2017.12.11

好きなタイプと相性のいいタイプは別!? イヴルルド遙華×ディグラム木原スペシャル対談[前編]

Loading
news3358_1

予約のとれない占い師といわれるフォーチュンアドバイザーのイヴルルド遙華さんと、各メディアにひっぱりだこのディグラム診断の木原誠太郎さん。
人気のお二人がコラボした書籍が12月2日に発売されました。その名も『占いを科学する!!! 完全版 最強のエレメント占い』。刊行を記念して行った、スペシャル対談の模様を、前後編にわけてお届けします。

>>後編を見る

コラボ本を出したきっかけは?

イヴルルド:今年、福岡の番組で木原さんとご一緒させていただいたんです。二人で相談役となって、芸能人のお悩みを解決するという番組だったんですけど、いろんなタレントさんたちが相談にくる中で、木原さんのアドバイスが、「わかる~!」というポイントが多くて。
木原さんのディグラム診断と私の占い、ジャンルは全然違っても、だいたい同じ結果だったんですよ。それがすごくおもしろいと思って。木原さんのデータを活用して自分の占いが強化できたらいいな、と。それで、みんなが開運できる最強の1冊をつくりたい! と考えて、木原さんにお願いしました。

木原:お願いされました(笑)! 僕もイヴさんとご一緒して、話す波長が似ているな、と感じていました。ただ、僕はデータの人間なので、占いって全然わからなかったんですよ。
でも、イヴさんの言っていることがすごく納得できるのと、占いも統計学と言われているので、僕らもそれをいつか分析したいな、と思っていたんです。
ちょうど、イヴさんのエレメント占いというのがあって、それを分析してみましょう、ということになったのがきっかけですね。

――イヴルルドさんの「エレメント占い」は、生年月日から10個の「エレメント」と呼ばれる星にわけて判断する占い。木原さんの「ディグラム診断」は、もともと心理学の「エゴグラム」という性格診断のための心理テストに、独自に集めたデータをかけ合わせて、31タイプ(波形)にわける診断方法。実際には、20の問いに答えるだけで診断できます。
今回刊行された『占いを科学する!!! 完全版 最強のエレメント占い』は、イヴルルドさんの「エレメント占い」をベースに、各エレメントの本質や恋愛、仕事などを、木原さんのもつ膨大な統計データで分析した一冊です。

イヴルルド:私自身、エレメントを使って占いをずっとしてきたんですけど、一人で占える人数って限られているんですね。私が今まで鑑定してきたデータと、もっとそのパイを広げたときの結果は、どうなるんだろう? と思って。
それを木原さんにマーケティングしていただいて、調査した結果、私の中で「やっぱり~」という、同じような結果が出てきたんですよ!

木原:イヴさんとはお互い、山の登り方は違えど、登る先は一緒で。例えば、悩みを解決したりとか、これからの人生をどうしようか、それを解決するのが僕らの仕事。イヴさんは占いでそれをやっていて、僕らはデータでやっているんです。
イヴさんのいる占いの業界と、僕のいるデータでセルフカウンセリングするという業界は、「お隣の業界」だと思っていて。あ、データでセルフカウンセリングする業界って、僕だけなんですけどね(笑)。

イヴルルド:(笑)木原さんのデータで、男の人ってこういうことを考えているんだ! というのがわかるので、悩める女子が傷つく前にちょっと予防できたり、確認できたりするような本になったらいいな、というのがあって。

木原:女性の悩みって結構あるじゃないですか。それを「男性はこうなんだぜ!」というのは、もちろんイヴさんの占いのデータも、ものすごくたまっていると思うんですけど、ランキングやパーセンテージなどの客観的なデータを補うと、より説得力が増しますよね。今までにない、革命的な本になったと思っています。

――二人がお話しする通り、これは本当に革命的な一冊です。女性はもちろんですが、占いに懐疑的な男性にすすめても「おもしろい!」と言ってくれそう。

好みのエレメントと相性のよいエレメントは別!?

