2014.05.03

日本人はH大好きな民族!?江戸文化から日本のエロのルーツを探る【恋占ニュース】

Loading
news_655

現在、東京・上野の国立科学博物館で特別展「医は仁術」が開催されています。

こちらは日本の近代医療の黎明期…そう、大沢たかおさん主演のドラマ『JIN-仁-』(TBS系)の舞台となった江戸時代から現代にわたる医療の発展の流れを紹介。そして、その中に脈々と受け継がれている我が国特有の「思いやりの文化」に触れる、といった実に壮大で感動的な内容の展覧会です。

エッチは悪病の元?

この展示の見どころの一つとして、「飲食養生鑑」「房事養生鑑」という一対の錦絵があります。
これは臓器の働きを擬人化して、体内の様子をコミカルに描き表わしたもの。
当時、悪い病気は飲食と房事(性生活)の不摂生で起こる、と考えられていたことから、その二つを正して健康に長生きしよう、といった趣旨で描かれ、大衆には大変な人気を博したのだとか。

房事とは閨房(けいぼう)での行為、まぁ要するにエッチのこと。なんですが、エッチを節制しよう!と声高に言っちゃうなんて、江戸時代の人ってどんだけお盛んだったんでしょう?
そりゃテレビもゲームもない時代ですから、確かに夜の楽しみといったら一つしかないような気もしますが…。

ご先祖様たちがどんな性生活を送っていたのか、ちょっと興味が湧いてきました!

長生きしたけりゃHを我慢!?

現代では「良いセックスは健康を増進する」「我慢は良くない」とまで言われていますが、当時は「年齢に応じて、適正な回数で致すことが長寿の秘訣」と考えられており、やりすぎは精力を削ぎ、老化を早めてしまうと戒められていたようです。
江戸の学者、貝原益見は著書「養生訓」に

・20代では4日に1回
・30代では8日に1回
・40代では16日に1回
・50代では20日に1回
・60代では性交しても射精しないほうが良い、どうにも元気な人は月に1回程度…

と、漢方の医学書から引用しています。
回数少なっ!と思うか、まぁこんなもんかと思うかは人それぞれだとは思いますが、単に禁欲すればいいと言っているわけではなく、ほどほどにしなさいよ、ということみたいですね。

現代でも、東洋医学では「房事過多」、いわゆるやり過ぎは「腎虚」という深刻な症状をもたらすと言われています。
具体的には、「肌はかさつき目の力は失われ、髪は真っ白になり頭の中はぼんやり」、いわば精気を失った状態になって早々と老け込んでしまうんですって。豊臣秀吉の死因は腎虚だった、という説もあるくらいですから、笑っちゃいられません。

今は当時に比べると栄養状態が格段に良くなっていますから、失われた精力を食べ物や薬で補うこともできますが、毎日毎晩…とか一晩に何度も…というのはオススメできることではない、とのこと。
ラブラブだと、ついついお互い求め合ってしまうものですが、若さを保つためには時には禁欲も必要なのかも!

四十八手は江戸時代に確立された!

江戸時代には相撲の決まり手は48種類あり(現在は70手)、それにちなんで様々な物事を48で一括りにすることが多かったそうです。

洒落好きな江戸っ子のことですから、当然夜の生活だって、あんなことやこんなことの48種類を集めてみようぞ、と考えた…かどうかはわかりません。が、おなじみの「松葉崩し」を始め、「乱れ牡丹」とか「窓の月」など、どの体位にも小洒落た名前がつけられていて、当時の人々は試行錯誤しながら毎晩楽しんでいたんだろうなぁ、と、なんだかニヤニヤしてしまいます。

ちなみに、それより前の時代では男女の営みはほとんどが後背位、いわゆるバックだったという説もありますから、当時の人々の研究熱心さがひしひしと伝わってきます。
戦乱もなく平和が続いた時代だからこそ、性文化が充実したと考えて良さそうですね。
ところで、みなさんはこの四十八手、いくつ知っていて、どれを経験したことがありますか?って、これじゃ女子会のネタか。

とまぁ、エロ目線でここまで引っ張ってしまいましたが、江戸時代の人々がアッチのことばっかり考えていた、ってわけではないんですよ。
彼らの教えは房事に限ったことではなく、衣食住全般、そして男女の性愛も、我欲にとらわれず自分をコントロールしながら暮らすこと、何より日々を楽しむことが大切……。それが一人一人の心身の健康につながり、やがて未来へと命をつないでいく希望になるのだ、というお話なんじゃないかなと思います。

そんな、人が人を思う心の温かさを今一度噛みしめることのできる、特別展「医は仁術」。
機会があれば、お一人ではもちろん恋人・友人・家族など、大切な人と一緒に見に行ってみてくださいね!

「医は仁術」~会期は6月15日(日)まで。

ライタープロフィール

石村 佐和子
エディター・Webディレクターを経て、結婚、出産後、フリーライターに。微妙に偏った恋愛経験を持つ、アラフォー二児の母。好きなことはモノ作り、工場見学、カフェ巡り。将来は陶芸などしながら優雅に暮らしたいと目論んでいます。
記事一覧へ

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 【ラブスペル~恋を叶える魔法のフレーズ~】連載一覧
  • もちこの「大事にされない恋愛をくり返す理由」
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 向理来×Hoshi「禁断♡男の本音トーク」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集