新月満月からのメッセージ 8月25日 乙女座の新月

Loading
新月満月からのメッセージ

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。

新月満月からのメッセージ 8月25日 乙女座の新月

8月25日は乙女座の新月です。今夏の流れが新しく切り替わるでしょう。夏の終わりと秋の始まりを感じるタイミングとなりそうです。

今夏の星回りをザッと振り返りますと、前回の新月(7月27日の獅子座新月)は、獅子座木星時期が始まったことを盛大に知らしめる節目でした。宇宙は私たちに「自分の人生の主人公として輝いて生きなさい」とうながし、「あなたはそのように決意しますか?」と問いかけました。また獅子座新月以降、「自分で自分を輝かせて生きる」という意味において、私たちの意志を問う星回りも始まりました。そして8月11日の水瓶座満月では、私たちそれぞれの世界観、価値観のギャップをよりストレートに見せられた上で、「あなたはどのように自分らしく生きるつもりですか?」と問われたのです。

要するに今夏(特にこの1カ月間)は、「自分らしく生きる」「かけがえのない存在として自ら輝く」という生き方、あり方を自己選択する際、私たちはそれ相応の決意や覚悟を問われたと言えるでしょう。この時期の私たちは、「自分らしく生きる」という意思表明としての決断をしたり、ある関係性にまつわるけじめをつけた一方、自分を活かせる縁と必然的につながっていったのかもしれません。

8月25日の乙女座新月は、今夏のプロセスを踏まえた上での新たなコンセプトとして、「自分を受容して自己評価を上げる」というキーワードが思い浮かびました。自己評価は「自分らしく生きる」「かけがえのない存在として自ら輝く」という生き方の土台になります。また、自分以外の何か(他者や世間)に依存した自己評価は根本的なもろさを抱えていますが、自分で培っていく自己評価は「本物」である、と私は思います。

さて、どのようにしたら自己評価が上がるのでしょうか。今回の新月図を見ながら、ヒントをいくつかお知らせします。

◆「喜び」や「楽しさ」という感情に敏感になる
◆自分に本物を用意する。間に合わせのものをあてがわない
◆欠点に思える資質を「それも私の個性」と認める
◆人に嫌われることを恐れない
◆人に愛されることも恐れない
◆自分で自分を喜ばせる。がっかりさせない。

さらに、自己評価を上げる上で最も重要なことをつけ加えます。それは「自分に対して素直になる」ことです。あなたは実は誰よりも自分を愛しているし、「こんな自分でいい」「こんな自分だから好き」と心のどこかで分かっているはずです。「実はそうです。私はこんな自分がとても好きです」と今の自分を素直に受け容れたとき、自己評価は自然と上がるでしょう。

今回の乙女座新月の影響を強く受けるのは、双子座、乙女座、射手座、魚座です。ある出来事を通じて「こんな自分だから好き」と感じるでしょう。また、そのような内的変化が外側の展開をよりプラスに変化させるでしょう。牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座は、さまざまなことに関する優先順位が、あなたの中で入れ替わるでしょう。もしもあなたが自分のためにそうしたいなら、「好き嫌い」「向き不向き」「損得」で選んでも構わないと思います。牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座は、あなたの値打ちはあなた自身が決めています。真の問題は誰にどう思われているかではなく、あなたが自分をどのように見なし、扱っているかだと思います。

新月満月からのメッセージ 目次ページへ >>

加藤まや
2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。
ウェブサイト:まやブログ

 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集