奥さんが運命の人だから…結婚したら「愛妻家」になる男性の共通点【ソウルメイト、運命の人を読み解く】

Loading
namiki_202004_1

外出自粛で夫がずっと家にいるとストレス…なんて声も聞こえてきますね。でも、普段から自分を大事にしてくれる「愛妻家」の夫だったら、むしろ、ずっとそばにいてって思っちゃうかもしれません…。

今回は、結婚したら「愛妻家」になりそうな男性の共通点を占星学的な視点で分析!占いサイト『前世からの約束』の監修者である占い師・波木星龍先生に解説していただきました。

男性の本性を見抜くには…

日本人男性の場合、照れもあって、人前で「愛妻家」であると公言する男性は少ないものです。それだけに、自他ともに認める「愛妻家」は目立ちやすいのかもしれません。

女性の側からすると「愛妻家」とは、“浮気をしない”男性である場合が多いので、安心して“生涯を託せる男性”ということになります。多くの場合、独身時代から“遊び好き”な男性は浮気をしやすいし、何事にも脇目を振ることのない男性は“一途”だったりします。男性の本性は、そういう点で見抜きやすいはずなのですが、中には結婚して年月が経つうちに変わっていく男性がいるのも否めません。

独身時代から、遊び好きで浮気っぽい面を持っていた男性の場合、結婚したからと言って、それらが無くなるということは、まずないでしょう。それを承知で結婚したのであれば、あとはいかに妻として「夫をコントロールできるか」に掛かっています。総じて、遊び好き、浮気好きな男性は男女を問わず“社交性が豊か”なので、もし、絶対に浮気をされたくないのであれば、あまり“社交的ではない”男性を選ぶ、というのも有効な方法でしょう。

そして、もう一つ、夫婦の仲が良くない両親のもとで育った男性は、自分が結婚したのち「妻を大切にしよう」という気持ちが無意識に働きます。

「愛妻家」になる男性の共通点

「愛妻家」には、大きく二つのパターンがあります。
その一つは「妻)」そのものを心から愛していて、生涯変わることなく、そのすべてを愛し続けていくタイプの男性です。こういう人は、妻を“お姫様的”に愛するのが特徴です。

もう一つは「妻も子供も」両方とも心から愛していて、家庭・家族への愛情全体が強く、“良きパパ”と、誰からも認められるタイプの男性です。こういう人は途中から“子供たちの母親”として、妻を愛するよう変わっていくのが特徴です。

ここでは、その両方を「愛妻家」と呼ぶことにします。ホロスコープ的には次のような特徴が窺えます。

★太陽と、金星、土星、天王星とのアスペクト
太陽と金星とは45度アスペクト、太陽と土星は120度アスペクトが多く、太陽と天王星とは様々なアスペクトが見受けられます。太陽と金星がアスペクトしている男性は、妻の存在を文字通り「太陽のように崇めている」場合が多く、太陽と土星がアスペクトしている男性は「家庭の枠を踏み外すことがない」のが特徴です。

★月と、木星、海王星、土星とのアスペクト
月と木星の0度や120度は、家庭・家族への愛情が人一倍豊かな男性に見受けられます。月と海王星の120度は、家庭生活の中に“癒し”を求めようとするのが特徴です。月と土星の120度は、家庭・家族に対する自分の役割や義務などを果たそうとする意識が強いのが特徴です。

★金星と、土星、木星、ドラゴンヘッドのアスペクト
金星と土星のアスペクトは幼い頃に“愛の哀しみ”を体験している男性に多く、その反動もあって妻への想いが人一倍強くなるようです。ただし、妻への愛情が著しく“義務化”している場合も見受けられます。金星と木星のアスペクトは、愛情そのものが深くて大きいのが特徴です。

★金星が、第7ハウス、第4ハウスにある
12ハウスの観点から読み解くと、金星が第7ハウス内、第4ハウス内にある男性は、基本的に愛妻家で家庭を大切にする傾向が強いでしょう。また、月がたくさんの惑星と120度や60度のソフトアスペクトを作っている場合も、妻や子供達への愛情があふれています。

それではこの辺で、具体例をご紹介しましょう。

あこがれのラブラブ夫婦

◎藤井隆さんのホロスコープ
1972年3月10日 生まれ
藤井隆のホロスコープ

こちらは、タレントとしてTVや舞台など多方面で活躍する藤井隆さんのホロスコープです。

藤井さんは2005年7月にタレントの乙葉さんと結婚しました。もう結婚して15年が経ちますが、大変仲が良く「おしどり夫婦」として知られています。夫唱婦随(ふしょうふずい)で喧嘩をすることもほとんどないようです。

