2016.07.26

結婚は人生のチャンネルを変える最大のチャンス?~池内ひろ美さん提唱の「とり婚」で幸せになる!(前編)【恋占ニュース】

Loading
news_2052

いつかは結婚したいけど…。できれば子どもも産んでみたいけど…。そんな独身女性の言葉の裏には、「何がなんでも結婚しなくちゃいけないわけではない」という本音が見え隠れしているように感じます。

焦燥感にいまひとつ欠ける彼女たちに「本当にそれでいいの?」と発破をかけるのは、夫婦・家族問題コンサルタントの池内ひろ美先生

『とりあえず結婚するという生き方 - いま独身女性に考えてほしい50のこと。』 を出版し、「結婚は素晴らしい体験、一度くらいは結婚してみてほしい」と未婚女性にエールを送る先生にお話を伺いました。

後悔しないために結婚を経験してほしい

専門家として長年に渡り第一線で活躍を続け、離婚話のもつれや嫁姑トラブルなど、結婚のイヤな部分を誰よりも熟知しているであろう池内先生が、結婚の魅力を謳うのはちょっと意外な気もします。その真意を確かめるべく、インタビューをスタート。まずはこちらの質問から。

シングルを貫く女性や、バツイチ、バツニの女性は今や珍しくない存在です。社会人として自立し充実した人生を過ごせれば、結婚にこだわることもないはず。なぜ今、結婚を勧めるのでしょう。

池内先生:「結婚しなさいなんて口うるさく言うと嫌がられるのは、わかっています。でも訴え続けなければいけないと思って。一度も結婚しなかった女性が後悔する姿を、いやというほど見てきたからです。
結婚だけなら何歳になってもできますが、妊娠・出産には期限があるでしょう。産まないと決めた人はいいけれど、産みたかったのに機会を逃した方たちの後悔はとてつもなく大きいんです」

確かに女性の場合、タイムリミットがありますね。でも仕事に生きがいを感じていたり、結婚には至らなくても素敵な恋愛を重ねたりすることで、結婚への未練を昇華させられるのでは。それとこれとは別物なんでしょうか?

池内先生:「後悔する方は仕事も恋愛もひと通りのことを全て経験してきて、ふと足を止めた時に自分の中に圧倒的な欠落があることに気づくんです。そうなると、他の何かで気持ちを納めることはできません。自分への恨みが募り、その苦しみは大変なものになります」

だから然るべき年齢の間にとりあえず結婚してみましょうよ、ということなんですね。
この「とりあえず結婚」、略して「とり婚」は、決して相手は誰でもいいから結婚せよ、選り好みしないで妥協せよ、ということではありません。

先生によれば、あまり難しく考えずに軽い気持ちで試してみよう、という意味での「とりあえず」なのだとか。
後でもっといい人が現れるかもしれないけれど、そんな不確実な可能性にかけるよりも、今目の前にいる、気の合う彼と結婚してみよう。ダメだったら結婚を解消すればいい…なんてふうに。

「とりあえずビール」のような感覚で

例えばの話、飲み会で最初の一杯を何にするか決められず、いつまでも悩んでいたら、お店の人もその場にいるメンバーも困ってしまうでしょう。
そういうときは「とりあえずビール」とオーダーして、おいしければビールをおかわりすればいいし、気にいらなければ脇にグラスを置いて別のものを頼むのが大人の女性、と池内先生。

さらに「とりあえず」は、結婚を先送りすることへの警鐘でもあります。結婚を意識する相手がいるにも関わらず、「仕事がひと区切りしてからでないと」「まずはお金を貯めなくちゃ」「家事が全然できないから、先にそのスキルを上げなければ」といった不安要素を理由に、結婚を踏みとどまっている人が多いのだそう。

池内先生:「漠然とした不安を理由に先送りしているとしたら、考えるだけ無駄です。その方たちは、結婚するための条件・環境を事前に整えなければいけないと思っているんですよね。それでは順序が逆です。
まずは結婚してみる。できないことやクリアしなければならない課題は、それから解決に当たればいいんです。“とりあえず”という言葉の本来の意味は“他のことはさしおいて、まず第一に”なんですよ」

要は全てにおいて完璧な人なんてどこにもいないということ。結婚するに値する女性に成長し、満を持して花嫁に!などと思っているうちに、千載一遇のチャンスを逃してしまった…そんなことだけはないようにしたいですね。

結婚したこと自体を後悔する人はいない

女性には自分の人生やキャリアを見つめ直したり、自分探しを始めたくなったりする時期があるもの。これからどのようにキャリアパスを築いていくか、新しいことに挑戦していくかを考える際、結婚は後回しにされがちです。

家庭と仕事の両立、出産・育児期のキャリアの中断などがマイナス要素に見えてしまい、「結婚は私の足を引っ張る」と思う人もいるのでは。

でもそれは勘違い。「実は、結婚ほど劇的に自分を変えてくれるものはないんですよ」と池内先生は力強く仰います。

池内先生:「仕事によって自分のステージを上げるのももちろん素晴らしいこと。でも、結婚は全く異なるベクトルで、比較的容易にステージを変えられるビッグチャンスなんです。
例えば一人で年収1千万を達成するのは大変でも、二人ならぐっと現実味を帯びるでしょう。さらに言うと、一人では生まれ育った所とは違う環境を手に入れるのは困難。でも結婚すれば、瞬時に異なる環境を得ることができますよね」

結婚を機に、今まで自分には無縁だと思っていた世界に自然と足を踏み入れたり、妻や母親という新たな役割を得たことで、思いもよらない発見をしたりするケースもあるはずです。

気ままな一人暮らしに慣れきってしまい、他人との生活が苦痛としか思えなくても、一緒に暮らしてみたらそんな心配は杞憂だったと感じる。家事や育児は向いてないと考えていても、いざやってみたら、自分の主婦としてのスキルの高さに驚く…など、結婚しなければ気づかない才能や嗜好が開花することも。
そこだけ取ってみても結婚って素晴らしい経験ですよね?

