2016.09.10

『ゴースト』『タイタニック』20~40代男女に聞く、秋の夜長に観たい恋愛映画

Loading
news_2191

日中はまだまだ暑いけれど、朝晩はめっきり涼しくなってきましたね。
なんとなく人恋しい秋の夜長、もの寂しさを吹き飛ばすためにも恋愛映画を鑑賞してみてはいかがでしょうか?

こちらもおすすめ>>天秤座は○○の夢を見たら「運命の相手」に会える?~映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』

この時季観るなら、笑って泣けるラブコメディ?それとも、どっぷり浸れる濃密なラブストーリー?20~40代の男女にアンケートを取ってみました。

とにかくキュンキュンしたい派

・「『世界の中心で、愛をさけぶ』『恋空』が観たい。どちらも悲恋というか、結末が切ない恋愛系です。秋の少しもの悲しい雰囲気にちょうどよくリンクしそうだし、作中に冬も出てくるため季節も合いそう」(20代・女性)

一世を風靡した『セカチュー』と10代の女子に圧倒的な支持を受けた『恋空』。なんともいえず懐かしいですね。

・「『君に読む物語』です。最後泣けます」(30代・女性)

・「久々に『恋人たちの予感』。好きなんです」(40代・女性)

切なく、そして微笑ましいエンディングを迎える『君に読む物語』、11年にわたる愛と友情の軌跡を描いた『恋人たちの予感』…いずれも涙なしには観られない作品です。ひとしきり泣いて、心のデトックスをするのにいいかも。

あの名作に浸りたい派

・「『ゴースト』です。子どものころからTVで観てきましたが、何度観ても面白いです。特にウーピー・ゴールドバーグ演じるインチキ霊媒師がいい味出してます」(30代・女性)

陶芸家であるヒロインが亡き恋人の存在を感じつつ、ろくろを回すシーンが忘れられない!という人も多いのでは?

・「『ロミオとジュリエット』です。今観ても楽しめそう」(30代・女性)

不朽の名作『ロミオとジュリエット』!オリヴィア・ハッセーがジュリエットを演じた1968年の作品とレオナルド・ディカプリオが主演した1996年の『ロミオ+ジュリエット』、みなさんはどちらがお好みでしょうか?

・「『ラブ・アクチュアリー』。 さまざまな愛の形が見れる、心温まる映画」(20代・男性)

クリスマスが近づくと、つい観たくなるこの作品。年齢も職種もバラバラな19人の男女が織りなす恋愛模様を描いたハートウォーミングなラブストーリーに釘づけ!

笑ってスッキリしたい派

・「『ブリジットジョーンズの日記』。甘ったるい恋愛映画には興味がないが,これなら面白いので見られる」(30代・女性)

世界中の女性の心をつかんだこの作品。なんと今年10月にシリーズ第3作が公開されるそうです。アラフォーになったブリジットを映画館で拝む前に、DVDで1~2作めをおさらいしておきたいところですね。

・「『プリティ・ウーマン』。大好きな映画だから」(30代・女性)

ジュリア・ロバーツの出世作にして、これまた女性の圧倒的な支持を得た大ヒット作。現代版のシンデレラストーリーにうっとりした女性も少なくないでしょう。観れば自然と恋する気持ちを高められそう。

・「『Mr.&Mrs.スミス』です。何回観ても楽しいので。スカッとして次の日も頑張れる」(30代・男性)

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーはこちらの作品がきっかけでお付き合いを始め、結婚したとか。アクション満載、クールなのに笑えるこちらの作品、確かにスカッとしたいときには最高です。

ちょっとコアな作品が好き?派

・「暗いですが『死んでもいい』。名作です」(30代・女性)

大竹しのぶと永瀬正敏による、不倫を題材とした映画。ある日を境に二人の人生の歯車が狂い出し…深まる秋をつつ、大人のラブストーリーにドキドキしてみては。

・「『パーフェクト・センス』。パンデミックが主題だけど、それに翻弄されながらも愛し合う男女が描かれていて、いろいろ考えさせられる作品」(30代・女性)

人類存亡の危機が迫る中、巡り合った男女の恋の行方を描く恋愛ドラマです。これぞ究極の吊り橋効果?「愛とは何か」を改めて考えさせられるかも。

やっぱり?『タイタニック』派

・「タイタニックです。この時期はどうしても見たくなります」(20代・男性)

・「ベタですが『タイタニック』ですかね。当時パンフレットじゃ飽き足らず、ポスターまで持っていました」(30代 ・女性)

・「『タイタニック』。秋の夜長に、一人で浸りたいです」(40代・女性)

想像以上に人気だったのがこの作品。この頃のレオ様は本当に美しかったですよね。コメントを読んでいたら、もう一度観たくなってきました。

終わりに

みなさんは秋になると、どんな映画を観たくなりますか?
もし「特にないな」という場合は、上記のコメントを参考にお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

ぜひおいしい飲み物を用意し、映画の世界に浸って恋する気持ちを盛り上げてくださいね。

ライタープロフィール

Kawauso
紙媒体とWeb媒体を行ったり来たり。お酒、本、映画、旅をこよなく愛する独女。次に行きたい所はチリとペルー。あとブータン。


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集