2013.02.22

ドイツ、カナダ、韓国…ダーリンは◯◯人!実際どうなの?国際恋愛

Loading
news_201

長引く不況・就職難に、就活の場を海外にまで広げる人もそう珍しくない世の中になりました。
そして、恋愛事情にも同じような波が…? 海外で婚活や恋活、というと非現実的に聞こえるかもしれませんが、ちょっと昔に比べると、街で国籍の違うカップルを目にする機会も格段に増えたように感じます。留学や海外赴任などが身近になったのも、理由の一つなんでしょうね。今回はそんな、国際恋愛事情を探っていきます。

海の向こうではモテモテ?

「高校卒業後、アメリカの大学に進学。それまでは地味でまったくモテなかったのに、突然複数の男性から猛アピールを受け、戸惑ってしまった。在学中の4年間、彼氏に困ることはありませんでした(笑)。」(25歳・商社)

小柄でかわいらしく、優しい日本人女性は諸国の男性には好まれるのだそう。海の向こうには恋のチャンスもいっぱいありそうですね。
一方で日本人は警戒心が薄いとか、お股がゆるいとか、ビッチな評価も…断れないところにつけこまれて、痛い目に合わないようにしなければ! なのです。

ダーリンは○○人!出会いのきっかけは?

ところで、国際恋愛っていったいどんな感じなの? 文化の違いが原因でケンカになったりしないんでしょうか? 実際に外国人とお付き合いしている女性たちに「出会ったきっかけ」と「彼が外国人ゆえの悩み」を聞いてみました。

■カナダ人の彼はロマンティック?
「留学先のキャンパスで、彼から猛烈なアプローチを受けて付き合いはじめました。彼に関する悩みは特にありません♪
あ、でも
『愛しているよ、君は僕の天使だ! キャンディだ!』
『ずっと一緒にいよう、僕は年老いてしわくちゃになった君に「きれいだよ、ハニー」と言う自信がある』
など、甘ったるい言葉には若干引きます。」(23歳・学生)

欧米の男性の愛情表現ってびっくりするくらいスイートですよね。うらやましいような、むずがゆいような…。

■とにかく頑固! ドイツ人の元彼
「彼が同業者だったので、仕事関係で会ううちに意気投合、いつの間にか恋愛に発展。
まじめで優しく、悪い人じゃなかったが、融通が利かず、そのうえ超頑固だった! 絶対に自分の意見は曲げないし、デートも常に彼の都合に合わせていた。彼によると、母国ではみんなこんな感じらしいが、本当かな? ま、日本人にも頑固な男は多いしね…。単に彼の性格の問題だったのでは、と今では思っている。」(29歳・家具デザイナー)

お国柄ってのももちろんありますが、相手がどこの国の人であろうが、結局は人間どうしのお付き合い。フィーリングも大切だけれど、お互いを大事にできてこそ、恋だってうまくいくものですよね。

■韓国人の彼は優しくて情熱的、でも…
「行きつけのカフェにアルバイトで入ってきた彼に、私が一目ぼれしたことから始まりました。韓国人男性は日本人の男性に比べると考え方が男らしくて、情熱的だと思います。優しくて、いつも私のことを一番に考えてくれて幸せだけど、日韓の間で問題が起きたときは、やはり考え方の違いを痛感させられました。もちろんそれが原因でケンカはしないけど、あまりにも考えの差が大きすぎて…愛だけでは埋められない、歴史的な何かを感じました。」(26歳・事務)

愛は国境を越えるけれど、国家間の大きな問題に直面してしまうこともあるんですね。

文化や価値観の違いを乗り越えて育まれた愛は、これまで知らなかった世界を見せてくれそう!
国境はあれど恋はボーダーレス。同じ人間であり男女ですもの、視野とストライクゾーンを広く持ったなら、これまでより出会いの可能性はぐんと増えるかもしれませんね!

(文=石村佐和子)


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集