タロット占いが当たる理由は?ムンロ王子の『2020年運気を上げるタロットBOOK』刊行

Loading
munro1

占い界のイヴ・モンタン(シャンソン界の帝王)? 阿部寛(身長と彫りの深さが)? それともミッツ・マングローブ!?

身長188cm、東大法学部卒でIT企業を経営する傍ら、タロット占い師、シャンソン歌手、朗読劇プロデューサー、お菓子作りの講師など、幅広く活躍している女装のハイブリッド・パフォーマー…。

そんな謎多きムンロ王子が11月28日、『2020年運気を上げるタロットBOOK』を出すことに!出版を記念してインタビューを行いました。

ムンロ王子のタロット本とは?

――この本を作ることになったきっかけは?

ムンロ王子「以前ある雑誌で、あみだくじ形式で読者さんがカードを選んで占えるタロットの企画をやらせていただいたんです。それを見た、他の雑誌の編集者からのオファーで、誌面に22枚のカードを伏せた状態で描き、ページをめくると1枚1枚の解説が書かれている、という企画の監修をしました」

ムンロ王子「今度はそちらを目にした小学館の編集部からのお声がけで、8月に『女性セブン』でも似たタイプの誌面を作ったんです。そのとき、『“ホロスコープスプレッド(※1)”を用いれば、12ヶ月それぞれのテーマや1年の大きな流れを占える』ということを説明したら『じゃあ、それで本を出しましょう』って話になりまして。
私はこの本で、2020年の世の中の流れを占ったのですが、読者のみなさんにも“自分の2020年”を占っていただきたいので、付録としてタロットカードをつけたんですよ」

――対談相手も豪華ですね。

ムンロ王子「ね!対談したのはLiLiCoさん、原田龍二さん、ゆきぽよさんの3名。LiLiCoさんは先日ご結婚されたので、できればお会いしたいって私のほうから編集部にお願いしました。想像通り、エネルギッシュで魅力的な方だったわ。
原田さんについては、例の報道のことは何も知らなかったんだけど、編集部にすすめられてお話しすることになって。ずいぶん“おいた”をしたようだから、けちょんけちょんにいじるつもりだったのに、撮影のとき、カメラマンさんに『見つめ合って』と言われて彼の目を見たら、あまりにかっこよくて『素敵~!』とポーっとなり、いじわるなことを言えなくなっちゃった」

ムンロ王子「気を取り直して『占いで丸裸にするわよ』って言ったら『裸は慣れてます!』と答えるし…。しかも、案外いいカードが出たのよね。
ゆきぽよさんも、とてもかわいくて。彼女、過去の恋に縛られてなかなか前に進めずにいるみたいだから、元カレのことを忘れられない女性が読んだら共感できるかもしれないわ」

――本を作る中で印象に残っていることはありますか?

ムンロ王子「タロット占いって『彼に告白するべき?』や『今、転職してもいい?』といった物事の選択には適しているけど、西洋占星術などと違って、恋愛運や仕事運・健康運を占うのには向いてない占いなんです。でも、2020年の開運をテーマとした本を作るわけだから運勢も必要でしょ?
そこで、タロットと西洋占星術や五行を組み合わせることで、いろいろな運勢やラッキーナンバー、ラッキーアイテムなんかも導き出せるようにしたいと考えました。もともと、タロットの大アルカナ22枚には対応する星座や惑星があるんですね。そして、五行の源流にあるのも惑星です。
西洋では星座に神さまのイメージをつけて物語を作ったし、中国では五行の木火土金水を惑星と結びつけ、惑星のバランスが体のバランス、世の中のバランスにつながっている、といった考えが生み出されました。
干支の十二支もまた、12年かけて太陽のまわりを一周する木星を基準に作られたもの。そういった惑星の要素を取り入れていくと、いろいろなことを占えるなと思って自分なりに体系化していったのですが、その作業はかなり大変でした」

タロットで1年の流れを占う方法は?

