2014.07.18

プレイボーイを見極める方法〜『ジゴロ・イン・ニューヨーク』【伊藤さとりの映画で恋愛心理学 第6回】

Loading
伊藤さとりの映画で恋愛心理学

映画パーソナリティーとして活躍中の伊藤さとりが、オトナ女子ならではの目線で恋に効くオススメ映画を紹介!記者会見や舞台挨拶の裏話もあるかも!?

プレイボーイを見極める方法〜『ジゴロ・イン・ニューヨーク』

カッコ良いわけではないのにやたらと女性にモテる男性っていますよね?!顔がイイわけではないけれど、とにかく自分に優しいからという理由で付き合ってみると、実はプレイボーイだったり......。

そう、男は「顔」ではないのです!
でも、誰だってプレイボーイに引っかかるのはイヤ!
今回ご紹介する『ジゴロ・イン・ニューヨーク』は、女子にとっては、「プレイボーイになりそうな男子を見極める方法」を、男子が観れば「女心を掴める方法」を学べてしまう大人のラブストーリー。

主人公は、花屋を営むフィオラヴァンテ。彼の悪友であるマレーは、自身の本屋が経営の危機に瀕していることから、昔から女の扱いが上手いフィオラヴァンテに、ある事業を持ちかける。それは、自分が仲介料をもらい、フィオラヴァンテをジゴロにして男娼ビジネスをスタートしようというもの!?
戸惑う友を無理矢理言いくるめ、早速、セレブ女性へ売り込みを開始。するとたちまちジゴロビジネスは大好評を博し...。

『オー・ブラザー!』などのコーエン兄弟監督作品や、『トランスフォーマー』シリーズにも出演する個性派俳優ジョン・タトゥーロが監督・脚本・主演の3役を務めたこの作品。原案を気に入り、脚本のアドバイスもしているのは、タトゥーロと大の仲良しで、女心を知り尽くしている“モテ監督”のウディ・アレン。彼はなんと、自身の監督作以外では14年ぶりに出演しています。

さて、まずはジゴロ=女性にモテる男性の定義を解説。
それはズバリ「女心を理解している」につきる!
女性は、自分に向けられた優しさに、甘い言葉に、気遣いに弱い。
となれば、モテたい男性は、女性の話を黙って聞き、優しい言葉を掛け、分かりやすく愛情を伝え、女性が「逢いたい」と言えば、なるべく応えるマメさがあればイイわけです。

何より重要なのは、女性の誘導尋問や面倒臭そうな質問には答えない無口さ。
饒舌なお笑い芸人がモテるのは、笑わせる為のトークと、相手の機嫌を損ねた際にリカバー出来るトークに長けているからなだけ。
分かりやすく言うと、ホテルマンみたいなさりげない気遣いと器用さを持った男性は、ジゴロになる素質あり!?
とくに日頃から女性にサービスすることが好きな男性には要注意ですよ!

ただし、もしあなたが映画の主人公のような男性――言葉数は少なくても、トークの返しが絶妙で、さりげないサプライズをしてくれ、聞き上手で、自分のお願いを聞き入れてくれる――を好きになったからといって、プレイボーイかも?と疑心暗鬼になる必要はありません。

なぜならプレイボーイだってただの男。そして女慣れした男ほど、純粋な女性に弱いものです。
厳格なユダヤ教徒の未亡人の流した涙が、ジゴロの心を揺さぶったように、女性がふとしたときに見せる弱さは、確実に男心をくすぐる――。
だから大切なのは、あなたも彼にどれだけ素直に弱さを見せられるか。
かといって、SNSなどで寂しい&か弱い女子アピールをするのも逆効果。
多くの人に自分のプライベートを見せ、感情をさらけ出す行為は、八方美人に見えます。
ましてや、リア充女子は、「俺が居なくても幸せそう」と思われるので、オンリーワンに選ばれる確率はグーンと下がります。
だからこそ、彼だけに見せる「弱さ」がポイント。
映画のジゴロも、そんな風に、その女性を本気で好きになっていくのだから。

あらすじ:
代々続くブルックリンの本屋を潰してしまった店主(ウディ・アレン)と、いい歳をして定職にも就かずアルバイトを転々とする男(ジョン・タトゥーロ)。イケてないことにかけては、ニューヨークでもトップクラスの男たちが、なぜかジゴロ・ビジネスを始めることに─!?
アレン扮する“ポン引き”のマレーと、タトゥーロ演じる“ジゴロ”のフィオラヴァンテという、脱力感溢れる奇妙なコンビのジゴロ業は、意外にも大繁盛。マレーはすっかり調子に乗るが、フィオラヴァンテがジゴロのご法度“客との恋”におちたことから、2人の運命は思わぬ方向へと転がっていく─。

2014年7月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ ほか全国順次ロードショー
監督・脚本:ジョン・タトゥーロ
出演: ジョン・タトゥーロ、ウディ・アレン、ヴァネッサ・パラディ
配給:ギャガ
『ジゴロ・イン・ニューヨーク』(http://gigolo.gaga.ne.jp/)
(C) 2013 Zuzu Licensing, LLC. All rights reserved.

伊藤さとりの映画で恋愛心理学 目次ページへ >>

伊藤さとり
伊藤さとり:

映画パーソナリティー、心理テストカウンセラー。様々な映画イベントや記者会見のMCを努める映画司会者&映画コメンテーター。年間400本以上の映画を観る。
TSUTAYAの店内放送で新作DVD紹介のDJ、Gyao!&ぴあ映画生活&Youtube動画「伊藤さとりと映画な仲間たち」では、監督、俳優、プロデューサー、脚本家らと対談し、映画紹介を行う。

Amebaブログ:さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ
Twitter:伊藤さとり@SATORIITO


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • 今月の占い byサツキメイ
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 柴田淳の恋愛コラム
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 鈴木蘭々の開運旅行術
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • 占いコレクション
  • タロット占い特集