イヴルルド:おもしろいことに、人にはそれぞれ、自分の好みのエレメントがあるんですよ。

木原:相性もあるんですよね。

編集部:私、お付き合いした人がみんな鉄星人でした。

イヴルルド:そうでしょ。だって、グレーのニットを着てますもんね。だいたい女の人は、好きな男の人のカラーを着るんですよ。鉄星人だと、グレーとか、メタリック、シルバーとかね。別れたり、違う人に興味を持ったり、ケンカしたりすると、その色を着なくなりますよ。
これ、決まってるんです。私の場合だと、男女ともに海星人、雨星人が好き。だから、油断すると海、雨星人に目がいっちゃう。木原さんもそうで。

木原:海、雨な僕(笑)。

イヴルルド:だけど、自分の好みのエレメントと相性のよいエレメントは別なんです。

木原:それ、ありますね。

イヴルルド:私自身は太陽星人で、海星人、雨星人が好きなんだけど、相性でいうと激しさを持っている二人なんです。10個のエレメントの中で、いろいろなものを壊したり、飲み込んだりできるのが太陽星人と海星人と雨星人ですから。
だからマッチするときはすごくいいけど、ケンカは激しい(笑)。でも、自分自身付き合った人は全員水関係の星人。旦那も! だから、あきらめたんですよ。「私は、水が好きだー!」って。

木原:(爆笑)

イヴルルド:万が一離婚しても、また水関係の星人に行くんだ、と。何度も繰り返すだけだから、惚れた弱みとして面倒を見るか、あんまり興味のない人と結婚するか、しかないんですよ、人生って。

木原:まったくその通り! 僕の会社で「ディグラム婚活」という婚活イベントをやってるんですけど、好きな人と、付き合って結婚する人って違うんですよね。

イヴルルド:違いますよね!

木原:実は、好みじゃないけど結婚している人のほうが結婚満足度が高いんですよ。好きだと、どこかでプスプス燃えたり、ケンカしたり、何かが起きやすいのは確かですね。

イヴルルド:だから「好き」を優先するか、あんまり好きじゃないかもしれないけど、幸せにしてくれる男と結婚するか。

木原:でも、それも選択なんですよね。どっちがいいとか悪いとかなく。

イヴルルド:そう。だから、この本で自分がどういう人なのか、また、相手がどんな人なのかを確認してほしいんです。

木原:自分を“見える化”するのがものすごく大事ですね。この本はいい教科書だと思いますよ。

――「自分がどういう人か」もわかるし、反対に、「自分はこうすべきなんだ」という変な思い込みにも気づかせてくれる…自分を客観視するのが苦手な人にとっては、ありがたいの一言に尽きる一冊と言えそうです。

2018年5月からは自分の価値を上げるとき

イヴルルド:2018年の5月に天王星という星が、7年ぶりに動くんですよ。その前に動いたのは2011年の3月12日だったんです。

木原:わ!転機なんですね。

イヴルルド:そうなんです。だから、どの生き方が幸せなのか、結婚することが幸せなのか、一人でいるのがラクで楽しいのか、この7年半で考えないといけなかったんですよ。
女子で言うと、ナチュラルメイクやヨガが流行ったりしたのも、ありのままの自分になって、自分を知ろう! というのがあったから。次は第2のハウスに移動するから、自分の価値を上げよう! というところにいきます。

木原:なるほどね。僕、2011年の3月をきっかけにディグラム・ラボという会社をつくろうと考えたんですよ。
当時、大手の広告代理店にいて、とある食品会社のプレゼンの準備をしてたんです。余震が続く中、「家族の幸せ」というテーマでプレゼン資料をつくっていて、ふと、こんなことをしていていいのかなって思って。
僕がもっている、しゃべって盛り上げたり、相談にのったり、そういうスキルを直接活かせないか、と思ったのが2011年の5月くらい。その2ヵ月後には会社を辞めました。
奥さんにも顔が死んでいるから辞めて好きなことやりなさいって言われて。それがちょうど前に天王星が動いたときだったんですね。

