2021.11.04 10:45

獅子座は周囲の状況が切り替わるとき…11月5日_蠍座新月【新月満月からのメッセージ】

Loading

新月満月からのメッセージ

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。

11月5日_蠍座新月

11月5日は蠍座新月です。この時期の星回りをご紹介しましょう。蠍座新月(蠍座太陽と蠍座月が重なり合っている配置)と牡牛座天王星がキッチリ向かい合っています。この時期、誰かや何かと印象深く関わり合うことがあるのかもしれません。あなたにとってそれらは「思いもよらぬもの」「今までとは異なるもの」「これまでの何かに代わる新たなもの」であり、なおかつ「真実に気づかせてくれるもの」でもあるでしょう。また蠍座新月×牡牛座天王星の星回りからは水瓶座土星×牡牛座天王星の星回りの影響もそこはかとなく感じます。あなたにとっての真実に気づいていくとき、もはやそうではなくなってしまったもの(たとえば…嘘いつわりやごまかしなど)もまたハッキリしていくのかもしれません。それらとしっかりお別れをすることで、あなたの内的世界や現実が再構成されていく…この時期はそのようなプロセスが進んでいくのかもしれません。

本来もつ自由さを教えてくれる星回り

蠍座火星が水瓶座土星とぶつかり合っています。天秤座水星は射手座金星や水瓶座木星と調和的配置である一方、山羊座冥王星とはぶつかり合っています。先に述べたように、この時期は何かと別れていくプロセスが進むのかもしれません。人によっては強い気持ちが要るのかもしれませんが、後から振り返ると「どうってことなかった」と感じるでしょう。というのも、いつの間にか自ら縛られていたものを手放すことで思いがけず解放され、いろんな意味で自由になるからです。このように私たちはいつでも何かを手放せるくらい本来自由なのでしょう。この時期の星回りはそんなことを教えてくれると思います。

あなたが受ける影響とは…

今回の蠍座新月の影響を強く受けるのは牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座です。これまでのプロセスが決着することにより、周囲の状況そしてあなたや誰かの気持ちが切り替わっていくでしょう。当初の思惑とは少し違っているのかもしれませんが、「それもよし」と受け容れると思いもよらぬ選択肢が見えてくるようです。意外なほどサッパリとした気持ちで前に進んでいけると思います。

牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座はある出来事を通じて自分と改めて向き合い、より深く受けいれることができるでしょう。「私は私。私はどうしたって私のままだ」「私は本当はこういう人だった」とつくづく感じるようです。また「私にしかできないことがあるし、私にはできないこともある」「それでいい」と感じ、いい具合に力が抜けるかもしれません。

双子座、乙女座、射手座、魚座は「私のダメなところ」との付き合い方が印象深く変化していくとき。「別にいいのかも。もう仕方ないと思ってもいいのでは?」と感じ、ダメなところもある自分を前よりも好きになれるでしょう。また人によっては「それもチャームポイントと言えるのかも」と思え、それを裏付ける出来事が思いがけず起こるかもしれません。

次回は、11月19日 牡牛座満月 (11月18日更新)

新月満月からのメッセージ 記事一覧 >>

 
加藤まや

プロフィール

加藤まや

2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 鈴木砂羽&鏡リュウジ タロット美術館
  • 石井ゆかりの幸福論
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 【ラブスペル~恋を叶える魔法のフレーズ~】連載一覧
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 向理来×Hoshi「禁断♡男の本音トーク」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集