晩秋のお月見“十日夜”は、心も癒す「白菜と鶏肉と卵のつけ汁うどん」を【恋する薬膳41】

Loading
yakuzen41_1

【恋する薬膳~迷える女子へ贈る優しいレシピ41】

秋ですね。すっかり涼しくなり、アウターを手放せない季節になってきました。

こちらもおすすめ>>ピリリと刺激的!やせ体質を作るワサビ菜&ピリリと効く恋の名言

この時季、外から帰ってきたら、どうしたって温かいものを食べたくなります。そこでお家で簡単に作れる、お店の味のような「うどん」のレシピをお届けしますね。

月見うどんっぽさもあるので、秋のお月見のひとつ「十日夜(とおかんや)」に食べてもいいかも。これは旧暦10月10日に行われていた収穫祭で、今年は11月17日にあたります。

白菜・卵・うどんの薬膳の効能と栄養

今回は「白菜」と「卵」と「うどん」がメインです。

【白菜】

11月から2月が旬の冬野菜。体にこもった熱を取り、喉の乾燥を予防し、胃腸の働きを整える効果があると言われています。
ほとんどが水分であり、カリウムも豊富に含まれているので水分代謝を促してくれ、むくみ改善の効果も期待できます。

【卵】

黄身と白身とで効能が違います。黄身は薬膳の五性(5つの性質)の「平」、白身は「微寒」です。
黄身は体液や血を補ってくれ、不眠や喉の不調にも効果があるとされています。一方、白身は体の熱を冷まし、目の充血、精神不安の改善に効果があると言います。

【うどん(小麦粉)】

中国では「心気を養う」と言われ、精神安定や老化防止に効果があるとされています。ただし、体を冷やすので温かくして食べたほうがオススメです。

白菜と鶏肉と卵のつけ汁うどん

白菜と鶏肉と卵のつけ汁うどん

≪材料≫約2人分

・うどん…2玉
・白菜…8分の1
・しいたけ…2つ
・鶏肉(小間切れ)…100g
・卵…2つ

〇水…4カップ
〇しょうゆ…2カップ
〇みりん…2分の1カップ
〇顆粒だし…小さじ2
〇さとう…小さじ2

・酒…少々
・米油…少々
・水…たくさん

白菜と鶏肉と卵のつけ汁うどん

≪作り方≫

[1] 熱したフライパンに油をしき、鶏肉を炒め、酒をふる。

[2] 白菜は細切り、しいたけは厚さ5mmくらいに切っておく。

[3] 鍋に〇の調味料を入れ、1と2を加えてて沸騰しない程度に温める。

[4] 他の鍋に湯を沸かし、うどんをゆでて、3と合わせてから卵を乗せ、温めたら完成。味見して好みの味に調整してください。

☆余った汁で雑炊を作っても良し、薄めてスープにしても良しです。

安心を与えてくれる恋こそ美の秘訣

シングル時代は何かとハラハラ、ソワソワするような恋が多いもの。常に彼の浮気を疑ったり、彼の心が離れていくのではと不安になったり…。

「こんな気持ちになるなんて、わたしって心が狭い!」と自分を責めたりしないでください。そんな気持ちにさせる彼にも責任はありますから。

「愛されているから大丈夫」と信頼できる恋って、そのまま結婚につながることが多いのも事実。以前はずっと不安な気持ち=恋愛みたいな感じだった女性も、いざ結ばれた相手は安心感があり、信頼できたという人ばかり。

安心感は「愛されている」という自信につながり、女性を美しく進化させます。

一方、そうでない恋愛をしている人は不安と疑念の心で、名探偵ばりに携帯の解除方法を知っていたり、カマをかけるトーク力を磨いていたり、アリバイを毎回確認するような疑心暗鬼のプロになっています。

悲しくなっちゃいますよね。

恋は初めが肝心

わたしの友人は、彼に嘘をつかれているのを薄々勘づきながらも別れることができずにいました。

いつもいつも「今頃、彼が誰といるのか」を考え、クリスマスや誕生日は、必ず不自然な「会えない言い訳」を責めながらも離れられずにいたのは、「いつか結婚するよ」と言われたから。

彼女はその言葉にすがることを選びました。そして、きっと嘘なのだろうとわかっていながらも目をつぶり、どんどん憎しみが育っていきました。

ひさしぶりに会った彼女の目はつり上がり、顔つきが変わっていました。実は彼は結婚していたのです。

このケースはとても極端ですが、安心感はとても大切です。せめて、その彼の嘘がもう少し上手だったら…もっと上手に別れてくれたなら、彼女も安心してだまされたのに。こんな目つきにならなくてよかったのに。と思いました。

そもそも、こんな悪い男を好きにならなければいいのでしょうが…恋ってそう簡単には軌道修正できないもの。だからこそ、初めが肝心なのかもしれません。

自分にほっこりはんなご褒美を

ところで月は感情を司る星。だから満月に近づくにつれ、感情があふれ出て不安定になりやすいんですって。

恋に疲れイライラ、悲しくてたまらない…そんなときは、ほっこり温かな「うどん」でも食べて心と体に栄養を。

ライタープロフィール

夏目 詩子
1980年生まれ。 国際薬膳食育師3級保持。 出張料理人として活動するものの、あまりにも方向音痴がひどく、活動休止。 現在は身近な薬膳を生かした簡単レシピを提案しつつ、たまに恋愛コラムも執筆するライター。
Instagram:utakonatsume
記事一覧へ

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩
  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • 【五行でパワーチャージレッスン】連載一覧
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い

人気のキーワード

  • 2019年の運勢
  • LINE@
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集