――先ほどの“ホロスコープスプレッド”について、もう少し詳しく教えていただけますか。

ムンロ王子「ホロスコープスプレッドは、一般的には13枚のカードを使って、西洋占星術のホロスコープの形にカードを展開していく方法です。12枚で12ヶ月を占い、13枚目は全体を示すもの。私はその裏側の、全体を支配するカードとして14枚目のカードも引き、左下に置いています」

ムンロ王子「2020年の流れを占ったところ、全体を示すのは月、全体を支配するのは皇帝のカードでした。だから、最初はちょっと見通しの立たない不安なイメージがあるけど、その状況を皇帝が打破する、みたいな感じの年になりそうです。1年を通して悪いカードはなかったわね。一番いいのは8月に出たカードかな。詳しくは本で見てね」

――占い結果に出た状態は、どれくらい続くんですか?

ムンロ王子「タロット占いの結果はスプレッド(※2)にもよりますが、個人を占った場合、基本的には3ヶ月~半年先くらいまでを表しています。なのでみなさんに、年初に自分のことを占って、3ヶ月後にまた占って…なんてふうに楽しんでいただけたらと思っているんです。
占うときは、スプレッドの1のところが1月というわけではなく、その人が占いたい月をスタートとして始まるの。例えば、4月から占おうと思ったら1の位置に置かれるのが4月を表すカードね。そうやって数ヶ月ごとに占うと、状況に応じて出るカードがガラッと変わったりもするんですよ」

「占いが当たる」と言われる理由は?

――タロット占いの結果は偶然ではなく必然?

ムンロ王子「そうね。状況が変わればカードも変わるし、変わらなければ前と同じカードが出ることもあります。それに、この人はこういうカードが出るだろうなって感じる人は、本当にそれが出るんです。そこがタロットの不思議なところなの」

――そのカードが出やすい人がいるってことですか?

ムンロ王子「その通り。タロットの1枚1枚にはもともと意味がつけられていますが、これまで私が1万人ほど占ってきた中で相談者さんと対話を繰り返し、これは本当はこんなカードなんだなって頭の中でイメージを微修正してきたんです。
だから、占う前に話していると出そうなカードがわかり、実際にそれが出ることが多いんですよ。あとね、面白いことに雑誌の占いも同じで、出版社の編集者から『なんで王子のタロットは当たるんですか?』って聞かれるの」

――そうなんですね。実際、なんで当たるんでしょうか?

ムンロ王子「それは種も仕掛けもあるからです。例えば、私がカードを選んで並び順を決め、ページを作ってもらい、印刷するでしょ。雑誌の形式上、22枚のカードの位置は決まっていて動かないけど、それでも読者さんは自分の状況に合った、選ぶべきカードをつい選んじゃうわけ」

ムンロ王子「それはつまり“引き寄せる”ってこと。さっき言った通り、占った人のデータが頭に入っているので、解説を書くときに、このカードはこんな人が引きやすいっていうのをイメージしながら書いているから、引いた人は“なんで私のことがわかっちゃうの?”とびっくりするんです」

――面白いですね。最後にココロニプロロの読者さんへのメッセージをお願いします。

ムンロ王子「みなさんの2020年の運気をググっと底上げするお手伝いをするために一生懸命、この本を作りました。オールカラーページできれいだし、付録としてオリジナルのタロットカードもついた豪華な1冊になりました。
表紙はユニコーンに乗っているムンロ王子で、実はタロットカードの絵柄も王子の顔なんですよ。ポップでかわいいカードなので、初めてタロットカードに触れる人にもおすすめです。ぜひご自身の2020年を占ってみてくださいね!」

※1 西洋占星術で使われるホロスコープの形にカードを展開していく方法
※2 カードの展開法


「女性セブン」1月1日増刊号『ムンロ王子 2020年運気を上げるタロットBOOK』(小学館)

【プロフィール】
ムンロ王子

東大法卒タロット占い師。10年で1万人以上を占い、タロット講座の生徒数は100名を超える。『an-an』『週刊朝日』など雑誌やテレビに登場し日本ダービーでみごと万馬券を的中!
11月には「サンスポ・コム(SANSPO.COM)」でオンラインでサイト『ムンロ王子の占館』がオープン。小学館から「女性セブン」増刊号としてソロ本が出版され、占い師としてメジャー・デビューを果たす。

【ムンロ王子 初ソロ本出版記念イベント】
《出版記念サイン会》

▶︎12月1日(日)16:00~17:30 @池袋
「ムンロ王子 出版記念 販売・サイン会」
<会場>池袋コミュニティ・カレッジ
<住所>東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店別館9階31番教室
<費用> 無料、予約の必要なし
<お問合せ> 03-5949-5486

▶︎12月8日(日)15:30~16:30 @新宿
「ムンロ王子 出版記念 販売・サイン会」
<会場>朝日カルチャーセンター新宿教室
<住所>東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル 10階
<費用> 無料、予約の必要なし
<お申込み・お問合せ>03-3344-1941

《ムンロ王子2020年を占う》

▶︎12月8日(日)13:30~15:30 @新宿
「新春特別講座 ムンロ王子2020年を占う」
<会場>朝日カルチャーセンター新宿教室
<住所>東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル 10階
<受講料>4,180円(教材費込、会員3,520円)
<お申込み・お問合せ>03-3344-1941

▶︎2020年1月19日(日)15:30~17:00 @池袋
「新春特別講演 ムンロ王子2020年を占う」
<会場>池袋コミュニティ・カレッジ
<住所>東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店別館8階
<受講料> 3,960円(教材費込、会員3,960円)
<お申込み・お問合せ> 03-5949-5486

▶︎2020年1月26日(日)13:00~15:00 @立川
「新春特別講座 ムンロ王子2020年を占う」
<会場>朝日カルチャーセンター立川教室
<住所>東京都立川市曙町2-1-1 ルミネ立川9階
<受講料>4,180円(教材費込、会員3,520円)
<お申込み・お問合せ>042-527-6511

▶︎2020年1月29日(水)10:30~12:30 @自由が丘
「新春公開講座 ムンロ王子2020年を占う」
<会場>あおぞら銀行自由が丘出張所1階オアシスルーム
<住所>東京都世田谷区奥沢5-28-1
<運営会社>よみうりカルチャー自由が丘(東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル3階)
<受講料> 4,500円(教材費込)
<お申込み・お問合せ> 03-3723-7100

【出版記念イベント】

■ 12月2日(月)
40年の老舗シャンソニエでピアニスト浦松優子さんとディープなシャンソンを歌います♪
開場:18:30
開演:19:00
<料金>4,500円 (チャージ)
<会場>『オ・シャンゼリゼ』
<住所>東京都新宿区岩戸町16 メジャー神楽坂地下1階
<お申込み・お問合せ>03-3267-8164
<ホームページ>オ・シャンゼリゼ

■ 12月12日(木)
銀座にあるステキなシャンソニエでの出版記念セミナー&ライブ。1日でセミナーとライブ両方楽しめるお得なプラン。ピアニストにはシャンソン界の若手天才ピアニスト太田遊くん♪
《セミナー》
開場:14:00
講演:14:30~16:00
お食事:16:00~18:00
《ライブ》
開場:18:30
開演:19:30
<料金>15,000円(ミュージック・チャージ、お食事、ワンドリンク付)ライブのみの場合はミュージック・チャージ5,500円(別途サービス料10%)
<会場>『天使のコンチェルト』
<住所>東京都中央区銀座7-7-6アスタープラザビル地下1階
<お申込み・お問合せ>03-3575-1313
<ホームページ>天使のコンチェルト

■ 12月22日(日)
銀座『琳千』お千代ママとの共同クリスマス・パーティー♪ムンロ王子はベテラン・ギタリストの永島広さんとアコースティック・ライブをします。先日参加した茨木のり子さんの朗読会でお披露目した朗読シャンソンもお披露目するのでお楽しみに!
開場:17:30
開演:18:00(21:00まで)
<料金>8,000円(ミュージック・チャージ、お食事/飲み放題付、税別)
<会場>『鳥取県・岡山県アンテナショップ 2階レストランももてなし』(お店スタッフに聞く)(03-6280ー6475)
<住所>東京都港区新橋一丁目11番7号 新橋センタープレイス2階
<運営>銀座『琳千』(東京都中央区銀座8-6-20 幸佑ビル2階)
<お申込み・お問合せ>03-3574-1300

《タロット占い》
◾️12月18日(水)12:30~21:00
【吉祥寺】沖縄料理『琉球』
<料金>お一人様20分5,000円(お食事付)
<住所>東京都武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
<お申込み・お問合せ>0422-21-6015(要予約)

《WEB無料占い》
ムンロ王子のタロット占いをネットで毎日楽しめます♪
ムンロ王子の占館(サンスポ)

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩
  • 【五行でパワーチャージレッスン】連載一覧
  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 宿曜占星術で読む「相性」

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集