アロエベラでモテ美肌!お手軽レシピ&お風呂での活用法も【恋占ニュース】

Loading
news_868

ヨーグルトやグミなどのお菓子で知られるアロエ。普段、何気なく口にしている食品にも含まれているかもしれませんね。

それでは、「アロエベラ」はご存知ですか?
えっ、それ何?いわゆるアロエと何か違うの?芸能人やアスリートにも人気のアロエベラが注目されている理由、使い方などをご紹介します!

■アロエベラってどんなアロエ?

アロエは大きく2種類に分けられます。1つは薬用アロエ、もう1つは食用アロエで、「アロエベラ」は食用に含まれます。
他のアロエと比べて葉が大きいので、食用に扱いやすいのも特徴。苦味が少なく、そのまま刺身にして食べられるくらいクセのない食材です。

他にも食用アロエはいくつかありますが、どれもクセがあり、アロエベラほど食べやすくはありません。キダチアロエも有名ですが、苦味があり、果肉の大きさはアロエベラの半分以下。それだけでもアロエベラは食用として扱いやすいということがわかるのではないでしょうか。

■アロエベラの美容効果

美白や保湿、紫外線を防ぐ作用、新陳代謝を高める作用など、女性にうれしい効果がたくさん。シワやたるみを防いでハリのある肌にする、アトピーやアレルギーを予防する、などの効果もあると言われています。老化防止や毛髪ケアにも役立つそうなので、ぜひ積極的に取り入れてみましょう。

■どうやって使うの?

アロエベラはサラダやスープ、スイーツの食材として使えます。
でも、あのサボテンのような見た目のアロエを調理するって…ちょっと勇気が要りますよね。

ということで、アロエベラの果肉部分と皮とをカットする方法を解説しましょう!


【アロエベラのカット方法】

1. アロエベラの生葉を包丁で、4~5cmの間隔で切る。

2. 両端にトゲがあるので切っておく。

3. 表側の皮部分に包丁を当て、横にスライドさせながらカットし、反対側の皮は手でむく。

アロエベラの果肉はヌメリがあるので、水で洗い流しながら作業するとカットしやすいですよ。または、軽くゆでてから調理するのもオススメ。青臭さが消えるし、衛生面でも安心です。

ここで、アロエベラを使ったおいしいレシピをお届け!


【アロエベラのコンポート】

≪材料≫
・アロエベラ・・・3本~
・砂糖・・・大さじ5~
・レモン汁・・・お好みでOK

≪作り方≫
1. アロエベラの下処理をする。皮と果肉に分けておく。

2. 果肉部分をぶつ切りにし、沸騰したお湯に入れてヌメリを取り、ザルに上げて水気をきる。(ヌメリが気にならないならこの工程は省いてもOK!)

3. 鍋にアロエベラと砂糖・レモン汁を入れ、弱火で10分程度煮る。

4. 粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。

さっぱりとした味で、そのまま食べても良いですし、ヨーグルトに入れればよりおいしくいただけますよ!


■残った皮部分も有効利用で美しく!

果肉を食べたら、皮はゴミ箱に……いいえ、ちょっと待って!
実は皮の部分にも、美容成分がたっぷり含まれているのです。

アロエベラの皮をガーゼやネットに入れ、中身が出ないようにしてお風呂に浮かべてみましょう。これだけでお肌がスベスベ。アロエの有効成分がお湯に溶け出すので、とっても有意義なバスタイムになるはず。

いかがでしたか?
アロエベラはあらゆる料理に使えて食感も楽しいので、ぜひいろいろ試してお気に入りのレシピを見つけてみてくださいね。
一度試したら、その効果に魅了されてしまうかも!?

(文=saki-R)

彼のリクエスト料理でわかる!つきあうためにあなたが我慢してること【無料占い】


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集