藤井さんのホロスコープを観ると、金星のアスペクトが非常に多いのに気が付きます。
金星は、太陽と45度、ドラゴンヘッドと90度、木星と120度、海王星と150度、冥王星とも150度、土星と30度です。

◎まさに「愛妻家」のホロスコープ

「愛妻家」のアスペクトとしてご紹介した金星と太陽の45度、金星と木星の120度、さらに金星とドラゴンヘッドのアスペクト、金星と土星のアスペクト、こと金星関連では「愛妻家」としての条件を完璧に備えています。ただ、これだけたくさんの惑星とのアスペクトを持つ場合、配偶者以外にも“接近する女性”が現れやすいのが特徴です。したがって、それらの女性が出てきたときに、いかに本来の自分を守り通していけるかが「愛妻家」を貫く上での重要なカギとなります。

◎乙葉さんは、まさに運命の人?

そういう点でヒントになりそうなのが、金星とドラゴンヘッドの90度アスペクト。金星とドラゴンヘッドが、強いアスペクトを備えている場合、俗に言う「運命の人」と出逢う可能性の強い形です。当然、彼は出逢って間もない段階で乙葉さんを「運命の相手」と感じたに違いないと思います。その気持ちは、今も鮮やかに思い出すことができるはずで、その初心ともいうべき気持ちを忘れなければ、いつまでも「愛妻家」を貫けることでしょう。

◎妻だけでなく、家族に愛情を注ぐ男性のアスペクト

もう一つ、藤井さんには月と木星との0度アスペクトもあります。これは配偶者だけでなく、家族全体に対して愛情を注ぐことのできるアスペクトです。現在12歳の娘さんがいるので、これからは成長していく娘さんも含めて“家族愛”を発揮する方向へと徐々に切り替わっていくかもしれません。だからと言って全面的に愛情が移っていくタイプではないでしょう。なぜなら、金星と太陽が45度のアスペクトを持つ男性は、自分の結婚を“輝かしいもの”として永久に胸に刻み込む可能性があるからです。


あなたを大事にしてくれる男性と運命的な結婚を実現するには、タイミングや縁の強さも重要です。まずは、ホロスコープをチェックしてみましょう。波木星龍先生監修の占いサイト『前世からの約束』をぜひご覧ください。

続きは明日公開>>「自ら「愛妻家」を公言する 塚本高史さんのホロスコープ」をお届けします。

RECOMMEND

前世から結ばれたソウルメイトは…

「苦しいのに惹かれてしまう…。」「どうしてもあの人が気になってしまう」不思議なほどに惹かれあってしまうのは、前世からの因果なのかも。占いサイト『前世からの約束』で、あなたとあの人の相性をとことん占いましょう。二人は前世から結ばれたソウルメイトなのかもしれません。

『前世からの約束』

波木星龍(なみきせいりゅう)

古今東西のあらゆる占いに精通し、確かな実績と実力を持つ本格占い師。鑑定暦30年以上、延べ5万人以上の鑑定実績をもつ。対面鑑定のほかに「正統占い教室」という占い教室を主宰し、数多くの有名占い師を生み出している。
公式サイト:http://www.namikiseiryu/com/

...続きを読む
『占星学秘密教本』(魔女の家BOOKS)、『江戸JAPAN極秘手相術』、『神占開運暦』、『この占いがすごい!―神聖開運占術大全〈2017年版〉』(八幡書店)など著書・監修書籍も多数。

『この占いがすごい!―神聖開運占術大全〈2017年版〉』

★鑑定所「波木星龍」
波木星龍による本格鑑定を受けられる鑑定所です。あなたの悩める「人生&運命」と真摯に向き合い、各種の占術を通じ“最良の選択肢"をアドバイスいたします。

住所:札幌市中央区南1条東7丁目2-2 ラピスアクアシティー大通1205
※札幌地下鉄東西線「バスセンター前」駅10番出口から徒歩3分。

▼鑑定のご予約はこちら
電話:011-231-3344
メール:namiki.s@jcom.home.ne.jp

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 【ラブスペル~恋を叶える魔法のフレーズ~】連載一覧
  • もちこの「大事にされない恋愛をくり返す理由」
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 向理来×Hoshi「禁断♡男の本音トーク」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集