新月満月からのメッセージ 2月4日 獅子座の満月

Loading

新月満月からのメッセージ

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。

新月満月からのメッセージ 2月4日 獅子座の満月

2月4日は獅子座で満月となります。今回の星回りをご紹介しましょう。

今回の獅子座満月(水瓶座太陽と獅子座月が向き合っている配置)に対し、獅子座木星が寄り添うように重なっています。また牡羊座天王星は獅子座満月に対して調停的な角度を作っています。この配置は、さまざまに読み解けるでしょう。まずは今回の獅子座満月を、水瓶座新月時(1月20日)に始まった流れが一時的に結実したものと見ることができます。水瓶座新月時に始まった流れとは、たとえば「個人の尊厳を重んじる人道主義的思想(ヒューマニズム)」であるのかもしれません。今回の満月図からは、金子みすゞさんの詩「私と小鳥と鈴と」の「みんなちがって みんないい」という一節と相通じるメッセージ性を感じます。この時期は「お互いに違う者同士だね」「それぞれ違うから、みんなすばらしいね」という思いによって誰かとつながり合えるでしょう。お互いの個性や考え方を大切にできる、フラットな人間関係が生まれそうです。

さらに、今回の満月の星回りをより個人的なレベルで読み解いた場合、この時期、自分にとっては「当たり前なこと」を「(他の人から見たときの)すばらしい個性や才能」として見直すことができるでしょう。当の本人が「こんなことは誰でもできます。大したことはありません」と信じて疑っていないところに、その人らしい個性や才能の一端が現れている場合があります。今回、具体的にどのような出来事が起こるのかは分かりませんが、あなた自身にまつわる「当たり前なこと」を見直す機会がきっとあるでしょう。私はこれまでたくさんの方々のホロスコープを拝見してきました。どこにでもあるホロスコープなどは1枚もなく、この世界に「どこにでもいる人」は存在しないと占星術を通じて教わりました。私たちはどうしたって「たったひとりの人」なのです。この時期、そんなことを宇宙から知らされるのかもしれません。

また、自分らしさを思い切り表現することをためらう傾向がある方は、この満月が良い意味での開き直りパワーをもたらしてくれると思います。「私らしいことを思い切ってやろう!」と積極的にコミットしたとき、そういう経験を通じて新しい自分を見出せるかもしれません。

今回の獅子座満月の影響を特に強く受けるのは、牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座です。新しいチャンスがやって来て、これまで表現してこなかった自分を出せるでしょう。牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座は、意外なことで褒められるかもしれません。その言葉を素直に受け入れましょう。双子座、乙女座、射手座、魚座は、追い風を受けてのびのびと行動できるタイミングです。どうぞあなたの好きなように行動して下さい。

新月満月からのメッセージ 目次ページへ >>

加藤まや
2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。
ウェブサイト:まやブログ

 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集