ホントに反省してる? 彼氏との喧嘩でモヤッとすること【描き子のモヤモヤ解剖ノート】

Loading

描き子のモヤモヤ解剖ノート

Twitterで人気の描き子さん(@kaqico)の連載コラム「描き子のモヤモヤ解剖ノート」では、恋愛に悩む女性たちのモヤモヤの理由をじっくり分析! モヤモヤで重たくなった頭の中を整理していきます。

彼氏との喧嘩でモヤモヤ

描き子のモヤモヤ解剖ノート

◎今日のモヤモヤ
彼氏と喧嘩したら、どうやって仲直りするのが正解ですか? とりあえず仲直りしてみるけど、お互いに心の底では納得していないから、同じことで何度も喧嘩してしまう気がするんです。

「いい喧嘩」にしたいという気持ち

どんなに仲のいいカップルでも、他人同士。意見が合わないこともあるものです。お互いのコンディションによって、ちょっとしたことから言い合いになってしまう場合だってあるでしょう。

愛する人との喧嘩って、他の誰とするよりも体力、精神力が削られます。だったら、同じ喧嘩でもいい喧嘩にしたいし、次に活かしたい。二人のためになるような喧嘩をしたい。そういうふうに考えるのは自然なことだと思います。

「雨降って地固まる」ということわざのように、喧嘩することで二人がより深くわかり合い、いっそう仲良くなる……。
そういう「理想の喧嘩」を思い描き、喧嘩のたびに「正しい話し合い」をしようと頑張ってしまう人は少なくないと思います。

お互いに納得のいく喧嘩とは?

かくいう私もそういうタイプで、たとえ喧嘩しても互いの立ち位置を確認してどこかに妥協点を打てばお互いに納得できるはず、もっと仲良くなれるはずだと、長い間熱心に「話し合い」を実践してきました。

だから質問者さんの気持ちにはすごく共感します。そして、これは勝手な想像かもしれませんが、おそらく質問者さんは、これまでの彼氏との喧嘩にどこか失望のようなものを抱えているのではないでしょうか。

「とりあえず仲直りしても、お互い納得していないから喧嘩を繰り返してしまう気がする」
つまり、相談者さんは、
「お互い納得して仲直りすれば、喧嘩をせずに済むはずだ」
と思っているのですよね。
そして、何度も喧嘩してしまう自分と彼氏との関係が、何か不完全で、未熟なもののように感じていたりするのかもしれません。

お互い納得できるような話し合い、いい喧嘩をしなければダメだ。そうでなければ、喧嘩なんて醜いだけだ。
そんなふうに思っているのではないでしょうか。

完璧な関係なんてない

では、正しい仲直りの方法は? せっかくご相談いただいておいて、期待を裏切るようで申しわけないのですが、「正しい仲直りの方法なんて存在しない」「お互い納得できる話し合いなんて存在しない」というのが私の答えです。

というと、反感を覚える方もいらっしゃると思います。そんなことはない、人は話し合えばわかり合えるはずだ、お互い納得して仲直りすることが大事なはずだと。
確かに、ビジネスなどの交渉の場においては、お互いに納得して話を終わらせられる場合もあります。それは、お金の話であり、目に見える取引の話であり、損得勘定の話だからです。
しかし、カップルの話し合いにおいて問題になるのは、お互いの価値観(恋愛観、金銭感覚、仕事への考え方、時間への考え方、人生の優先事項)ですよね。価値観がズレているから、喧嘩になっているのです。

そして価値観というのは、一人の人がその生涯をかけて積み上げてきたもの。1~2回の喧嘩で変わるはずがありません。ですから、カップルの仲直りはいつだって表面的な形で終わって当然。人の価値観はそう簡単に変わらないからこそ、当然同じことで揉め続けるのです。

違う価値観を持つ者同士は、何度も何度も喧嘩を繰り返して、嫌になるほど違いをぶつけ合って、その過程の中で、徐々にお互いの価値観に寄り添う方法を学んでいく。
そういうものではないでしょうか。

もちろん、一度の喧嘩で互いの価値観の違いをすぐに受け入れることができ、それから一切争わないような、冷静で大人な関係を築いている人もいるかもしれません。
しかし、そんな関係が当然だと思わなくていいと私は考えるのです。

喧嘩は繰り返してOK、と考えてみる

喧嘩を避けなくてはならない。
もしするなら、いい喧嘩でなくてはならない。
そんなふうに考えていれば喧嘩は重荷になって当然です。納得して仲直りせねばならないと思っていると、相手からの言葉に、無理にでも納得せねばとプレッシャーを感じ、かえってイライラすることもあります。

もう少し気楽に構えるべし、というのが、私が経験から学んだ対策です。
喧嘩は起こって当然。お互いに話し合って、それで納得してもしなくてもいい。また同じことで喧嘩してもいい。その都度、とりあえず仲直りすればいい。
「とりあえず仲直り」なんていうと聞こえが悪いですが、たとえ納得できなくても相手と一緒にいたいと思うから、表面的に、その場しのぎでも相手に合わせるふりをしているわけで、それもまた愛の形ですよね。

とりあえずでも仲直りができるなら、喧嘩はあって上等です。
「喧嘩する気も起きない」「喧嘩するより自分が我慢したほうがいい」そんなふうになった時こそ、むしろ二人の関係に危機が迫っている時ではないでしょうか。相談者さんと彼氏は、きっと、互いの考えをぶつけ合えるいい関係なのだと思います。

◎今回のモヤモヤ解剖ノート

まとめ 描き子のモヤモヤ解剖ノート

※次回もお楽しみに(第2水曜更新)

 
描き子

プロフィール

描き子

1987年生まれのイラストレーター/デザイナー/ライター。 「暮らしに前向きな変化を起こす」ことをテーマに、イラストや文章を書く。

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 鈴木砂羽&鏡リュウジ タロット美術館
  • 石井ゆかりの幸福論
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 【ラブスペル~恋を叶える魔法のフレーズ~】連載一覧
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 向理来×Hoshi「禁断♡男の本音トーク」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集