イヴルルド:はい。運がいい人は流れに沿って行動しているんですよ。だから運がいい人の鑑定だと、答え合わせって感じでラク~。流れに沿っていない人はちょっと厄介です。

木原:占いって、自分の人生を振り返るきっかけになるじゃないですか。僕もデータを見ていて、「あなたの過去・現在・未来で、性格はどう変わりましたか?」って聞くと、わからないという人とわかっている人にはすごく差があります。

イヴルルド:結構、差が出ますよね。占いは過去のことも観られるし、未来のことも予測して、自分はこういう性格だから、こうなりやすいってわかるわけだから、それはやっぱり定期的にチェックするのがすごく大事だと思います。
先ほども言ったように2018年5月に星が動いて、自分の価値を上げる7年間になるんですよ。このときに自分の価値が上げられなかったら、次に価値が上げられるのは、なんと84年後なんです。

木原:僕たち、もういないよ(笑)!

イヴルルド:私たちの年齢だと、来世にかかってくる(笑)! だから、来年の5月の星が動くときに、得られるものは、絶対見つけたほうがいいと思うんですよ、自分のことだから。自分に興味をもつようにするべきです。

木原:それってベースですよね。いろいろうまくいかない人は、ディグラムの診断で自分のことを書くのさえ、面倒だと思うみたいですから。

言葉の画数と顔の科学

イヴルルド:言葉の画数を調べるとおもしろくって。例えば「恋」。これは空まわり、孤独って意味の画数なんです。で、「愛」は人気、愛されるという画数なんですよ。すごくないですか?

木原:すごい、おもしろい!

イヴルルド:「恋人」は、遠回りする、という画数になるんです。言葉ってめっちゃおもしろい! 
「結婚」は一代で財を成すという画数だから、二人で協力して一代で何かを成し遂げて形にしていくという意味で、「離婚」は一か八かの運勢なんですよ。のるかそるか! みたいな。
だから、離婚して「実はいい旦那だったんだな」「離婚するとシングルって大変!」とか、逆にもっといい人と再婚できるかもしれないし。一か八かの運勢の確率を上げてほしいと思ったんです。

木原:確率は大事ですね。確かに、再婚に向いている人、向いていない人の性格もあると思います。やっぱり、協調性だったり、ディグラム診断でいえばNPの数値が高い、これは優しさが強い人なんだけど、そういう人だと再婚がうまくいく可能性が高いです。
反対に、劣等感をもっていてこだわりが強い人は、離婚した後に自分を責める傾向があります。なので、結果的にネガティブな状態。たぶん、悪いことの上に悪いことが起きるような言動、行動をしがちなのではないかな、と思いますね。

イヴルルド:それ、わかります。

木原:ちょっと専門的な話になりますけど、調査の仕方には2種類あって、パーセントなどの数量や割合で分析する定量調査と、発言や行動など、数では表せない質的なもので分析する定性調査があるんです。
僕らが大事にしているのは定性調査のほう。その中でも大事なのは、僕は顔だと思っていて。「face to face」でしゃべっているときの顔にだいたい出てくるんです。目や顔の輪郭、雰囲気が特にそうなんですけど。

木原:イヴさんって、どう考えてもいい顔じゃないですか! イヴさんも毎日いろんな人を鑑定しているし、僕もいろんな人を診断しているんですけど、いろんな人の顔を見るようになって、だいたい顔でわかるようになってきましたね。

イヴルルド:顔相ってありますしね。だから、悲壮感漂う人には話しかけようとは思わないし、小学校の同窓会に行ったら、イケメンだったのにブサイクになっていたり。
あれって、人生の糧で顔って変わるから。いい仕事をしたり、自分に自信がついたりすると、誰でもイケてる顔になりますよね。