これまでの人生で形成された生活習慣や価値観を打ち破るには、相当強い信念を要するものですが、結婚に限っていえば、従来の自分なら排除してきたであろう異分子を受け入れることもそう難しくなさそうです。

池内先生:「異なる価値観を自然に受け入れることができるのも、結婚のいいところなんですよ。そして、それがどうしても無理だと思った時にはやめればいいんです。
なお、これはぜひ皆さんに知っておいてほしいのですが、離婚した女性で、結婚したこと自体を後悔する人はまずいません。なぜなら誰かと寄り添って暮らすことの良さを知っているから。
あとアラフォー、アラフィフになると、同じ独身でも、一度も結婚していない女性より結婚を経験している女性のほうがモテます」

誰でも、結婚生活がどんなものだったとしても、その経験によって確実に成長しているんですね。たとえつらい思いをして離婚に至った場合でも、結婚前の自分とは違うステージに立っているし、元の場所に戻ることはないわけです。

池内先生によれば、一度得た役割というのは失われることがないそう。妻となること、元妻になったこと、新たな人の妻になること。全てが役割であり経験だと言います。どの役割も失われることなくどんどん増えていって、役割が人を成熟させるのだと教えてくださいました。

結婚をメリ・デメで語るのは幼い証拠

「この人と結婚しよう」と思うのって、どんな瞬間なのでしょう。優しい人だから?趣味が合うから?容姿が自分好みだから?どれも決定打というにはインパクトに欠ける気もします。
決め手はいったい何なのか。既婚の友人にその質問をしたことがある人は多いはず。そこで池内先生にも聞いてみました。

池内先生:「残念ながら、そういう質問をする女性は自分を客観視できていないんです。発想が幼くて“私の場合は”という視点で捉えることができないから、サンプルを取って自分に当てはめようとするのでしょう。
一方“私の場合は”と考えられる人はそれなりに自分に自信もあるし、客観視もできるので“あなたの場合はどうなの?”と聞くことはあっても、自分事として他人の結婚の決め手に興味を持ったりはしません。それはその人の経験であって自分とは無関係なのですから」

厳しいご意見ですが、仰る意味はよくわかりますね。友人がどんなに素敵な男性と結ばれたとしても、それは彼女にとっての幸せであって、自分に置き換えても意味がないということ。
自分が結婚する相手に何を求めるか。その答えは“私”自身が見つけるしかありません。

結婚にまつわるもう一つのあるある的疑問が「結婚のメリットって何なの?」。
きっと幸せなんだろうなと想像しても、ふと既婚女性に目をやると、ダンナに対する不満、子育ての苦労、経済的な問題、姑との関係、仕事と家庭の両立の難しさ…と愚痴のオンパレードで、本当に結婚っていいものなの?と疑いたくなってしまうことも。

池内先生:「家庭を持っている女性は大変なのよ、忙しいのよ、と絶えずこぼしているかもしれません。でも彼女たちはこれ以上ないほど幸せで、満たされているんです。お子さんがいる場合は特に。
子どもというのは実は、今の若い女性が欲しがっている“承認欲求”を最も満たしてくれる存在なんですよ。でもそれは結婚してみなければわからないこと。そもそも結婚をメリット・デメリットで語ること自体、とても幼いと思います」

大変そうな様子ばかりが目立つ既婚女性の愚痴の数々は、満たされているからこそ、妻や母親としての役割を得たからこその呟き…。
結婚してみなければわからない。池内先生の「一度は結婚してみてほしい」という想いの理由が徐々に明らかになってきました。

(文=石橋真理)

次回予告

実際に「とり婚」=「とりあえず結婚」するべく、結婚相手を見つけるための具体的な方法について伺います。

『とりあえず結婚するという生き方 - いま独身女性に考えてほしい50のこと。』 (ヨシモトブックス)

★書籍プレゼント★

『とりあえず結婚するという生き方 - いま独身女性に考えてほしい50のこと。』を2名様にプレゼントします!

応募は終了いたしました。

ご応募期限:2016年8月16日(火)

池内ひろ美先生監修のオトナの恋愛サイト。恋愛の常識・非常識やマナーをアドバイスします。

スマートフォンサイト

大人の恋愛偏差値

★おすすめメニュー★
・友達から恋人への変化がわからない
・あなたは結婚後にどう変わる?
・私は尽くすのと尽くされるの、どちらが向いている?

監修者紹介

池内ひろ美

東京家族ラボ主宰
1961年岡山市生まれ。夫婦・家族問題評論家。夫婦・家族問題コンサルタント。
メディエーター。日本ペンクラブ会員。栄中日文化センターはじめ新聞社系文化センター講師。
池内ひろ美オフィシャルサイト


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集