2014.09.09

おみくじは結んで帰る…といいの?悪いの?【3分でできる幸せのオマジナイ】vol.6

Loading

3分でできる幸せのオマジナイ

予感はいつも、未来のあなたからのメッセージなのです。FBIもその実力を認めたカリスマ霊能者・川井春水先生が、これからの日々を明るく変える“幸せのオマジナイ”をお届けします。

「おみくじは結んで帰る…といいの?悪いの?」

◆おみくじは結ぶもの?

みなさんは神社でおみくじを引いたとき、それをどのようにしていますか。木に結ぶ、財布にしまうなどが一般的かもしれませんね。どちらかと言えば、木に結ぶほうが一般的でしょうか。おみくじを結ぶための、専用の場所があったりもします。
しかし、おみくじは縁があって引いたものですから、そのご縁をしっかり受け止めなければいけません。

持ち帰ったら、財布の中に3日ほど入れておいてください。その後で棚の上のような、常に目につくところに飾っておきましょう。木に結ぶのはおすすめできません。
財布の役割を最大限に高める意味でも、このやり方を試してみてくださいね。

◆お守りに頼り過ぎない

また財布にお守りをつけたりするのはかまいませんが、せいぜい3つくらいにしておきましょう。

多過ぎると神様同士で喧嘩が始まり、逆にマイナスエネルギーが働くからです。何よりも「お守りがあれば安心」とばかりに、他力本願になっては本末転倒。

本当に信頼できるのは「自分」で、その自分が信頼できるお守りだけを入れておきましょう。なお、私がおすすめする一番のお守りは、大事な人にあなたの名前を書いてもらったものです。これを財布の中に入れておくと、効果がありますのでお試しを。

3分でできるオマジナイ 目次ページへ >>

七曜姓名鑑定七曜姓名鑑定
800年もの間、門外不出であった秘法「荘厳契密法」を遂に解禁。監修者は、荘厳契密法唯一の継承者であり、アメリカでもFBIからの依頼を受けて行方不明者の発見や重大な殺人事件を解決に導いた川井春水。ひらがなで姓名さえ書くことができれば、あらゆる物との相性や未来予測まで行うことができます。

川井 春水(かわいしゅんすい)

荘厳緊密法(そうごんきんみつほう)という密教に由来する占いを使う開運アドバイザー。将来の予測、経営・人事の相談等、様々な相談に対し的確なアドバイスを与え、国際的に活躍し確実に実績をあげている。過去アメリカ在住時にその占いを使用し、行方不明者の発見や事件の解決をしたことがある。
17年ほど前から東京にオフィスを構え、活動を本格的に開始する。現在は日本、アメリカのみならず世界中を飛び回り、困っている人々、苦しんでいる人々の魂の救済にあたっている。
厳しい密教の修行を経て身に付いた日本古来の礼儀作法に対する心得や、朗らかで頼もしく、なおかつ霊能も兼ね備えた彼女のことをまわりは 「幸福をもたらす人」 と呼んでいる。

著作
『開運アドバイザーが教える 幸せを引き寄せる片づけの習慣』(アスコム)、『呪いの解き方―なぜかツイてない日の作法』(三五館)ほか多数

監修者HP
川井 春水 Official Web Site


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集