木原:そうそう。だから「顔を科学」したい、って思いますね。流れがある中で、自分のやるべきことの戦略、戦術をしっかり立てて、流れに合わせてちゃんと行動した人って、すごくいい顔していると思うんです。
僕がやっているディグラム診断は波形のデータで診断します。その波形で、自分のことが嫌だなと思っている性格なのか、すごいポジティブな性格なのか、というのを31種に分けているんです。
68%は自分のことをアンハッピーだと思っていて、32%がハッピー、幸せと言われている。そういう人たちってだいたいわかります。イヴさんの波形タイプはハッピーなほうのACボトム型ってわかりますもの。

イヴルルド:診断してもそうでした(笑)。

木原:この前、大学生と話していて、就職活動の面接のときも、何も言わなくても雰囲気でわかるよ、ってアドバイスしたんです。
こいつ、すごくいいな! っていうのがわかるんで、そのためにはよく笑いなさい。自分の性格、生きてきたものを否定せずにちゃんと理解した上で、自信をもって生きなさい。奇をてらう必要はまったくないよ、と言っているんですよ。

――「言葉の画数」に「顔の科学」、あまりにも興味深いキーワードにわくわくしっぱなしです。
それにしても「顔を見ればわかる」って怖いですね。少しでも「いい顔」に近づけるよう、人生を豊かにしていかなければ!

後編も、本の制作秘話はもちろん、次なるコラボ本への野望、イヴルルドさんの2018年のメッセージなどなど盛りだくさんでお届けします!

>>[後編を見る]ノッてる人こそ、エレメントどおりの生き方をしている!?

★1名様にサイン入り書籍をプレゼント★

応募は終了いたしました。

『占いを科学する!!! 完全版 最強のエレメント占い』(主婦の友社刊)

■アプリ
ディグラム・ラボと人気占い師イヴルルド遙華の共同アプリ
あなたの性格と2018年度の運勢が同時に分かるアプリです。
ios版はこちら
android版はこちら

プロフィール

イヴルルド遙華

イヴルルド研究所主宰。海外で魔女修行の経験をもち、タロット、占星術、姓名 判断、血液型占い、九星気学、数秘術、と幅広いジャンルの占いを駆使。人生の流れを24の節目で区切るオリジナルの「フォーチュンサイクル」占いにも注目が集まり、「よく当たる」と評判で、モデルや女優、経営者なども足繁く通う。

モバイルサイト:
『Happy Cycle[ハッピーサイクル]』

今すぐチェック

★おすすめメニュー★
・特別な出会いが訪れる時
・あの人がLINEで見せる「好き」のサイン♡
・あの人が甘やかしたくなる異性のタイプ

プロフィール

木原誠太郎

「ディグラム・ラボ」代表。電通やミクシィでマーケティング部門を担当したのちに2013年に独立。心理学と統計学をもとにした性格診断ツール「ディグラム」は、1400万人のデータなどをもとに独自に開発されたプログラムで、これを用いたカウンセリングには、専門家からの評価も高い。最近では、テレビ出演や書籍の出版、企業とのコラボレーションなど幅広く活動を行っている。

■連載コラム
「ディグラム・キハラ恋愛研究所」

■オフィシャルサイト
木原誠太郎のディグラム診断

■著書
・『1400万人の新ディグラム性格診断』(ポプラ社)
・『ディグラム性格診断〜本当の自分と相性をズバリ解明!』(ポプラ社)
・『焼き肉屋で最初にタンを注文する女は合コンでモテる!―ディグラム分析でわかる恋愛・結婚の法則』(朝日新聞出版)

■メディア出演
・『性格ミエル研究所』(フジテレビ系)
・『スッキリ!!』『有吉ゼミ』(日本テレビ系)
など

■新刊情報

『47都道府県格差』(幻冬舎新書)

ライタープロフィール

さいとう りょうこ
いろいろな会社をわたり歩き、現在はなにかを書いたり編集したり。 占いサイトのパトロールが日課。目下の目標は「モテるおばさん」。 好きなものは、米、『美味しんぼ』、TBSラジオ。
記事一覧へ


 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • 文月悠光 12星座の恋愛詩
  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 木曜インタビューただし、イケメンに限る
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い

ランキング

人気のキーワード

  • 使えばもれなく開運!超運ダイアリー
  • LINE@
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集