<2016年の初夢>今年もっとも強運なのは◯◯の夢を見た人!?【恋占ニュース】

Loading
news_1746

新年を迎えると必ず話題に上がるのが「初夢」の話。でも、どんな夢を見た人に幸運が訪れるの? 縁起が悪い夢ってあるの? などなど、諸説ある初夢診断についてどれを参考にすべきなのか毎年悩ましいところです。

そこで今回は、モバイルサイト『スピリチュアル夢診断』を監修しているマリィ・プリマヴェラ先生に、初夢について徹底的に教えていただきました。2016年の初夢診断にぜひ役立ててみてくださいね!

2016年の初夢、縁起が良いのはこんな夢!

【「初日の出」は、理想の結婚相手が登場】

太陽の夢は、願いが叶い、自分のステージがワンランクアップ! 大きなバックアップを得られるなどの幸運の訪れを表します。あなたが日の光をカラダに浴びている夢なら理想の結婚相手が登場する知らせ。
太陽の中でも初日の出の夢で、しかもそれが初夢だったら最強です。今年は何をやってもうまくいきそう。

【「お米、お餅」は願い事が叶う】

お米はこれから手にする成果や収入を意味していて、お米の数だけ幸運がやってきます。米俵の初夢はまさに大願成就!
一方、お餅はお米をギュッと固めたもの。その数が多いほど財力は豊かになっていくでしょう。お餅を食べるのは、確実に願いが叶うことを意味するラッキーな夢です。

【「鯉、鯛」は金運・財運アップ】

お金持ちの証である錦鯉の初夢は、金運や財運の波の予兆。縁起物の鯛が生き生きと泳ぐ初夢は願いが叶う知らせ。鯉や鯛がピチピチ跳ねていたり、滝のぼりをしていたら強い運気上昇を伝えています。
仕事や就職面で有利な展開になる、大きなプロジェクトに抜擢されるなど、ラッキーな出来事が訪れるでしょう。

2016年の初夢、もし悪い夢だったら…?

【「獏」でリセット】

中国で伝えられている幻の生き物「獏」は、動物園にいるあのバクとは別物。体はクマ、鼻はゾウ、目はサイ、尻尾はウシ、足はトラ…という不思議な姿をし、夢を食べると言われる想像上の生き物です。悪い夢を見た後に「この夢を獏にあげます」と唱えれば、その夢自体をなかったことにしてくれるのだそう。

【「紙」に書いてゴミ箱に】

悪い夢を見たら、すぐに人に話したほうがいいと言われています。その日の午前中までに誰かに話してしまいましょう。もしそれができなかった場合は、紙に夢の状況を書き出してください。その紙をしっかり折りたたんでゴミ箱に捨てましょう。これでOK。あとは見た夢を忘れてしまうことです。

【「南天」で悪運退散!】

「南天」は「難を転じる」「成る天」という意味があり、昔から魔よけや抗菌・防腐効果があると言われているもの。悪い夢を見たときに、その夢の内容を南天に語りかけると、災いをそのまま吸収してくれます。また南天の木を揺するだけで、災いがあなたに降りかからないよう、守ってくれるそう。

「一富士、二鷹、三茄子」には続きがあった!

初夢といえば「一富士、二鷹、三茄子」というのは、みなさんもご存じのはず。その一、二、三の先に、続きがあるのをご存知でしたか?

【まずは基本の「一富士、二鷹、三茄子」】

山の夢は困難と達成を象徴するのですが、富士山は最高の栄誉を手にする夢として別格。さらに「不死」「無事」の語呂合わせもあって、縁起の良い夢とされています。鷹は立身出世を暗示。空高く舞い上がり、上昇気流を知らせます。そして茄子は、「物事を成す」という言葉からパワーと金運に恵まれることを示唆しています。

【「一富士、二鷹、三茄子」の由来って?】

・「徳川家康」説:家康の隠居地である駿河の名物を家康の好きなものの順に並べた
・「駿河の国での高いものの順」説:日本一高い富士山、富士山の南東にある愛鷹山、初物のナスの値段
いずれにしても江戸時代初期にはこの「初夢に見ると縁起が良い」という伝承は既に広まっていたようです。

【そして続きがありました】

「四扇、五多波古(たばこ)、六座頭(ざとう)」。四の扇は扇子のこと。祭礼やおめでたい席の小道具として使われる縁起の良いものです。
五の多波古はタバコ。こちらも祭りや祝い事の席に欠かせないアイテムでした。
六の座頭は琵琶法師などへの呼びかけとしても用いられ、彼らもまた踊りや祝宴などで欠かせない役目を担っていました。


いかがでしたか? 夢は何かのメッセージであることがほとんどです。悪い夢を見たからといって、気に病むことはありません。縁起の悪い夢は「逆さ夢」と言って、逆に良いことがあるのだとする説もあります。だから気にすることはない、ということですね。

夢は本来、運勢の良し悪しを占うものではなく、自分がより良く生きるために見るもの。前向きなヒントを汲み取ることが大切です。今年1年があなたにとって素晴らしい年となりますように!

マリィ・プリマヴェラ
慶応義塾大学法学部卒。
幼いころにプラネタリウムで見聞した星座にまつわる神話に惹かれ、西洋占星術を学ぶ。
84年より独立、執筆を中心に活動する。人々がよりよく生きるために、占星術によって何らかの手助けをすることを目指し、占いのみならず、広く人間の心理にかかわる様々な事柄を研究している。

スマートフォンサイト

スピリチュアル夢診断


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 柴田淳の恋愛コラム
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 鈴木蘭々の開運旅行術
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • 占いコレクション
  • タロット占い特集