2012.09.07

タロット占い解説

Loading
タロット解説

タロット占いについて

◆タロット占いとは

タロット占いとは、「タロット」と呼ばれるカードを使った占いのこと。現在、占いに用いられているスタンダードなタロットカードの枚数は全部で78枚あり、その78枚のカードは22枚の「大アルカナ」と56枚の「小アルカナ」に分けられます。
タロットリーダー(タロット占いを行う人のこと)はカードをシャッフルし、直感的にめくったカードから質問の答えを導き出します。

◆基本的な考え方

タロットカードによる占いの結果は、一見「偶然」のように思えますが、必ず質問者に対してなんらかの意味を持つと考えられています。

◆各カードの意味

大アルカナ
大アルカナは「0」から「21」までの連続する数を割り当てられたカード22枚からなります。

小アルカナ
小アルカナの構成は、トランプの「クラブ」「スペード」「ハート」「ダイヤ」に相当する「ワンド」「ソード」「カップ」「ペンタクル」という「スート(マーク)」の違いから、大きく4つのグループに分類されます。全部で56枚ある小アルカナは、各スート14枚ずつに分けられます。
各スートの14枚のカードは、さらに「コート・カード」と「ヌーメラル・カード」の2つに分けることができます。

コート・カード
トランプで言う「キング」「クイーン」「ジャック」といった人物が描かれたカードのこと。ただしタロットの場合は「キング」「クイーン」「ナイト」「ペイジ」の4種類あります。

ヌーメラル・カード
「エース」から「10」までの10枚のカードのことです。
>>カード一覧へ

タロット占いの方法

◆一般的な占い方

1 シャッフルする
テーブルの上にカードを伏せた状態で置き、両手でぐるぐるかき回す方法が一般的です。この方法は「プール」と呼ばれています。
十分に混ざったらシャッフルを終え、カードを一つの束に戻してください。

2 カードをスプレッドする
シャッフルが完了したら、束の一番上からカードを引いていき、スプレッド(レイアウト)していきます。
スプレッドの方法には様々な形がありますが、初心者ならば1枚引き、2枚引き、3枚引きなど、カードをめくってその意味を読み取るという占い方でもいいでしょう。

3 カードをリーディングする
レイアウトしたら、いよいよカードをリーディングしていきます。それぞれのポジションの意味とカードの意味を重ね合わせて、質問にふさわしい答えを導き出します。

タロット占いの歴史

◆世界最古のタロットカード

現存する最も古いタロットカードは、15世紀前半にイタリアのミラノで制作されたもの。この時代のタロットは、占いというよりは、「ゲーム」のためのツールと考えられていました。タロットを使ったカードゲームは、15世紀末から16世紀にかけてイタリアからフランスへ、さらにドイツ、スイスといった中央ヨーロッパ各地へと広まっていったようです。

◆フランスでブームに

1700年代後半、フランスのパリで占い師によるタロット占いの本が出版されました。その後、タロットは19世紀後半のフランスのオカルティズムや秘教主義と結びつき、神秘的なイメージの存在へと昇華していきます。

◆現在のタロット人気

1970~80年代頃、アメリカ、イギリスを中心とした「ニューエイジ」と呼ばれるスピリチュアル・ムーヴメントが起こる中で、タロットが注目されるようになりました。日本でもタロットの入門書が数多く出版され、現在では一般の人にもその名を知られる占いの一つとなりました。

白猫タロット5枚

ゼロからタロット占いを学んでいくこちらの連載もおすすめ!


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 柴田淳の恋愛コラム
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 鈴木蘭々の開運旅行術
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

RECOMMEND

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • 占いコレクション
  • タロット占い特集