2018.09.04

不倫やヒモ男との恋に終止符!「不幸な恋」から卒業したエピソード3つ

Loading
不倫やヒモ男との恋に終止符!「不幸な恋」から卒業したエピソード3つ

遊ばれたり、ときにだまされたり。よくないとわかっていても好きにならずにはいられない。そんな不幸な恋にハマってしまったことはありませんか?

こちらもおすすめ>>「別れたくても別れられない」問題に終止符を!心の呪縛を解く秘訣を伝授

私には関係ないと思っていても、恋は予測不能。自分の身にもいつ何が起こるかわかりません。
そこで今回は、ツラい恋愛を経験してきた女性たちに、当時の気持ちと負の連鎖を断ち切ったきっかけを聞いてみました。男性から得た「こんな子はだましやすい」情報も必見です!

人のものが欲しくなる

まずは、妻帯者や彼女持ちばかりを好きになっていたY子さん(28歳/営業事務/女性)のケースをご紹介します。

「奥さん(本命)がいるのに私を好きになってくれるということに、優越感を抱いていました。私のほうが女として勝っている!みたいな。心のどこかで、自分は一番にはなれないことはわかっていたはずなんですけどね」

◎卒業したきっかけは?

「道ならぬ恋に溺れていたときは、心の底から“妻から逃げられない彼がかわいそう”と思っていました。けど、不倫している男友だちに、男側の本音を聞くうちに目が覚めたんです。友だちの結婚式に呼ばれる機会も増えたことで、ちゃんと未来を考えられる相手が欲しくなりました」

あえて狙っているわけではないのに、なぜかいつも既婚者ばかり好きになってしまう…という人もいるかもしれませんね。

男性によると、そういう気質の女性はなんとなくわかるそうです。そして、そんな“結婚していると知っても受け入れてくれそう”な子を、火遊びの相手に選ぶのだとか。

もう少し詳しく男性に聞いてみました。

「学生時代の恋愛経験が少ないとか、自分に自信がない女性って、不倫や浮気相手としての交際でもなんだかんだ受け入れてくれる気がする。なのでそういう子を狙います。うっかり潔癖な人を口説いて、面倒なことになったらイヤですからね。あと恋愛体質の子や、毎日の生活にあまり刺激がなさそうな子もいけます」(33歳/金融系/既婚男性)

口のうまい男性にほだされる

次に登場するのは、言葉巧みに近寄ってくる男性にコロッと心を奪われていたH香さん(27歳/メーカー/女性)です。

「私は小さい頃から褒められた記憶があまりなく、以前はかなり自己肯定感が低かったと思います。だからなのか、やたら褒めてくれる男性にホロリといってたんですよ。口がうまい人ほど浮気性が多いのはわかっていたのに…」

◎卒業したきっかけは?

「当時の恋愛事情はズタボロでした。遊んでは捨てられての繰り返しで。そこで一度違うことに没頭しようと思い、それまで惰性でやっていた仕事に必死で取り組んでみました。結果が出るにつれて自分に自信がつき、自然と素敵な男性に口説かれるようになったんです」

ひとりの女性としてのランクが上がると「そんな人をだますなんて恐れ多い」「自分など相手にされるはずがない」とダメンズたちは敬遠するのだとか。

「マイナス思考な子はだましやすいですよ。ちょっと褒めるだけですぐ喜ぶから。ノリがいい子も口車に乗せやすいけどね」(28歳/不動産業/男性)

なんて言う男性も。

ヒモ男を引き寄せる

最後に、尽くしすぎることで彼をとことんまでダメ男にしてしまっていたA美さん(30歳/看護師/女性)のお話をご紹介します。

「これまで付き合ってきた人はほとんど、交際後すぐに私の部屋に入り浸っていました。生活費も払わないことが多かったですね。利用されているとわかっていても、頼られるのがうれしくてなかなか関係を断ち切れませんでした」

◎卒業したきっかけは?

「このままではマズいという気持ちもあり、まずは彼のお願いをひとつ断ることからはじめてみました。また、いつも私が彼に合わせてばかりでしたが、勇気を出して『今日は友だちが来るから自分の家に帰って』と要望を伝えたこともあります」

女性に寄生するタイプの男性によると、自分を許してくれる相手をうまく嗅ぎ分けることができるそうです。どんな子をターゲットにするのか聞いてみたところ、

「優柔不断でなんでも人に合わせるタイプの子は、都合よく利用できる率が高い気がしますね」(26歳/飲食店/男性)

とのこと。あなたは該当していませんか?

勇気を出して最初の一歩を!

3人のエピソードで印象的だったのは、みんなに共通する「これではダメだとわかっていたはずなのに」という部分です。どうすれば、不幸な恋から脱することができるのか。その方法はわからなくても、心のどこかで変わりたいと願っていたのでしょう。

その気持ちがあったからこそ、今は幸せをつかめているのかもしれません。私って恋愛運が最悪!と苦しんでいる人は、一度、自分自身と向き合ってみてはいかがですか?

ライタープロフィール

ちーたこ
30代ママライター。 出会いの数だけは多かった、20代。失敗した苦い経験も、傷ついて泣いた経験も数知れず。 まんまと騙されてくれた夫と愛する息子のために、日々家事に育児に奮闘中です。 夜が明けるまで友達と語り明かした恋バナや実体験をもとに、恋愛応援記事を執筆します!
記事一覧へ


 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • 文月悠光 12星座の恋愛詩
  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 木曜インタビューただし、イケメンに限る
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い

ランキング

人気のキーワード

  • 使えばもれなく開運!超運ダイアリー
  • LINE@
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集