2019.02.14

「彼氏に本命彼女がいた!」バレンタインデーのトホホな恋愛事件簿

Loading
バレンタインデーのトホホな恋愛事件簿

女性も男性もなんだかそわそわ落ち着かない…どこもかしこも恋愛ムード一色のバレンタインデー。

こちらもおすすめ>>バレンタイン前に気持ちを確かめたい!「あの人の本心」を読み解く無料占い6選

1年で一番甘~い日というイメージですが、実はそういうわけでもないみたいです。世の中には2月14日に悲しい経験をした女性もたくさんいるようで。今回は、そんな彼女たちの苦~いエピソードをご紹介します。

本命チョコがいつのまにか…

まずは、心をこめて用意したバレンタインプレゼントが、ちょっとした手違いで台無しになってしまった…というお話から。

◎あなたのためじゃない!

「本命の彼のために作ったチョコケーキ。我ながら会心の出来でした。でも、あとでラッピングしようとキッチンに置いておいたら。なんと夕食後に、母が『○○が作ってくれたのよ。みんなでいただきましょう』と家族のために切り分けて、食卓に…。ひとり暮らしを決意した瞬間でした」(27歳/女性/営業事務)

察しのいい両親ならピンと来るだろうけれど、ちょっぴり鈍感なパパやママは「私たちのためにお菓子を作ってくれるなんて!」と勘違いしてしまう可能性も。実家暮らしの人は、プレゼントの管理にくれぐれもご用心、ということですね。

◎正直に言えばよかった…

「片思い中の同僚に想いを伝えようと、奮発して買った高級チョコ。バレンタイン当日、照れ隠しで『義理だから』と言って渡しちゃったんです。そしたらその言葉を真に受けたらしく、昼休みに部長や課長と一緒に食べていました」(26歳/女性/メーカー勤務)

告白するために必要なのは、素直な気持ちを伝える勇気でしょう。「恥ずかしいから」「今さらストレートに言いにくい」なんて思ってはダメ。この日は正直に愛を告げるのにうってつけの日なのです。

気合を入れた結果…

続いて、告白しようと意気込んだものの決意が空回りしてしまったエピソードを。

◎頑張りが裏目に

「会社の先輩にチョコを渡したくて、バレンタイン当日、いつもよりも念入りにメイクをして出社。すると会社に着くなり、その人に『お前、今日化粧濃くね?』と笑われたんです。ショック過ぎて何もできずに1日を終えました」(24歳/女性/会社員)

この日ばかりは!と力を入れたくなる気持ちはよ~くわかります。でも、あまりに頑張り過ぎると周囲にバレバレだったり、引かれたりする可能性も。浮かれずに普段どおり、を心がけて。

◎チェック不足でした

「中学時代の話です。クラスメートの男子にチョコレートを受け取ってもらえてルンルンで帰宅。その日の夜、お風呂に入る前に何気なく鏡を見たら、なんと鼻毛が出てたんです。相手が気づいていたかどうかわからないけど、それ以来ショックで卒業までずっとその人を避けるように。青春時代の苦い思い出です」(28歳/女性/医療事務)

思春期だからこそ、そのダメージは大きかったのかもしれません。忌まわしい記憶は一刻も早く忘れるのが吉。それにつけても、細部にわたる身だしなみチェックが重要ってことがよくわかりますね。

バレンタイン当日に失恋

最後にご紹介するのは、バレンタインデーに恋が終わってしまった、というなんとも切ない体験談です。

◎彼女じゃなかったの?

「付き合って半年になる彼に『プレゼントを渡したいから会えない?』と聞くと、『その日はデートだから』と断られました。恋人だと思ってたのは私だけ…」(25歳/女性/化粧品会社勤務)

このタイミングで真実を知るのはちょっとしんどいですが…。これ以上ムダな時間を過ごさずに済んだ、と前向きにとらえましょう。

◎告白すらできなかった

「2月14日に会社の先輩に告白しようと決めてたんです。当日、緊張しながら出社すると、先輩がニコニコ顔で登場。みんなの『どうしたの?機嫌いいじゃん』という問いに、『昨晩、彼女にプロポーズしてOKをもらったんだ』と衝撃の返答が!想いを告げることなく私の恋は終わりました」(23歳/女性/会社員)

渡せなかったチョコと想い、ちゃんと昇華できたのでしょうか。ダメモトで気持ちを伝えて、片思いにケリをつけてもよかったかもしれませんね。

当日は何が起こるかわからない

なんとなく幸せな空気に包まれた1日というイメージですが、現実はそうでもないみたい。恋のキューピッドにそっぽを向かれて散々な目に、ってこともあるのです。

浮かれ気分になりがちですが、どんなハプニングにも対応できるよう、気を引き締めておくことをおすすめします。

ライタープロフィール

パル吉
兵庫県の片田舎、相生市生まれ広島在住のこじらせ系アラフォーママライター。 お酒と読書と音楽と広島東洋カープが好き。恋するトキメキはもっと好き。「夢を見ることこそ人生である」をモットーに、女に磨きをかけるべく、日々奮闘中。もっとも、いまだ原石のママとの噂もあるとかないとか。
記事一覧へ

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩
  • 【五行でパワーチャージレッスン】連載一覧
  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 宿曜占星術で読む「相性」

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集