2018.04.26

疲れる入浴とリラックスできる入浴の違いは?4/26「よい風呂の日」に解説

Loading
疲れる入浴、リラックスできる入浴の違いは?4/26「よい風呂の日」に解説

4月26日は「よいふろの日」。もちろん、その由来は「426(よいふろ)」の語呂合わせですが、2014年4月26日の映画『テルマエ・ロマエ2』の公開に合わせて、正式に認定されたようです。

こちらもおすすめ>>頭皮が汚いとおブス化する?しっとり美しい髪をを育てる「頭皮ケア」

そんな「よいふろの日」である今日、お風呂について、いろいろ考えてみようと思います。

お風呂に入ると疲れる人もいる?

お風呂というと、疲れが取れる、リラックスできる、汗をかいて体調を整える、といった魅力的な部分がクローズアップされがちですが、実はお風呂に入って、逆に疲労するというケースもあります。

実は筆者も、入浴すると疲労感が増すタイプなのですが、知り合いのエステティシャンに聞いたところ、「入浴方法と体調を見極めたほうがいい」とアドバイスされました。みなさんにもその内容をご紹介しますね。

入浴すると疲労感が増す理由

◎体力がない

まず、湯船につかると、体内の熱を外に逃がすために汗をかきます。この発汗を心地よいと感じる人は多いでしょう。でも、ここで体力も消費されるんですよね。だから体力のない人は、入浴後に疲労感を覚える場合があるそうです。

◎お湯がぬるい

お湯の温度も関係しています。ぬるめのお湯が推奨されていることが多いようですが、ぬるいお湯はリラックスのための副交感神経を優位にするので、体の力が抜けるんですね。この状態を疲労と感じる人もいるそうです。

一方、熱いお湯は交感神経が優位になり、元気にはなりますが、心臓などへの負担もあって、長風呂には向きません。どちらも一長一短という感じがしますね。

◎さら湯が苦手

いわゆる「さら湯」と呼ばれる状態は、熱の伝わり方が大きいので、疲れやすいとされています。疲労感を覚えやすいなら、入浴剤などを入れたほうがよさそうです。

◎タイミングによる

運動した直後、食後、飲酒後などの入浴も疲れやすいので、控えたほうがベター。

◎長時間つかる

また、長時間の半身浴がデトックスによい、という言説が広まっているため、長時間お風呂に入るのはよいこと、とされる傾向がありますが、体調によってはNG。体調がすぐれない、生理中、といったときは控えた方ほういいかもしれません。

自分の体と相談するのが大事

「テレビで見たから」「あの人がいいと言ってたから」と、無理をして、合わない入浴法を続けるのは危険。自分の体調をよく考えて入浴することが大切です。

時には湯船に熱めのお湯を張り、3~5分程度の短時間入浴をしたり、ぬるめのお湯に少し長くつかったりと、体の状態に合った入浴を心がけることをおすすめします。

お疲れ顔はおブスのもと。バスタイムを有効に使って、お風呂美人になってくださいね。
元気で活き活きとしている女性は、同性にも異性にも、きっと「ステキな人だな!」と思われますよ。

ライタープロフィール

天野 りり子
ライター/編集者 大学在学中からライター&編集稼業をスタート。女性誌ではビューティ&ヘルス企画、男性誌では恋愛記事を多数執筆、書籍編集も手がける。 趣味は読書とタロット占い、そして恋バナを収集すること。
記事一覧へ


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 柴田淳の恋愛コラム
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 木曜インタビューただし、イケメンに限る
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 使えばもれなく開運!超運ダイアリー
  • 無料で占える!2018年の運勢
  • LINE@
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集