2019.01.06

美人じゃないのになぜかモテる、「ちょうどいいブス」の実態と恋愛テク

Loading
美人じゃないのになぜかモテる、「ちょうどいいブス」の実態と恋愛テク

最近、何かと話題の「ちょうどいいブス」。耳にしたことはあっても、その定義や魅力は?と聞かれると、ちょっとわからない…という方も多いのでは?

こちらもおすすめ>>自称・恋愛アドバイザー男は本当に恋愛上手?テクニックをお手並み拝見!

そこで、美人じゃないのになぜかモテる、彼女たちの実態と恋愛テクニックに着目してみました。

「ちょうどいいブス」ってどんな人?

お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイさんがエッセイ本『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を発表したことで注目を集めた「ちょうどいいブス」というポジションの女性たち。

彼女の著書をもとにした夏菜さん主演のドラマも1月10日にスタート予定で、今もっとも旬なワードのひとつとなっています。その定義は「決して美人ではない、むしろ不細工であると自覚しながらも、仕事も恋愛もスマートにこなしている女の人」。

つまり高望みせず、かといって必要以上に自分を卑下しない。「自分にとってのいい塩梅(あんばい)ゾーン」をしっかりと把握している女性を指す言葉のようです。

女性から見た「ちょうどいいブス」

では、世間一般の女性は「ちょうどいいブス」をどのようなポジションに位置付けているのでしょう。リサーチしてみました。

「一緒にいても劣等感を抱かない、だけど恥ずかしくない友達のこと」(27歳/女性/美容師)

「好きな人を安心して紹介できる、でも『あんなのと仲いいの?』とは思われないレベル」(28歳/女性/会社員)

「男性の注目を集める容姿じゃないのですが、場を盛り上げてくれてコンパ要員として呼べる女の子」(24歳/女性/ネイリスト)

「一緒にダイエットや自分磨きを頑張れる、よきライバルになる相手ですかね」(25歳/女性/営業事務)

「見た目はそんなに…なんだけど、ファッションセンスがいい人って印象」(27歳/女性/販売)

なんだか、どちらかと言うと自分にとって都合のいいタイプを答えているような気がしますが…。

男性から見た「ちょうどいいブス」

一方、男性はどのように認識しているのでしょうか。意見をまとめたのでご覧ください。

「いわゆる美女ではないものの、なんか色気がある人」(28歳/男性/医療機器メーカー勤務)

「ちょっと押したら落ちそうな女性かな」(32歳/男性/貿易会社勤務)

「上手に表現できないんですが…顔はあんまりだけど、なんとなくそそられるモノを持ってて、女性らしさと優しさも兼ね備えている…。顔面偏差値は平均よりギリ下、でも内面偏差値は70以上みたいな」(29歳/男性/営業)

「話はめちゃ面白い。知的でユーモアセンスがあって、頭もキレる。『女友達としては最高』って思っちゃうタイプ」(31歳/男性/鍼灸師)

「下ネタOKで親しみやすい、愛きょうのある人」(27歳/男性/製薬会社勤務)

彼らの意見をまとめると、「アリかナシかで言えば、ギリアリかな…」ライン。まさに山崎ケイさんが言う「酔ったら抱ける」ゾーンにいるタイプが該当するようです。

「ちょうどいいブス」のモテテクは?

彼女たちの特徴は「適度にモテる」こと。いったいなぜ?ということで、自称「ちょうどいいブス」の女性たちに、恋愛テクニックを語っていただきました。

◎会社員Aさん(28歳)

「誰にでもフランクに接するから、結構飲みに誘われるんです。美人な女性より声をかけやすいのもあるんでしょうね。でも、3回に1回は断ります。そうすると相手は結構ダメージをくらうみたいで『あれ、俺なんでこんなにショックなんだろ。もしかして…』と勘違いしてくれる」

◎歯科助手Cさん(25歳)

「平均よりちょい下の私くらいのレベルが、男の人が一番気軽に話しやすいタイプなのかな。そこで聞き上手に徹することがポイントです。相手のどんなつまらない話でも大げさなくらい興味深そうに聞いたり、意見を求められたら、彼が欲している答えを予想して伝えたりしますね。これで『僕のことを一番わかってくれる女』になれます」

◎金融関係Hさん(30歳)

「雰囲気美人を目指してます。似合うメイクや服を徹底的に研究し、表情を豊かにするんです。あとは、誰にでも親切に。これで『なんかいい感じ』って思ってもらえちゃう」

自分の「推しポイント」を分析し、そこをさりげなくアピールすることが秘訣なんですね。

現実を受け止めることから

「美人じゃない」と自覚するのは簡単だけど、「私ってブスかも」と認識するのは勇気がいること。でも、自分のポジションを見極めて、身の丈にあった範ちゅうでいい恋愛をし、ライフスタイルを向上させる…。「ちょうどいいブス」って実は新しい自分の愛し方なのかもしれません。

ライタープロフィール

パル吉
兵庫県の片田舎、相生市生まれ広島在住のこじらせ系アラフォーママライター。 お酒と読書と音楽と広島東洋カープが好き。恋するトキメキはもっと好き。「夢を見ることこそ人生である」をモットーに、女に磨きをかけるべく、日々奮闘中。もっとも、いまだ原石のママとの噂もあるとかないとか。
記事一覧へ

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 【ラブスペル~恋を叶える魔法のフレーズ~】連載一覧
  • もちこの「大事にされない恋愛をくり返す理由」
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 向理来×Hoshi「禁断♡男の本音トーク」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集