2019.01.28

アラフォーの結婚式事情をリサーチ!ゲストの本音、よかった演出は?

Loading
アラフォーの結婚式事情をリサーチ

40歳前後で婚約したカップルの中には「この年で挙式や披露宴をしたら、周囲に白い目で見られないかな?」と躊躇してしまう人もいるそう。

こちらもおすすめ>>2019年中に電撃結婚できる可能性は?無料で試せる「結婚占い」7選

でも、本音では「一生に一度のことなんだし、年齢なんて気にせずに式をしたい!」と考えている方も多いはず。そんなみなさんに向けて、アラフォーのリアルな結婚式事情をお届けします。演出の参考になるエピソードもあるので、参考にしてみてくださいね。

アラフォーの結婚式ってどう思う?

みんながどんな式をしているのかも気になるけれど、それよりもゲストの反応が心配な人もいるかもしれません。そこで、アラフォーの友人から結婚式の招待を受けたらどう思うのか、みなさんの本音をご紹介します。

「式に出席する機会も少なくなってきてるから、久々にウエディングの雰囲気を味わえるのも、友達の幸せそうな姿を見られるのも楽しみ。既に熟年夫婦のようになってる私からすると、ちょっぴりうらやましい!」(38歳/女性/小売業)

「いくつになっても、おめでたいことじゃないですか?別に『年甲斐もなく…』とは思いません。遠慮せずに、したいならすればいいんです」(27歳/女性/歯科衛生士)

「ご招待いただくのは大歓迎です。でも自分も同年代なので、仲良しでも余興をお願いされるのは少しキツイかも。そのへんは配慮してもらえるとありがたいかな」(41歳/女性/主婦)

好意的な意見ばかりでした!ただし招待客の年齢も高めの場合は、プログラムの組み方は配慮したほうがよさそうです。

アラフォーカップルの結婚式事情

次に40歳前後でプロポーズを受けた女性に、挙式をしたのか、またはどんな式をする予定なのかなど、実際のところを聞いてみました。

◎男性側が式に積極的なカップル

「私と夫は趣味を通じて出会いました。共通の友だちも多く、本当に仲のいい友人だけを集めてカジュアルなパーティーにする予定です」(39歳/女性/金融業)

「お互い初婚だったので、親の後押しもあり、挙式から披露宴まで盛大に行いました」(42歳/女性/税理士)

結婚となると、彼や親の意向も無視できません。彼が挙式に前向きなら、ふたりが思い描くウエディングも実現しやすそうですね。

◎男性側が式に消極的なカップル

「夫が『いい年して見せびらかすなんて』と恥ずかしがって…。『ハネムーンを兼ねて、海外でふたりきりでもいいから』と頼んだら同意してくれました」(40歳/女性/主婦)

「形式ばった式にこだわりはないけど、ドレスは着ておきたいから写真撮影だけさせてもらいます。あとは簡単な食事会のみです」(39歳/女性/メーカー)

経験者のエピソードから、意見が食い違ったときにはどう相手を説得して折り合いをつけるのか、ヒントをもらえそうですね。

夫婦になった実感を得るためにも形にこだわりたいのか、ドレスを着たいだけなのか。なぜ式を挙げたいのか自分なりに答えを見つけて、落としどころを探っていきましょう。

晩婚の式、我慢したことは?

挙式・披露宴を行ったアラフォー花嫁さんに、年齢が理由で我慢したことや、よかった演出などを教えてもらいました。

「いつかは私もブーケトスをしたい!と憧れてましたが、さすがにできませんでした。独身者もいたけど『さらし者みたいになるから、やめてほしい』って声もあるので。代わりにみんなでマイムマイムを踊って、すごく盛り上がりました!」(40歳/女性/広告業)

「もう若くはないし演出はシンプルにして、引き出物や料理にこだわることに。ゲストへの感謝がしっかり伝わったようで、みんなが『○○さんらしい披露宴だった~!ありがとう』と言ってくれましたよ」(39歳/女性/通信会社)

「結婚情報誌で『お色直しは子どもっぽく見える』という意見を目にしました。カラードレスや和服も着てみたかったから、最初は悩んだのですが…。周囲に痛々しいと思われたくないという気持ちが勝ったので、ドレスは白のみで我慢!その分、かなり高級感のあるウエディングドレスを選べました」(42歳/女性/パティシエ)

20代のカップルと同じような式にはできなくても、楽しみ方はいろいろある様子。考え方次第で、いくらでも素敵な式にできそうです。

40代だって純白の花嫁になれる

結婚式のスタイルも多様化しているので、アラフォーになっても選択肢はたくさんあります。そして「ドレスを着たい」「バージンロードを歩きたい」といった気持ちに、年齢制限はないでしょう。一生に一度の大切な日なその日、最高の思い出を作れますように。

ライタープロフィール

ちーたこ
30代ママライター。 出会いの数だけは多かった、20代。失敗した苦い経験も、傷ついて泣いた経験も数知れず。 まんまと騙されてくれた夫と愛する息子のために、日々家事に育児に奮闘中です。 夜が明けるまで友達と語り明かした恋バナや実体験をもとに、恋愛応援記事を執筆します!
記事一覧へ

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 【恋招き♡開運日カレンダー】連載一覧
  • もちこの「大事にされない恋愛をくり返す理由」
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集