2018.09.05

不倫の恋の終わらせ方…後ろめたい、その恋から抜け出せないあなたへ

Loading
不倫の恋の終わらせ方…後ろめたい、その恋から抜け出せないあなたへ

後ろめたい恋がもたらす極上の快楽は、いつの時代もドラッグのように依存性があるもの。やめなくちゃいけないと頭ではわかっていても、肌があの人を求めてしまう。

こちらもおすすめ>>「不倫や浮気をされてしまう」女はホロスコープで分かる!? 3つの星の配置に注意

逢えない夜は彼を想い、離れている時間の分だけ想いを深め、もう後戻りできない。
後ろめたい恋はあなたに妖艶な美しさを纏(まと)わせ、彼はどんどんあなたにのめり込んでいく。そんな彼が愛おしくて理性は溶けてしまい……。

美しくも残酷な物語へ

愛するがゆえの切ない夜を乗り越える経験は、いつの世も歌になり、本になり、語り継がれていくほどの物語へと育っていきます。

それが不倫だと世間からの批判も加わり、一層ドラマティックかつ残酷な結末を迎えることが多いのも否定はできません。

出逢った瞬間に始まっている

彼と会った瞬間、「あ、そういう関係になるな」と感じませんでしたか?
お酒を飲みながら手をつないだだけで、指まで愛おしいと思ってしまうほど。

きっと会話中もお互いの唇を見つめていることでしょう。
そんな時って本人たちの頭の中には「不倫」という意識はなくて、ただ単純にときめいている……と思っているけれど、それは勘違い。もしかしたら性欲が気持ちを押し上げている感覚なのかもしれません。

「触れたい」
「抱かれたい」
「わたしを見て」

妙なことに性欲の強い時期というのがあって、不倫に身を投じる女性はだいたい性欲が強い女性。もしくはそういう時期に不倫することが多いのではないでしょうか。

関係が深まると

何度か体を重ねると、ようやく後ろめたい感情が生まれ、それとは裏腹に恋愛感情が深まっていきます。

平日は毎日のように連絡をとり、逢える日は思いっきりオシャレして。土日は寂しくて切なくて家にいたくないと思うようになってきたら、それはもう本当に好きになってしまった証拠。

初めのうちは彼を好きだからこそ、あなたは奥さんのことを大切にしてほしいと思います。泊まらせず、夜の闇が深くなる前に奥さんの元へ帰してあげる。髪の毛や匂いが残らないよう気を配って……。

クリスマスや季節のイベントの話題は自分からは出さないようにしたり、休みの日は決して連絡することなく、なるべく予定を入れたり、習い事をしたり。
でも七夕の夜だけはちょっと特別な気がするかも。

とにかく、お休みの日はできる限り彼のことは考えないように忙しくしてしまう。
それもこれも、少しでも永く彼との関係を続けたいからなのかもしれません。

関係を終わらせる

ある日、どちらからともなく「この関係を終わりにしなくては」という感情で心がいっぱいになる時がくるでしょう。

女性のほうから終わらせる場合は、他に好きな人ができたか、愛しているからこその決意か、奥さんへの罪悪感からか、「関係を終わりにしよう」と勇気を出して決断することが多いはず。
だいたいはこれで一件落着。誰にも知られることなく終わります。

男性側からの場合、相手の女性はとても悲嘆にくれるでしょう。我慢してきたことが一気に爆発してしまうこともあるかもしれません。

「もしかしたら、いつか一緒になれるかも」と淡い期待を抱いた自分の愚かさを恥じ、後悔し、責めたり。
現状に絶望し、何もかもが嫌になってしまうかもしれないし、自暴自棄になることも。

わたしの場合、こちらからの連絡を一切絶ちました。SNSから連絡が来た時はアカウントを削除して徹底的に彼の前から姿を消しました。
これから先、もう二度と逢うことはないでしょう。

昨今、不倫を美化する映画やドラマも多く公開されていますが、結局のところ誰かを裏切る行為なのは確かなのです。

時間の魔法

時の流れの威力はすごいもので、どんなに愛していてもいつしか記憶は薄れ、やがて消えていきます。

ましてや、後ろめたい恋は心のどこかで早く消したい過去と見なすのか、あんなに好きだったはずの人を「なんで好きだったのだろう」と思わせるほど、どうでもいい人になることもあります。人間は都合のいい生き物だとつくづく思う瞬間でもあります。

女性は特に過去の恋愛に対して切り替えが早く、男性のように「昔の彼女はまだ自分のことを好きなんじゃないか」という幻想は一切抱きません。

女性のほうが過去の思い出を清算するのは早いもの。もし、苦しい恋や我慢の恋をしているなら、絶望を味わうよりも自分から潔く幕を引くことで、新たなスタートを切るタイミングを早められるのではないでしょうか。

そして、「別れる」ことは時に、何よりも深い愛の表現なのかもしれません。

ライタープロフィール

夏目 詩子
1980年生まれ。 国際薬膳食育師3級保持。 出張料理人として活動するものの、あまりにも方向音痴がひどく、活動休止。 現在は身近な薬膳を生かした簡単レシピを提案しつつ、たまに恋愛コラムも執筆するライター。
Instagram:utakonatsume
記事一覧へ


 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • 文月悠光 12星座の恋愛詩
  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 木曜インタビューただし、イケメンに限る
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い

ランキング

人気のキーワード

  • 使えばもれなく開運!超運ダイアリー
  • LINE@
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集