あなたをずっと想っています』

ちょっぴり贅沢なワインはいかが?

ここで、美肌作りに最適なマスカットのレシピをご紹介!
マスカットはそのまま食べるほか、ケーキのトッピングにしたり、ゼリーやヨーグルトに入れたりしてもおいしいですよね。

今回は、ちょっぴり贅沢気分が味わえる、マスカットワインの作り方をお届けします。

誰と楽しむ?マスカットワイン

≪材料≫
・マスカット・・・お好みで
・水・・・250~300ml
・白ワイン・・・50ml
・砂糖・・・60g~
・ゼラチン・・・5g
・レモン汁・・・大さじ1~2

≪作り方≫
1. 30mlの水にゼラチンを入れ、ふやかす。

2. マスカットにナイフで切り込みを入れ、きれいに皮をむいて中の種を出す。

3. 鍋に水と砂糖を入れ、砂糖が溶けたらワインを加える。

4. [3]の鍋に[1]のゼラチンを入れ、火を止めてからレモン汁を加えて混ぜる。

5. ボウルに氷水を張り、[4]の鍋を冷ます。

6. グラスにマスカットを入れ、[5]のワインを注ぐ。

7. 冷蔵庫で冷やす。

☆お酒が苦手な人は、ワインをしっかりと熱してアルコール分を飛ばすか、炭酸水でトライしてみましょう。
巨峰で作るなら、赤ワインとの相性が抜群。こちらもおいしいですよ!

おもてなしにも最適なので、家飲みをするときに出してもいいかもしれませんね。
もちろん彼と飲んでも◎

マスカットワインで美肌作りに勤しみつつ、ちょっぴり贅沢な雰囲気を演出。そして、ほろ酔い気分の彼といい感じに…。これぞ一石二鳥、三鳥と言えそうです!

(文=saki-R)

あの人が惹かれる異性【無料占い】


 

この記事の関連キーワード

HOT TOPICS

こちらもおすすめ

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード