女は一生、結婚適齢期!? 宇野千代、瀬戸内寂聴…作家に学ぶ究極の恋愛テク

Loading
宇野千代、瀬戸内寂聴…作家に学ぶ究極の恋愛テク

プリンセスになるという全女性の夢をリアルに叶えたデヴィ夫人の『選ばれる女におなりなさい』(講談社)が話題ですね。自身の経験をもとにしたというこの著書には、幸せな結婚をするための極意が綴られています。

こちらもおすすめ>>ほとんど変態!? 性に奔放な王妃マルゴの強烈「恋愛エピソード」3つ

ところで日本の女性作家にはデヴィ夫人のように、波乱万丈な人生を送り、いくつもの恋を重ねてきた方々が!今回はそこから3名をピックアップ。彼女たちの男性を虜にするテクニックや名言をご紹介します。

恋愛の武士道を貫いた女性 宇野千代

1人目は宇野千代さん。大正・昭和・平成と3つの時代にかけて、小説や随筆を発表しました。自由奔放でどん欲、男性経験も豊富…と肉食女子の先駆けとも言える存在です。

◎略歴

1897年生まれの作家、編集者、着物デザイナー、実業家。様々な著名人との恋愛および結婚遍歴があり、華やかで波乱に満ちた生涯を過ごしました。

◎待っているだけじゃダメ

いいなと思った人には自分から積極的にアプローチ。相手の目を見て「私、あなたのことが好きよ」と伝えるのだとか。これは、宇野千代さんの持論「好意を告げられてイヤな気持ちになる男はいない」に基づいた行動です。

また、失恋にも美学があり、パートナーが冷めてきたと感じたらサッと身を引いたそう。好きな人の意思を受け入れること=愛情であるという考え方はとても潔いですね。
尽くし上手で不幸な自分に酔いしれない、そんな彼女に復縁を求める男性が数多くいたのも納得できます。

◎宇野千代の教え

「女は一生、結婚適齢期」

“一生懸命に生きていれば、生涯を通じて開花しているのだから、運命の相手に出会う日を気長に待てばいい”が口癖でした。努力すれば、いつでも魅力的でいられる。実に彼女らしい言葉です。

思い立ったら即行動 瀬戸内寂聴

様々なメディアで活躍する僧侶の彼女は、過去に二度の不倫を経験。今よりも性道徳に厳しかった時代に、自身をモデルにした奔放な女の生き様を綴るなど、スキャンダラスな人物として知られていました。

◎略歴

1922年生まれ。瀬戸内晴美という名で数多くの恋愛小説を書いて人気を博します。1973年に出家、寂聴に改名。

◎アピールすることが大切

“じっとしていたって、誰も気持ちに気づいてくれないんだから、好きになったら自分から行くことが大切”と彼女は語ります。恋心を抱いたらすぐに行動。その結果、夫の教え子と駆け落ちするなどの泥沼恋愛に…。

◎瀬戸内寂聴の言葉

「恋を支えているのは情熱であり、結婚を支えるのは技術」

夫婦になるのがゴールではない、つまり、婚姻生活を持続させるためには、愛を長続きさせるテクニックが必要。自身の過去を振り返ってのこの一言は心に響きます。

究極の甘え上手 岡本かの子

あなたの周りにも「とりたてて美人じゃないけど、なぜかモテる」女性はいませんか?岡本かの子さんの生涯をひも解くと、その謎が解明されるかもしれません。

◎略歴

1889年生まれ。歌人、小説家。漫画家・岡本一平さんと結婚し、芸術家・岡本太郎さんをこの世に送り出します。妖艶で耽美な作風の物語の多くは死後に発表されました。

◎男の人に頼ること!

数多くの男性を虜にした彼女。夫公認で「一妻多夫」の生活をしていたというのだから驚きですよね。正直、そこまでの美貌を持ち合わせているわけではないのに、なんで?と妬む友人もいたそうです。

彼女の魅力は甘え上手なところ。本能的に親密さを醸し出し、それが男性にはたまらなかった、と言われています。息子にもまるで彼氏のように接していたので、岡本太郎さんはものすごいマザコンに成長したのだとか…。

「こいつは俺がいないと生きていけない」、あざとさの欠片も見せずにそう思わせる女性は最強なのでしょう。

◎岡本かの子からの学び

「この人のためにはすこしの恥は涙を隠しても忍ぼうとおもう」

彼女の短編『愛よ、愛』の一節です。実は岡本かの子さんは、好きになったらとことん尽くす女性だったとのこと。恋をするのにプライドはいらない、と全身全霊で相手を想う女性こそ、愛されるにふさわしいのかもしれません。

正直に、そして真っ直ぐ生きる

自分の信念や気持ちに素直な人は、同性から見てもかっこいいもの。その証拠に、今回ご紹介した3名は女性からの圧倒的な支持を得ています。

素敵な恋愛をするためには何よりも、自分を偽らず、本来の“私”らしく生きることが大切なのではないでしょうか

【参考】
宇野千代:『私の幸福論―宇野千代人生座談』(集英社文庫)
瀬戸内寂聴:ラジオ日本放送「今日を生きるための言葉」
岡本かの子:『愛よ、愛』(メタローグ)

ライタープロフィール

パル吉
兵庫県の片田舎、相生市生まれ広島在住のこじらせ系アラフォーママライター。 お酒と読書と音楽と広島東洋カープが好き。恋するトキメキはもっと好き。「夢を見ることこそ人生である」をモットーに、女に磨きをかけるべく、日々奮闘中。もっとも、いまだ原石のママとの噂もあるとかないとか。
記事一覧へ

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩
  • 【五行でパワーチャージレッスン】連載一覧
  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 宿曜占星術で読む「相性」

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集