2014.04.20

「結婚能力」って何?~30代既婚女性が証言!結婚に向く男性の選び方【恋占ニュース】

Loading
news_637

明治大学には、「婚育プログラム」なるものがあるそうです。これは文学部教授で心理学者の諸富祥彦氏が作成した「結婚能力」を育成するためのプログラム。

また、NPO法人 日本結婚教育カウンセラー協会は、思春期の男女や結婚を考えている人、その両親までをも対象とした「婚育講座」というワークショップを開講。新しい家庭を作るにあたっての心構えなど、家庭内でよりよい人間関係を構築するための啓蒙を行なっているとか。
画期的と思うか、面倒見が良すぎる…と思うかは人それぞれですが、最近はそんなことまで教えてくれるんですね。ちょっとびっくり。

そもそも、「結婚能力」とは何なんでしょうか?
やっぱり収入?それとも妻への忠誠心?先人の言うように最後は忍耐力なのかも…。
わかっているようで実はよくわからないこの辺りを、30代の既婚のお姉さま方にいろいろ聞いてみました!

【結婚能力って実際何なの?】
結婚相手に求めるものというと安定した生活を送るための経済力や、お互いを思いやる優しさなどが思い浮かびますが、本当にそれだけ?
妻が夫に求めている能力…実は他にもっと大切なことがあるみたいですよ!

■ 経済力≠生活力。大切なのは、家事力!?
・「家事を全くやる気のない男性は、いくら収入が多くても結婚能力が高いとは言いにくい気が。」(Aさん 36歳・共働き)

女性も社会で活躍する昨今、レベルは高くなくてもいいから男性にも平等に家事をしてほしい、と考える既婚女性は多いようです。
それに、妻が病気や妊娠・出産などで動けない時や不在時に何もできない男性では、安心して生活できないとのこと。確かに具合が悪い時でも「僕のご飯は?」なんて言われたら…ため息をつきたくなりますもんね。
たとえ専業主婦でも、子どもが生まれるとそれまでのように家事を続けることが困難になるため、お互いに不満がたまりやすくなる、という話もよく聞きます。

■ 変化に対応できる柔軟性
・「子どもが生まれた途端、夫の態度が急変。飯がまずいだの、掃除が行き届いていないだの、何かにつけて不平タラタラ。よくよく話を聞いてみると、どうやら『今までと生活が変わってしまったことに戸惑っている』ってことらしいけど…正直、家事と育児でヘトヘト、そんな余裕ありません!」(Hさん 34歳・専業主婦)

・「結婚して、今までのようにお金を自分の好きなように使えなくなってしまったことにやっと気付いた元夫。『結婚なんかしなきゃよかった』とか、『誰が食わせてやってると思ってるんだ』などと平気で口にするようになり(共働きなのに)、生活費を入れるのも渋るように。結局、それが原因で離婚しました。」(Kさん 30歳・離婚経験あり)

結婚しても生活は変わらない、むしろ楽になる…なんて甘い見通しのまま結婚し、現実とのギャップに愕然とする人や、年月とともに変化する環境についていけずに困惑する人、結構いるみたいですよ。
まぁ、そういうのを乗り越えて、徐々に夫婦の絆が深まっていくものではあるのでしょうが…やはりそれなりの素質=柔軟性は必要になってくるみたいですね。

【結婚力の高い男を見抜くには】
家事力や柔軟性の有無が大切なことはわかったけれど、第一印象はもちろん、お付き合いの中でその辺りを見抜くのは意外と難しそう。
そこで、前出の女性たちから「結婚向きの男性の選び方」をまとめてみました。
彼女たちの旦那さまがこうした人物かどうかは別として、経験から来る忠告の数々…どれも含蓄がありましたよ!

■ 地味でも実直な男性を選ぶべし
・「結婚相手を選ぶなら、結婚と恋愛は別と割り切って。多少退屈でも顔がタイプじゃなくても、気持ち的に安定していられる穏やかで実直な相手を選ぶと安心して暮らせます。」(Gさん 39歳・共働き)

華やかな恋愛遍歴の持ち主が、エッと思うような地味な相手と結婚するというのは、その辺りの嗅覚が発達しているからなのかも。

■ 一人暮らしの経験があればベスト
・「万一の時のためにも、自分の身の回りのことを最低限こなせるスキルは必要。家事を甘く見ている人と結婚すると、本当に大変ですよ。」(Bさん 36歳・育休中)

能家事力や精神的な自立とイコールとは限りませんが、一人暮らし経験はないよりはあったほうがいい!という意見が多数でした。

素直でおおらかな性格が一番!
・「変な思い込みやプライドにとらわれずに、ちゃんと話を聞いてくれる素直な人となら、自分たちらしい家庭を一緒に作っていけるんじゃないかな。早い話、操縦しやすいというか(笑)。」(Hさん 37歳・共働き)

はじめは家事ができなくても、少々夢見がちでも、素直な心の持ち主は環境への柔軟性も高く、夫としての素養をイチから仕込んでいくことが可能とのこと。

これらの条件を理想と取るか、打算と取るか。
いずれにしても、ウン十年後の自分の幸せのために、もう一度「理想の結婚相手像」を考え直してみるのもいいかもしれません。

(文=石村佐和子)

名前で占うあの人が結婚相手に求めるもの【無料占い】


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集