『罪と罰』は、まさにデスノート×ギャルゲー!?⑤【ラブホの上野さんの「オタクにモテてもしょーがない」第6回】

Loading

ラブホの上野さん「オタクにモテてもしょーがない」

『ラブホの上野さん』でもおなじみ!Twitterで20万人以上のフォロワー数を誇るラブホスタッフ上野さんが、アニメや漫画、文学作品から学び取れる、現実世界でも通用する"モテの極意"を解説します。参考になる点も、反面教師にしたい部分も、上野さんならではの冷静な目線でズバズバ切り取ります。オタクにモテるだけじゃない、普遍的なモテの真髄がそこにあるはず…!?

中二病の成れの果て ラスコーリニコフ

せっかくなので、ここで少し『罪と罰』の本質についてお話をさせて頂きましょう。
 
『罪と罰』の主人公であるラスコーリニコフを物凄くシンプルに表現すると「中二病」で御座います。
 
もちろん彼の苦悩は中二病とは一線を画すものですが、その本質は中二病とあまり変わりません。
 
突き詰めれば、彼は世界で生きている凡人と自分は違う生き物であることを証明したかっただけなのです。割に合わない労働をし、資本家に搾取されているバカな労働者と自分は違う。神を信じる愚かな民とも違う。自分は選ばれた存在だと思いたかったのです。
 
しかし、現実的には彼は平凡な一般人でした。夜神月と違い1人や2人を殺した程度で苦悩してしまうところがその証拠でしょう。善悪はともかくとして何万人も殺して平然な顔をしていた夜神月とは人としての器が違うのです。
 
ですが、彼はただただ「自分が選ばれた存在」であると思いたかった。だからこそ「凡人」がしない行動を続けて「自分は特別である」と思いたかったのでしょう。普通は大学生くらいで「あ、俺、凡人だわ」と気がつくのですが、そのことに気がついても信じたくなかった中二病の成れの果て、それがラスコーリニコフで御座います。
 
個人的な見解としては、こういう実際には何も手を動かさないくせに人を見下して、自分は特別だ、と思い続けているタイプの男は恋愛相手として非常に問題があるので決してオススメできません。が、残念ながらそういう男性にハマってしまう女性が多いのは残念です。
 
おそらくこんなことを書くと「どうやってそういう男を見分けるのですか?」と質問を頂くことと思いますが、そんな方法は不要でしょう。そういう男性のことを好きになる女性は「きちんと見分けた上で」彼らを選んでいるのです。
 
ダメンズばかりと付き合ってしまう女性は「正確にダメンズを見分けて付き合っている」のですから、眼を養うのではなく、好みを変える必要があるでしょう。ですがもし、どうしても好みを変えられないのならば、そんなダメンズを非ダメンズに成長させる必要があるのです。
 
というわけで、3人目の女性にして、本作のメインヒロインである「ソーニャ」のお話をさせて頂きます。

あなたが悪い、だけど私はあなたの味方だ。

まず彼女は先ほどの説明にもあった通り、自分の家族を養うために売春婦として働いております。この点からも妹キャラのドゥーニャと同じように、いざとなったら身を削るという覚悟があると言えるでしょう。
 
ただこれだけでは単なるダメンズ製造マシーンでしかありません。実際、彼の父親であるマルメラードフは罪と罰の中でも1位2位を争うクズ男。
 
しかし、ソーニャが歴史に名だたる名著のヒロインである理由は、その上であることが出来るからだと私は思います。男女問わず、恋人にこのスタンスを貫ける人は本当に少ない。そしてこれさえ出来れば、恐らくは恋愛において怖いことは何も御座いません。
 
「あなたが悪い。だけどあなたの味方だ」という立ち振る舞い。
 
ダメンズを「いいよいいよ、あなたは悪くないの」と甘やかす女性はいくらでもおりますし、女性に対して「姫は何にも悪くないよ」と甘やかす男性もいくらでもおります。逆に相手が悪いとわかった瞬間に、一瞬で敵対する人もこの世には溢れかえっています。
 
もちろん私はいついかなる時もこの態度をしろと言うつもりは御座いません。ですが、男女問わず人間が配偶者に求めるのは基本的にはこれだけではないかと私は思っています。
 
「あなたが悪い。だけどあなたの味方だ」
 
この2つが両立した時、人は人を「叱る」ことが出来るのです。
 
だからこそ、人は自分のことを叱ってくれる人を求める。甘いだけの男や、丁寧なだけの女を嫌うのです。それは男女どちらにも言えることでしょう。
 
ドフトエフスキー

女、女こそ男を完成させる唯一のものである。

罪と罰の作者ドフトエフスキーの言葉は、おそらく逆もまた真なのでしょう。

プロフィール

ラブホスタッフ上野さん
豊かな知見と人間観察眼をもとにした悩み相談への深みある回答が人気を集め、Twitterのフォロワー数は20万以上を誇る。漫画『ラブホの上野さん』(漫画:博士/原案:上野)の原案もつとめ、書籍は現在4巻まで発売されている。同漫画は2017年1月よりフジテレビ系にて本郷奏多主演で連ドラ化。

★オフィシャルブログ:「ラブホの上野の休憩中」
★Twitter:@meguro_staff


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集