お粥には10のメリットが!七草粥で春のパワーを取り込み恋を引き寄せて

Loading
news_3425

1月7日は「人日の節句」。七草粥を食し、お正月のごちそう続きで疲れた胃腸を休める日です。

こちらもおすすめ>>大根レシピでデトックス!忘れたい恋の思い出も老廃物も吹き飛ばせ!【恋する薬膳21】

今年は日曜日ということもあって、お正月気分が抜けきらない人も多いかもしれませんね。でも、このゆったりとした冬の朝こそ七草粥をいただいて、気持ちをパリッと切り替えてはいかがでしょうか?

七草粥、食べるなら朝食がベスト

さて、七草粥とはご存知の通り春の七草(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)を入れたお粥のこと。1月7日の朝食にこの七草粥をいただき、松飾りを片付けるのが習わしです。

お粥かぁ……と、イマイチ食指が伸びない人もいるでしょうか。確かに、お粥は病気のときの食べ物というイメージが強いですよね。
ダイエットにはお粥がいいとも言うけれど、普段の食事ではあまり「そうだ、お粥を食べよう!」とはならないかもしれません。

しかし、禅の教本『摩訶僧祇律』には「粥有十利(しゅうゆうじり)」という言葉があり、お粥を食する10のメリットが並べられています。

1.「色」肌つや顔色をよくし
2.「力」気力をつけ
3.「寿」寿命を延ばす
4.「楽」食べ過ぎず体が楽になる
5.「詞清辯」頭の働きが良くなり、言葉も清く爽やかに
6.「宿食除」消化がよく、前に食べたものが残らず胸にもたれない
7.「風除」風邪をひかない
8.「飢消」空腹を癒し栄養となる
9.「渇消」喉を潤す
10.「大小便調適」お腹の調子を整える

あら、いいことずくめじゃないですか!
本来ならば禅寺のように、毎朝お粥を食べるのが理想的なのでしょうが、それもなかなか難しいところ。七草の日をきっかけに週に一度は朝食にお粥、なんて日を作るのもいいかもしれませんね。

七草の花言葉って知ってる?

さて、今はスーパーに行けば春の七草セットなんかも販売されているので、わざわざ野原に摘みに行かなくてもお手軽に楽しめてしまいます。
この七草の効能と、花言葉をご紹介しましょう。

・セリ…デトックス(花言葉:高潔・清廉)
・ナズナ…風邪予防(花言葉:すべてを捧げます)
・ゴギョウ…消炎作用、気管支や喉の痛みに(花言葉:永遠の想い)
・ハコベラ…解毒・消炎・利尿便通(花言葉:愛らしい・密会)
・ホトケノザ…健胃・整腸(花言葉:小さな幸せ・調和)
・スズナ…消化促進・便秘(花言葉:晴れ晴れと)
・スズシロ…消化促進、ガスやゲップに(花言葉:潔白)

疲れた胃腸を休める、というコンセプトにぴったりの効果効能がずらり。さらに、この季節につきものの風邪まで予防する、とのこと。
胃腸をいたわり解毒や消炎作用がある、ってことは、もちろん美肌や気分の安定にもつながりますから、異性を惹きつける魅力のベース作りにぜひ取り入れたいものです。

七草粥で恋に力を!

そして、花言葉を見ると、どれも古風な日本人女性の凛としたイメージ……少々控えめながらも清楚で力強い恋愛像が浮かんできます。早春の七草パワーで小さな恋の幸せをつかまえて、夏に向けて大きく育てていけるといいですね!

ライタープロフィール

石村 佐和子
エディター・Webディレクターを経て、結婚、出産後、フリーライターに。微妙に偏った恋愛経験を持つ、アラフォー二児の母。好きなことはモノ作り、工場見学、カフェ巡り。将来は陶芸などしながら優雅に暮らしたいと目論んでいます。
記事一覧へ


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 木曜インタビューただし、イケメンに限る
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 使えばもれなく開運!超運ダイアリー
  • 無料で占える!2018年の運勢
  • LINE@
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集