「母の忠告」 恋愛短編小説『恋百色』 第23話

Loading
恋百色

誰かが誰かを好きになって、ちょっぴり涙する。そしてピョンとはずむ。いつもより少しだけ高く。
誰かがあなただけに打ち明ける、失恋ショートストーリー

第1・第3曜日更新

作・みよろり

第23話「母の忠告」

 良太が浮気してるんじゃないかって、私が疑いを持ったのは、つい最近のこと。

 良太の部屋で長い髪の毛を見つけた、とかそんなんじゃない。むしろ逆で、毛一本、チリ一つ落ちていないほど部屋が綺麗なのだ。今まではいつ行ったって散らかっていたし、掃除も私が代わりにやらなきゃいけないくらいだった。それなのに、ここ2ヶ月くらい、いつも部屋がピカピカ。特にトイレと風呂場はプロの仕業かと思うくらいに完璧だ。

「すごいじゃん、部屋掃除したわけ?」「え、いつもだし」
「嘘。いつももっと汚いよ」
「気のせい!」

 声をうわずらせて、良太はトイレに逃げた。部屋に着いてわずか30分の間に、良太はトイレに3回も行った。しかも、こそこそとスマホを持って。

「部屋にいるにも関わらず、男が、携帯電話を肌身離さず持ち歩く場合の浮気確率は57%です」とは友達の鈴原の言葉だ。当てになるかどうかは分からないけど、私の気持ちは重くなる。

 それから、部屋で一緒にご飯を食べて、良太があらかじめ借りていた『ゼロ・グラビティ』を観た。『ゼロ・グラビティ』ってのは「無重力」って意味だよ、という良太の言葉を聞きながら、私は、良太が私の観たいと言っていた映画を覚えてくれていた優しさに嬉しくなって、さっきまでの重苦しい気持ちから解放された。まさに、ほぼゼロ・グラビティ。

 ところがだ。映画が終わって、「でも、ほんとは英語のタイトルじゃ『グラビティ』なんだよね。無重量じゃなく、重力」という良太のうんちくが聞こえて来た時、私は気付いてしまった。良太の髪の匂いが、良太の部屋にあるシャンプーと違う香りだってことに。

「ね、昨日の夜、部屋にいた?」
「え、いたけど」
「……ふうん。ならいいけど」

 その週末、私は久しぶりに実家に帰った。このモヤモヤした気持ちをお母さんに聞いてもらうために。お母さんはかなり女として頼りになる。

「彼氏がヤバい」
「とうとうクビになった?」
「違う違う、浮気してるかも」
「何かあったの?」
「部屋が綺麗にキープされてて、髪が愛用のシャンプーとは違う匂いだった」
「急に優しくなったりした?」
「……あ、私が観たいって言ってた映画、ちゃんと覚えてた」
「それは、そうとうヤバいわね」

 お母さんはその日、ミートスパゲティを作ってくれた。私に何か悪いことが起こると、必ずこの料理で励ましてくれる。帰り際、お母さんは玄関まで見送りに来て、私にこう忠告した。

「いい? 男ってのは、浮気するものだからね」

 いつもなら、ミートスパゲティを食べた後、心の折れ線グラフはV字回復するのだけど、この日は、右肩下がりのままだった。

 週が明けて、私は仕事の後、良太の部屋に行ってみた。禁じ手の不意打ち訪問。良太は独りで部屋にいたけど、少し焦っていた。

「急に来るなよな」
「どうしてよ?」
「えっ。仕事でいないかもしんないじゃん」

「ほんとは、部屋で浮気してるかもしれないからでしょ」と言いたい所を我慢して、私は「ごめんね」と微笑んだ。

 その夜、ベッドで一緒に横になって、私は良太が寝付くのを待った。スースーと心地良さそうな寝息が聞こえてきたのを確かめると、私は枕の下に置いてある良太のスマホを手に取った。

「良くん、また泊まりに来てね♡ 彼女には内緒で」「うん。理緒もまたおいでよ」「いくいくー♪」

 良太と浮気相手とのメールを読んで、私はお母さんの忠告を思い出した。そして、良太の部屋をそっと出た。

 二週続けて私は実家に帰った。

「ごめん、もうミートソースないんだけど」「いいよ。いつまでも子どもじゃないから」「で、何があったの?」
「彼氏の携帯、見ちゃった」
「馬鹿ねー、そんなことしたって良いことあるわけないでしょ」
お母さんは、スマホを盗み見た私を責めた。

「だって、お母さんが言ったんじゃん。男は浮気するって。だから確かめたのに」

 お母さんは「いい?」と眉尻を上げてイスに腰掛けた。

「男は浮気する。だから、許しなさいってことよ」
「歳とると、仏になれるのね。私、まだまだ女だもん」

「ま、女でも仏でもどっちでもいいわよ。ただ、恋人がいる男に手を出すような悪魔にだけはなっちゃだめよ」
そう言って、お母さんはリビングを出て行く。
「どこいくの?」
「ミートソースの材料、買いに行くのよ」

 久しぶりに、私はお母さんと買い物に出かけた。今夜は、ミートソースの作り方も伝授してもらうつもり。

〈第23話「母の忠告」おわり〉

<<第22話「相合い傘」

次回予告
第24話「女々しくて」 7月16日(水)更新

恋百色 目次ページへ >>

みよろり
関西出身、牡牛座、AB型。広告代理店、出版社を経て、フリーライターに。世間の幸と不幸を吸収し、ゆるりと執筆中。

 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集