2019.01.06

想いが伝わる!大好きな人の心が動く!今こそ書きたい「恋文」のススメ

Loading
想いが伝わる!大好きな人の心が動く!今こそ書きたい「恋文」のススメ

好きな人に、手紙を書いたことはありますか?

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に描かれていたような時代が到来し(PART2で描かれた未来は「2015年」でした)、今となっては恋にまつわる手紙は少し「重たい」イメージがあるようです。

こちらもおすすめ>>本当に恋が叶ったジンクス6選!月のアクセサリーをつけたら彼がプロポーズ

相手に嫌がられない恋文の書き方

簡単に削除できるメールやSNSのメッセージに比べて、手紙はものとして残り、捨ててしまわない限りは消えません。

ガラスのボトルに入った百年以上前の手紙が、海で発見されたこともあるくらいです。好きな人への想いがあふれた手紙…それが時を経て後世まで残るなんて、とてもロマンチックですね。

ここ最近は、手書きの手紙だからこそ想いが伝わると見直されてきています。今回は相手に嫌がられない恋文についてのお話です。

ラブレターの全盛期

わたしが中高生の頃は、ラブレターの全盛期だったように思います。
好きで好きでどうしようもない片想い。中には意中の人のリコーダーを吹いたり、内履きの臭いを嗅いだりするツワモノもいたものです。

好きな人と目が合えばズキンと心が痛く、体中が熱くなり、話ができたらその日は薔薇色の一日に。他の女の子と親し気に話しているのを見ただけで絶望したり、思春期の恋は一喜一憂、心は大忙しです。

大好きでどんどんあふれ出るこの想い。面と向かって告白できたらいいけれど、どうしても勇気が出ない。

でも、絶対に伝えたい!この想い!!懐かしいものです。若かったなあと思う反面、案外、青春時代も大人も、片想いの時はみんな同じテンションなのかもしれません。

敢えて手紙をしたためる理由

恋をしている時は、誰だって詩人のよう。スナフキンのように憂いがあったり、与謝野晶子のように激しい感情もあったり。

切ない言葉や季節の移ろいにも敏感になり、甘く少し熱をはらんだ溜め息はしょっちゅう。そんな恋愛真っ最中の気持ちをLINEで短く書き表せるでしょうか。メールで送信できますか?

せっかくの恋。面と向かって伝えるか、手紙で伝えることこそロマンチックな方法で、尚且つ相手を尊重している意思表現になる気がします。

特に面と向かったら言葉が出てこなくなったり、関係のない天気の話をしてしまったり。そんな恐れのある人こそ手紙がいいのではないでしょうか。

いざ、恋文を書く時

好きな人、もしくは恋人に手紙を書く時はまず、頭でいろいろと考えるのではなく、自分の想いをありのまま紙に書き出してみます。
それからゆっくりと伝えたい言葉を選び、素敵な便せんに手書きを。

その際は相手との関係性を問わず、丁寧な言葉(です・ます調)で書きましょう。すでに恋人同士だったり、タメ口で話すような間柄だったりしても。

そして大切なのは、純粋に好きだという気持ちが伝わるようにすること。

(例)同じ職場の片想いの先輩へ
「○○さんへ
お疲れ様です。
本当は直接話せたらいいのですが、緊張してしまうので手紙にしました。
実は、〇〇さんのことが大好きです。何度か勇気を出してお食事に誘おうとしたのですが、どうしても勇気が出ないまま一年経ってしまいました。
せめて想いだけでも伝えたくて。いきなりの手紙すみませんでした。
                         〇〇」

片想いの場合はシンプルなほうがいいでしょう。恋人同士なら、いろいろなことが書いてあるとうれしいかもしれません。夫婦も然り。

例はあくまでも例なので、とてもシンプル。これを基本に肉付けしていってもいいと思います。

渡せなかったラブレター

学生時代、大好きな教育実習の先生がいました。

勇気を出して手作りのバレンタインのチョコとラブレターを用意し、帰りに先生の靴箱へ入れようとすると、帰り支度を整えた先生が、予定より早い時間に他の先生と靴箱に向かって歩いてくるではありませんか。

靴箱へ入れるタイミングも逃し、女の先生と仲良く一緒に帰る彼にチョコなんて渡せません。泣きながら、そして怒りながら静かに二人の背中を見送ったことを思い出します。

渡せなくても大丈夫

恋文を書いたはいいけれど、渡せなかった…なんてこともあるでしょう。大人になると余計にあれこれ考えて、躊躇してしまうのかもしれません。

でも、大切にしたためた恋文を渡せるように持っているのはいいことだと思います。いつでも告白の準備はできているわけですからね。
それに、書いたことによって想いが昇華され、直接言えるようになる可能性も。

背筋を伸ばし、恋文を書くという、その瞬間を大切に。きっとその時間はあなたにとって、とても尊くて実りのある「幸せ」な時間になりますよ。

ライタープロフィール

夏目 詩子
1980年生まれ。 国際薬膳食育師3級保持。 出張料理人として活動するものの、あまりにも方向音痴がひどく、活動休止。 現在は身近な薬膳を生かした簡単レシピを提案しつつ、たまに恋愛コラムも執筆するライター。
Instagram:utakonatsume
記事一覧へ

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩
  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • 【五行でパワーチャージレッスン】連載一覧
  • 石井ゆかりの幸福論
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 宿曜占星術で読む「相性」

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集