2020年の流星群、スーパームーン、日食…見逃せない「天体ショー」あれこれ

Loading
2020年の流星群、スーパームーン、日食…見逃せない「天体ショー」あれこれ

あけましておめでとうございます!心新たに迎えた令和2年、今年はいよいよ東京オリンピックも開催されるとあって、何かと忙しくにぎやかな雰囲気になりそうです。

こちらもおすすめ>>1月2日は、まわりに同調しすぎるとストレスや疲労の元凶に…【真木あかりのボイドタイムカレンダー】

とはいえ、何かの機会には空を眺める心の余裕を持ち合わせていたいもの。そこで、2020年に起こる天体イベントをピックアップしてみました。肉眼でも観測できるものばかりなので、これを口実に夜デートができたらいいですね。

「部分日食」が日本で見られるのは6月

◎6月21日

アフリカ中央付近から台湾にかけて再び「金環日食」が起こります。日本では17時頃をピークに部分日食が見られそう。東京では42%、那覇では84%も欠けて見えるそうですよ。

天体イベントの中でも、昼間に体感できる「日食」は非常にドラマティック。次に大きな日食が起こるのは2030年6月1日だから、10年後までお預け、と思うとぜひ見ておきたいところです。

◎12月14日 南米で皆既日食

日本では見られませんが、チリやアルゼンチンでは2020年12月14日、現地時間のお昼くらいから「皆既日食」が起こります。時差はおよそ12時間、日本時間では15日に日付が変わる頃となりますが、テレビなどで幻想的な情景を見られそうですね。

また、この日を目当てに南米行きのツアーが既に組まれているので、今のうちに予約するのもいいかも!寒い日本を飛び出して、ビーチで皆既日食を堪能……なんて素敵じゃないですか?

外せないお月様のイベント

◎4月8日 スーパームーン

月が地球に最接近し、普段よりも大きく見える「スーパームーン」。2020年は4月8日、18~19時に月の出です。ひときわ大きな朧月を、地域によっては満開の夜桜と一緒に楽しめるのではないでしょうか。

◎10月1日 中秋の名月

「中秋の名月」は、旧暦8月15日に月を楽しむ、という行事なので、必ずしも満月とは限りません。2020年もまた、満月の1日前。見た目にはちょっと物足りないかもしれないけれど、これから最大に満ちていこうとするお月さまのパワーをもらうにはもってこい!? ちなみに「十三夜」は10月29日ですよ。

◎10月2日、31日 ブルームーン

「ブルームーン」にはいくつかの定義があり、ガスなどの影響で月が本当に青く見える現象もまれに起こるようですが、近年、浸透しているのは「1ヶ月に2回満月が見られること」。

2020年は10月2日と31日に満月が見られます。月のパワーを1ヶ月に2度いただけるこのおいしい出来事、実はおおよそ3年に1回のことなので、ぜひともあやかりたいものです。

1回目は中秋の名月の翌日と覚えやすく、2回目はハロウィン当日なので、パーティー帰りに眺めることができそうですね。

三大流星群は年末の「ふたご座流星群」が好条件に

◎しぶんぎ座流星群(見頃:1月4日、5日深夜~未明)

三大流星群のトップバッター、「しぶんぎ座流星群」が新年早々やってきます。元旦から観測は可能なものの、ピークは4日の17時頃となかなかの悪条件。

とはいえ、夜半には月明かりの影響もなく、晴れていればそこそこの数が見られるようです。とても寒い季節なので、防寒対策は万全にしての観測をおすすめします!

◎ペルセウス座流星群(見頃:8月12日22時頃~)

三大流星群の2番手である「ペルセウス座流星群」は夏の天体風物詩。北東の空を中心に、長い期間観測できる流星群です。

気候的にも観測しやすく、ピークは8月12日22時頃と時間的にも理想的ですね。夜半には月が昇ってきて見にくくなるので、月と反対方向を眺めるようにすればよく見えそうです。

◎ふたご座流星群(見頃:12月13日夜~14日未明)

三大流星群のトリである「ふたご座流星群」。2020年は新月と重なるので、より観測しやすいようです。ピーク時は14日の昼間なので日本では見られませんが、14日夜から未明はまだまだ期待できそうですよ。

空気の澄んだ時期でもあり、また多数の流れ星が観測できることから安定の人気を誇るふたご座流星群。あの人と一緒に流星を探せたら、クリスマス前にもう一歩、距離を縮められそうです!

三大流星群の他にも注目したいイベント

◎みずがめ座η流星群(見頃:5月5日夜~6日未明)

ゴールデンウィークと重なる時期にやってくる「みずがめ座η流星群」。見られる流星は1時間に数個〜10個程度とやや控えめではありますが、条件がよければ天の川も一緒に見られるので、旅行がてら星の美しい場所に出かけて梅雨入り前に星空を堪能、なんて素敵ですね。

◎月と金星と海王星が並ぶ(1月28日)

日の入り後、細い三日月の右上に光り輝く金星が見られます。冬の夜空に映えるこの繊細な美しさは見ものですね!西洋占星術では女性性や内面を表す月と、美と愛を司る金星のコラボレーション……願い事の一つもしたくなってしまいます。

今年はさらに、金星の右下に海王星も並ぶのだとか!海王星は地球から遠く暗い星なので、肉眼で見るのは難しいのですが、天体望遠鏡をお持ちの方はぜひ見てみましょう。青緑色のひそやかな光が、金星にそっと寄り添っているのが見えるはず。

◎グレートコンジャンクション(見頃:12月21日夕方〜21時頃)

木星と土星が大接近するのは、20年に一度の出来事。最接近するのは22日3時16分ですが、日本で観測できるのは12月21日日の入り~土星が沈む21時頃までとなるとのこと。

木星と土星は明るい星なので、南西の低い位置で重なり合うように輝いているのが肉眼でもわかるはずです。

木星と土星の接近は、西洋占星術では「グレートコンジャンクション」と呼ばれ、運気の大転換期とされています。何かが変わる(かもしれない)その瞬間を、肉眼で見ておくのも悪くないと思いませんか?

たまには空を見上げてみて

平成から令和へと移り変わり、おめでたいムードもありながら、どことなく社会全体が落ち着かない雰囲気だった2019年。さて、今年はどんな年になるのでしょうか?

オリンピックのお祭りムードに乗じて仕事も恋も盛り上がりたいところですが、そんな中でも心静かに空を見上げるひとときを忘れないでいたいですね。

できれば素敵なパートナーと、でなくても身近な人と、ほっと一息つきながら星空の下ロマンティックに未来を語り合う……そんなゆったりとした1年もいいものではないでしょうか。

ライタープロフィール

石村 佐和子
エディター・Webディレクターを経て、結婚、出産後、フリーライターに。微妙に偏った恋愛経験を持つ、アラフォー二児の母。好きなことはモノ作り、工場見学、カフェ巡り。将来は陶芸などしながら優雅に暮らしたいと目論んでいます。
記事一覧へ

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 【恋招き♡開運日カレンダー】連載一覧
  • もちこの「大事にされない恋愛をくり返す理由」
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 向理来×Hoshi「禁断♡男の本音トーク」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集