2015.10.06

彼氏はケチでダサいほどいい!男目線でそのメリットを教える【恋占ニュース】

Loading
news_1572

【オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門59】

約半年間、爆速でフッたりフラれたりを繰り返した必死すぎる婚活経験を生かして、なぜか上から目線で本音の恋愛論を語ります。ちなみに普段は、どこにでもいそうなただのアラサーリーマン。


オレもそうだし、友だちを見ていても思うが、女性と長く付き合ったり結婚したりすると、男は変わる。
多かれ少なかれ彼女や奥さんの影響を受けるのだ。

それは視点を変えると、いずれ変わる部分を最初から気にする必要はない、ということでもある。
今日はそんな話。

ダサい男、最高!

まずはファッションについて。

結論から書いてしまうと、今ダサくても問題ない。
そのうちあなたが望むようになるから。

男友だちを見ていると、半数程度が彼女や奥さんと一緒に服を選んで、言われるがままに買っている。
そこまでではなくても、ほとんどの奴が明らかに彼女好みの服装になっていく。

折に触れて「この服似合う」とか、「何それダサい」とか言われていると自然とそうなるようだ。

男は特に服にこだわりがない場合が多いので、何か言われても、

「あぁ、こっちの服のほうが似合うのか。
じゃぁそうするか」

ぐらいのものなのだろう。

ということを踏まえて考えると、付き合う前なんてむしろダサいぐらいでいい。

だって、そういう男ってモテないじゃん?
付き合うのも簡単だぜ?

ただし、ファッションにこだわりがありすぎる場合は例外。
ポリシーを持ってダサい格好をしている男の服を変えるのは至難の業だ。

ケチ…堅実でいいじゃないか?

続いて、ケチ。
これも実は変わる。

なぜなら、オレがそうだから。

オレは良く言えば「堅実」、悪く言うと「ドケチ」だった。
外食は何が何でも500円以下でおさめるぐらいにね。

しかし、最近やめた。

オレの妻もそうだが、一般的に女性のほうが男よりグルメだろう。

なので、付き合っているときもそうだし、結婚してからも、おいしい店に連れて行かれる。

最初こそ、

「高いなぁ…
 なんで、メシごときにこんな金使うかなぁ…」

と思っていたりした。だが、だんだんと、

「おいしいものを食べるのは幸せ」
「マズいものを食べると損した気になる」

と考えが変わり、適度にお金をかけるようになった。
外食に限らず、すべからくそうなった。

なので、ケチというのも、さほど気にすることはない。

てか、浪費家よりよほどいい。

あれはそう簡単には直らないからね。
下手すりゃ、借金とかしてるかもしれないし。

ちなみにケチも程度の問題で、最初から1円単位で割り勘にしてくるような男を変えるのはムリかもしれない。

趣味なんか合わなくていい!

女性でたまに、

「趣味が合う男性が好き」

って人がいるが、趣味なんか気にすることはない。

そもそも、男女の趣味など普通は合わない。

婚活してるとき、女性でヨガが好きって人は多かったが、ヨガをやっている男はほとんどいない。
逆に、男だとゴルフとか多いけど、女性でやる人は少ない。

生きてきた環境が違うんだから仕方ない。
そんなの気にしてたら、趣味が違うだけで、実はすごい良い男を逃してしまうこともある。

それに、結婚したらずっと一緒にいるんだから、お互い趣味を持ってて、たまには別行動したほうが息抜きになっていいぐらいだ。

長く付き合ってれば、自然と共通の趣味もできてくる。

旅行とか何度か行けば、2人のときはこういう旅が良いってわかってくるじゃん?
そういうこと。

女性の扱いなんか慣れだって

「女性の扱いが上手い」「下手」などと言うけど、あんなもんは慣れの問題。

慣れてないから下手なだけで、そのうち上手くなる。
もちろん、多少はあなたから

「〇〇してほしい」
「××されるのはイヤ」

と主張する必要はあるけどね。

というか、付き合いが長くなれば、女性の扱いが上手かろうが下手だろうが、関係なくなる。
恋愛対象というより友だちや家族に近い感覚になったとき、問われるのはその男の人間性だろう。

女性の扱いなんて表面的なことではなく、それを差し引いて人としてどうなのか、を考えてほしい。

「口が上手いだけで、自分を傷つけてばかりの男」と「不器用だけど、がんばってくれる男」だったら、どちらが生涯のパートナーとして魅力的か、とかね。

短所がある男のほうが簡単に付き合える

以上、そのうち変わるから気にしなくていい男の短所を4つあげてみた。

ところで何でこんな記事を書いたかって、短所がある男のほうが簡単に落とせるからだ。

だってオシャレで、自分のためにお金を使ってくれて、趣味が合って、女性の扱いも上手い男はモテるじゃん?

競争率が高いから、がんばったって付き合える可能性は低い。
いや、仮に付き合えたとしても、浮気されてしまうかもしれない。

だから、あえて付き合いやすい男を狙い、直せる部分は自分で直しちゃうのが手っ取り早いんじゃない?ってことが言いたかったのだ。
かっこよくはないけど、現実的に幸せになれる近道ってやつだね。

もちろん、そのためには適度に自己主張する必要があるのだが、それはまたの機会に。

ライタープロフィール

オレ様リーマン
「32歳で結婚する人に出会う」と占い師に言われたことをきっかけに、婚活と名の付くものは片っ端からやってみて、約半年で運命の女性と出会うことができたアラサーリーマン。膨大な婚活経験を生かして、本音の恋愛論を語ります。
ブログ「オレ様の世界」


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集