2016.03.21

宮沢りえは9月に転機?新たな一歩を踏み出した彼女の今後を占断【恋占ニュース】

Loading
news_1919

先日、女優の宮沢りえさんが、プライベートで新たな一歩を踏み出したことを発表しました。「役者として、母として、一人の人間としてこれからも前進していこうと思います」とのメッセージが印象的でしたよね。

かつてのアイドル的なイメージから一転、今や押しも押されぬ大女優となった宮沢さん。年齢を重ねるごとに輝きを増していく彼女の魅力や今後の展望を、占星術で読み解いていこうと思います。

◆宮沢りえさんの星回りをチェック!

宮沢りえさん(1973年4月6日生まれのホロスコープ)

http://cocoloni.jp/365birth/1973/4/6/F/

ホロスコープによると太陽星座は牡羊座、月は牡牛座。「ずば抜けた芸術センスを持つ人」を表す星回りです。

先日の日本アカデミー賞での司会ぶりに、「なんてかわいらしい人だろう」と憧れを抱いた女性も多かったのでは?
男女問わず、世代を超えて愛される存在ですよね。

宮沢さんの太陽星座は牡羊座。牡羊座の本質は「この瞬間」と「No.1」。究極をいえば、牡羊座の人生のテーマは「始まり」と「キッカケ」作りです。

牡羊座は、出会った瞬間のときめきや直感に従って、パートナーや環境を選択します。始まりをこの上なく大事にするので、出会うたびに新しい関係を作り出すことでしょう。

◆宮沢りえさんの結婚観は?

また、彼女が生まれた1973年代頃の世代的な結婚観は「理想を叶える結婚」です。
他世代の方は、こちらの記事をご参照ください。

天秤座に天王星と冥王星がある世代は、いつまでも若々しくて多少身勝手にも見られますが、お互いに認め合う関係を求めて恋愛や結婚を築こうとする傾向があります。

宮沢さんの本質である牡羊座と、この世代の結婚観の天秤座は180度反対の性質を持っていますので、「理想を叶える結婚」に対して、過度な期待をしてしまう恐れあり。

特に彼女の場合は、牡羊座に太陽と金星が並んでいます。この並んだ星は、ホロスコープ上にある他の星すべて、月、水星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星と関わっているようです(占星術用語で言うアスペクト)。

一般的に、星々が関わりを持つほどに多面な性質を帯び、その影響力も大きくなります。

◆見えない力に支配されていた?

また、宮沢さんの月星座は牡牛座。牡牛座の本質は「生まれ持つ感覚」と「所有欲」。月星座はプライベートを表します。牡牛座は愛されたい欲求がとても強い傾向があり、いつも愛されていないと安らげないのです。

宮沢さんの性質を解釈していくと、牡羊座の活発さに加えて牡牛座の生まれ持つ感覚もあり、アイドル的な要素も抜群であることがわかります。ただその一方で、期待したモノへの失望を恐れしがみつくところも。

一度選んだ相手に絶対的な忠誠心を持つか、あるいは何か見えない影や力に支配されているようです。

若い頃はこういった「生まれ持つ感覚」が感傷的な姿勢となり、コントロールしがたい愛や重い責任に敏感に反応します。本質に目覚めるまでは、所有され所有することで身の安全を確保しようとするでしょう。

時折見せていた大人びた落ち着きは、数々の経験値から自然と身につけたものかも。

ガムシャラに突っ走ると、重い責任やプレッシャーに太刀打ちできず、吉凶混在する運命のようですが、年齢や経験を重ねるごとに「理想を叶える結婚」や人生に近づきます。そして実力派女優としても君臨していくでしょう。

◆りえママの存在はやはり絶大?

星を辿ると、宮沢さんが重い責任やプレッシャーから解放されたのは2002年3月頃。
2002年といえば、映画『たそがれ清兵衛』が公開され、翌年2003年で日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞に輝いた30歳の頃です。

芸能界デビューの頃から星を遡ると、1992年10月頃に一度、解放されそうな、突破可能な星の兆しがありました。昔話ですが、貴花田関(現・貴乃花親方)と世紀の結婚と注目されたのがこの頃です。

この時は婚約解消にいたりましたが…。2014年3月から6月頃も、解放ではないけれど、何か圧しかかっていたものが急変する星の兆しがあり、りえママが他界されたのがその数ヵ月後の9月でした。

コントロールしがたい愛や重い責任、プレッシャーが、必ずしもりえママの存在というわけではありません。
でも、親子の絆なのでしょうか、宮沢さんの内側にはりえママが常にいて、抑圧された環境でないと「愛」を感じにくいところがありそうなのです。

そのため、愛が極端になったり、大胆になったり、期待を大きく持ちすぎたり、苦しささえも愛と捉えてしまうため、これだけの絆を失うと、その代わりのお相手が現れても不思議ではありません。

◆今年の秋に何かが大きく変わる?

今年2016年9月は、1992年に世紀の結婚が注目されたのと同じく、解放されそうな、突破可能な星の兆しがありそうです。
離婚成立の発表から半年後、何かが公になるのでしょうか…?

筆者は、宮沢さんは2002年3月頃からご自身の本質に目覚めたと思います。
彼女の過去の記録を調べたところ、 30歳で出演した舞台『透明人間の蒸気』で己の無力さに驚き、できるだけ舞台に専念すると決めたと書かれていました。

実際に、2014年の映画『紙の月』で二度目となる日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を受賞するまでの数年間は、舞台での活躍のほうが目立っています。

『ドラクル』『人形の家』『パイパー』『ザ・キャラクター』『下谷万年町物語』『THE BEE -日本語版-』『今ひとたびの修羅』『MIWA』など、数々の舞台に出演。

『おのれナポレオン』では準備期間たったの二日で、急病のため降板した天海祐希さんの代役をみごとに演じたという話題も記憶に新しいのではないでしょうか。

◆まるごと好きなことに向かう運命

この原稿を書くにあたり、ひさしぶりに『紙の月』を観たのですが、「だから、したいことをしたんです」「本物に見えても初めから全部偽物」といった台詞が、今回の占いで見えてきた宮沢さんの性質と少し重なるように感じました。
もちろん映画のヒロインと彼女は全くの別人ですが。

それにしても、宮沢さんの演技は各界で高く評価されていますね。
日本アカデミー賞での最優秀主演女優賞のみならず、東京国際映画祭の最優秀女優賞 、報知映画賞の主演女優賞受賞、山路ふみ子女優賞、日刊スポーツ映画大賞の主演女優賞など、たくさんの大きな賞を受賞しています。

星々が関わりを持ち多面な性質を帯びる宮沢さんは、お仕事も恋愛も私生活も、まるごと好きなことに向かう運命。ご本人が願わずとも、その影響力は計り知れないところがありそうです。

今後はさらに飛躍していきそうな彼女。まばゆいばかりに光り輝く女優・宮沢りえさんから目が離せませんね。

(文=はゆき咲くら)

【プロフィール】
土と陽の独自メソッドで占い。新宿、町田、東京タワーの占い処に不定期で出没中✴
略歴:相性研究家・プロ占い師。メディア&雑誌多数連載。
昭和レトロな商店街生まれ。お風呂から見上げる宙とタロットと猫と格安ランチが大好き♡
Hayuki Sakura Official Blog


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • 今月の占い byサツキメイ
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 柴田淳の恋愛コラム
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 鈴木蘭々の開運旅行術
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • 占いコレクション
  • タロット占い特集