秋の肌ダメージに負けない!化粧品・食品…体の内外からのトリプルスキンケア【恋占ニュース】

Loading
news_2183

夏休みも終わり、台風がやってくる時期になると、季節だけではなくお肌の状態もとても不安定になります。

夏から秋への季節の変わり目に、肌トラブルや肌荒れを起こさないように、そろそろスキンケアを見直しましょう。

こちらもおすすめ>>むくみ顔スッキリ!メイクのりが劇的に良くなる朝夕の緊急ケア

秋の肌の特色

この時期は、朝晩の温度差が次第に大きくなり、湿度も下がり始めます。真夏と同じようにクーラーをつけっぱなしにしてしまい、風邪を引いたり体調をくずしたりする方も多いですよね。

もちろん、肌も敏感に季節の変化を感じとっていますので、早め早めのケアが大切です。肌は紫外線によるダメージで、見えない部分の細胞にも傷がついていたり、メラニン色素を増やそうとしたりしています。

小さなシミや小じわが目立ち始めるのも、この時期に多いこと。

それに、アレルギ−体質の方は、秋の植物の花粉などの影響でかゆみや湿しんなどのトラブルも起こります。

<秋の肌の特徴>

・少しずつ乾燥しはじめる
・シミ、色素沈着、小じわなどが出てきやすい
・かゆみなどのアレルギ−症状が出る
・ターンオーバー(皮ふの生まれ変わり)が乱れるので肌のくすみ、ごわつきが出やすい
・老化角質が毛穴に詰まり、ニキビができやすい

おすすめの毎日のスキンケア

特に気をつけてほしいのは、夏の間に浴びてしまった紫外線のダメージの回復。そして、乾燥し始めるので保湿を重視したスキンケアです。

朝晩は少しすずしくはなりますが、日中の紫外線の量はまだまだ多いので、夏に引き続き紫外線を防ぐための「UVケア」には気を抜かないでくださいね。
日焼け止めクリーム、日傘などもお忘れなく。

また、この時期には小さなシミの赤ちゃんが産まれやすいので、美白ケアも夏と同じように行うようにしましょう。紫外線によるダメージと気温や湿度の変化による乾燥対策のため、保湿にも気をつけて。

<毎日のスキンケア>

・UVケアは夏場と同じように行う
・美白ケアも念入りに行い、もしも小さなシミなどを見つけたらスポットケアを早めに行うと効果的
・保湿力を高めるために「セラミド」配合の美容液やクリームをプラスすると良い
・角質ケアを週1~2回行う(ピーリング、パック)
・入浴中に洗い流すタイプのパックを行うのがおすすめ(酵素、泥など)

内面から効くスキンケア

化粧品によるスキンケアももちろん大切ですが、この時期は内面からのケアもプラスしましょう。

秋は食べ物がとてもおいしい時期なので、いろいろな食材を食べると肌も喜びます。
旬の野菜やくだもののなかでも、高酸化作用があり美肌効果が高いもの(ブロッコリー、かぼちゃ、れんこん、ブルーベリー、紫いもなど)を選んで食べると良いですよ。

そのほかに、心のリフレッシュやリラクゼーションも美肌には効果的です。たくさん感動すると、心が充実して肌もイキイキとします。それに、うれし涙や感動の涙を流すことでも、副交感神経が刺激されて、心身ともにリラックスできるのでおすすめ。

もちろん、胸がキュンキュンする恋愛映画を観て、流す涙は最強のスキンケアになります。

ただし、くやし涙や怒りの涙は感情が高ぶり、興奮の神経である交感神経が優位になるので、逆にストレスがたまり肌荒れの原因となることも…。

ちなみに、良い涙は、さらさらと水っぽくてあまりしょっぱくはなく、悪い涙は少ない量でしょっぱいんですよ。なめて確認してみるとよくわかります。

終わりに

いかかでしたか?
秋のスキンケアは、化粧品プラスおいしい食事…。胸キュン&感動いっぱいの涙のスキンケアも併せて、どうぞ試してみてくださいね。

ライタープロフィール

バニラ
美容業界に30年近く関わり、エステテティシャン、カウンセラー、サロンオーナーなど常に第一線でお客様と接する。現在は美容系、メンタル系の資格や経験を活かし、講師やコンサルティング業の他に、美容スペシャリスト&ライターバニラとして活動中!
ブログ:バニラの部屋
Twitter:バニラ@vanilla0717


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集